1500mクラブ

運動不足は健康の大敵

電球型蛍光灯のLED化

2017年05月10日 | 通販・買い物
 7年前に建てた我が邸は、標準仕様で天井の埋め込みダウンライトが蛍光灯をツイストしたものだった。場所によって白熱電球まで使われていたのはすぐに撲滅運動を展開して早々にLED化したが。同メーカーの同型の家は少しずつアップグレードされ、現在は概ねLED電球が標準で採用されているのだそうだ。

 その天井灯を、電球色(何もかもがオレンジがかって見え、実用上問題が生じていた)の蛍光灯から、昼白色(幾分不健康そうな色)のLED灯に、18個交換した。3万円の出費である。

 割高だったことの愚痴を言いたかった。けどまあ、一灯の消費電力4.4Wにして驚きの明るさは、まるで魔法のようだ(ルー・クリスティの)。よくつける場所や、頻繁につけたり消したりする場所なら、交換をお勧めします。といっても、今まで世の中で散々言われていたのに自分だって一向に換えずに過ごしてきたけどな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴールデンウイークのおもち... | トップ | 殺虫剤をまく »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (skmt)
2017-05-13 03:39:27
ウチは昨年建てたのですべてLED化されているけど、ソケットにBluetoothスピーカー埋め込んだり、センサーライトに置換したり、手軽にできないからちょっと不満。
Bluetoothスピーカーは必要か (ukt)
2017-05-22 00:32:09
スピーカーは却下されましたなあ…。スマートフォンを持ち歩けば実用上何も困らないと。結局AMラジオ放送「ラジコ」を聞くだけなんだから、素でも十分いい音よね。
とにかく、何時間つけても熱くならないことに感心。それと、今までどれだけオレンジの中で暮らしてきたのかを、未交換の電球色との比較で実感しております。なんで今まで全部オレンジだったんだ。

コメントを投稿

通販・買い物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。