眞ちゃんち

広島交響楽団クラリネット奏者
橋本眞介の日記

さらえる幸せ

2017年02月19日 | Weblog


朝から何も気にせずゆっくりロングトーンから始め楽器がさらえることは幸せです。
研究室の掃除は明日にして、さて温泉でも行きますか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

娘と

2017年02月18日 | Weblog


この冬の寒さも峠を越えたか2.3℃上がってきたようだ。
昼から名古屋音大一般入試。
バス停でいつものバスを待てど中々来ない。
そうか曜日を間違えていた。土曜日だった。
間に合わないので慌ててタクシーで名古屋音大へ。

夕方まで練習して夜は大阪にいる娘と名古屋駅で合流。
いつものザ・キノシタで3時間、話は尽きない。
かなりのお小遣いを強請られる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年度吹奏楽コンクール課題曲講習会のお知らせ

2017年02月17日 | Weblog


昼から夕方まで名古屋音大ブラス2017年度吹コン課題曲リハーサル。
Ⅰ聴いていて楽しい。遠隔調への連続多し。プロコ風。
Ⅱ典型的なコンサートマーチ。
Ⅳ変わったことを取り入れたマーチ。打楽器の使い方がいつもと違うのでテンポの安定が難しい。
Ⅲとにかく奥が深い。書いてないからと何もしない方が不自然。

ここで宣伝です。

3月20日(月・祝)10:00~16:30
名古屋音楽大学『春のオープンキャンパス』にて2017年度全日本吹奏楽コンクール課題曲講習会を開催します。ゲストにクラリネット奏者マイケル・コリンズ氏と作曲家 保科洋氏をお迎えしレクチャーとコンサートを行います。
参加費無料*要予約です。詳しくは下記参照。

2017年度全日本吹奏楽コンクール課題曲講習会のご案内

日時:2017年3月20日(月・祝)13:00~16:30
参加費:無料・要予約

名古屋音楽大学(めいおん)春のオープンキャンパス内の特別企画として、
以下の3つのイベントを実施します。

♪『2017年度 全日本吹奏楽コンクール課題曲講習会』
講習会では保科洋氏をゲストにお迎えし、2017年度課題曲を詳しく解説します。
※先生方は課題曲のスコアをご持参ください。

♪『クラリネット奏者 マイケル・コリンズ氏によるミニコンサート』
イギリス・ソロクラリネット奏者M・コリンズ氏の演奏。
協賛(株)ヤマハミュージックジャパン/ヤマハ(株)

♪『めいおんシンフォニックウインズ&マイケル・コリンズ氏の共演』
リムスキー=コルサコフ:クラリネット協奏曲

*お申込み方法*
【団体の場合】下記の連絡先へ代表者が人数を取りまとめてご連絡ください。
(申込多数の場合は、一団体単位の人数を制限させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。)
【個人の場合】下記申込フォーム、Email、FAXもしくは電話でご予約ください。

<吹奏楽特別企画個人予約> ←クリックすると予約フォームが開きます。

【名古屋音楽大学 入試・広報センター】
TEL:052-411-1545  フリーダイアル:0120-115-796
FAX:052-411-4124
Email:kouho_on@meion.ac.jp
ホームページ http://www.meion.ac.jp
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

送別会

2017年02月16日 | Weblog


午前中、卒業生で大学代表に選ばれるオーディション。
昼過ぎにから教授会。
夕方までさらって夜は学生主催の高橋先生の送別会。
バイオリンの後藤先生も駆けつけてくれての飲み会。
高橋先生は4月から札幌大谷大学の学長に就任されるという事で毎晩ザ・キノシタで一緒に飲んでいた同僚としては寂しいですが、応援したいと思います。
2次会も学生達と続け、3次会は高橋先生とザ・キノシタへ。
名古屋のサックス界がどこかで演奏会だったらしく合流し2次まで宴会。
また高橋先生とは3月何度も送別会をするだろうから今日はこのくらいで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

感を取り戻す

2017年02月15日 | Weblog
大学で朝から晩まで練習。
ゆっくりロングトーンしたりエチュードで鈍った感を取り戻す。
夜まで練習した後はいつもの店で名音大生と飲み会。
一日遅れのチョコも貰いました。
結局ヤマハ名古屋スタッフも合流し1時まで。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バレンタインに男子会

2017年02月14日 | Weblog


昼から名音大でゆっくりロングトーンしたりリード調整。

夕方、名音大の教授陣と調律師の村上さんを囲んで食事会。
調律師の村上さんは高校の一級上の先輩。
国立音大の声楽科を出た後、調律師の勉強をされ今ではショパン国際ピアノコンクールの公式調律師までに。
久しぶりに再会し懐かしい話になりました。

しかしバレンタインデーに男子会とは。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オフ

2017年02月13日 | Weblog


今日から3日間完全オフ。
下呂温泉までいく体力もなく家の近くの山王温泉 喜多の湯で岩盤浴やサウナに入り半日ゆっくり。
夜はいつものザ・キノシタでいつものメンバーと飲み会。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安城学園高校吹奏楽部定期演奏会

2017年02月12日 | Weblog


安城学園高校定期演奏会に作曲家の保科洋さんをお迎えして本当に素敵なコンサートになりました。
保科さんありがとうございました。
そして沢山のご来場ありがとうございました。
生徒たちには一生忘れられない感動の演奏に感謝です。
3年生の生徒達は今日で卒部です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安城学園高校課題曲講習会リハーサル

2017年02月10日 | Weblog


明日の安城学園高校課題曲講習会リハーサル。
作曲家 保科洋氏をお呼びして素晴らしいリハーサルになり音楽の真髄に触れました。
作曲家目線でありながら奏者側の目線にも立った深く考えられた講習会になります。
部活動単位でのみ発売しています。一般販売はいたしません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

課題曲講習会のリハーサル

2017年02月09日 | Weblog


昼から安城市民会館にて明後日の安城学園高校による2017年度吹奏楽コンクール課題曲講習会のリハーサル。
課題曲3の作曲家、保科洋氏をお呼びして課題曲を解説します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オーバーレコーディング

2017年02月08日 | Weblog


午前中、年一回の健康診断の為、名古屋音大から歩いてすぐの名古屋公衆医学研究所へ。
広響時代は広島の街にある健康診断所に毎年行っていた。
街のど真ん中にあったから朝9時からでも長蛇の列で終わるのに長い時で2時間かかっていたが、今日の診断はすぐに受付できて20分で全ての診断が完了。
胃の検査では例の発泡剤とバリウム。
診断中に我慢していたゲップが「ゲプ」と早速出てバリウム2杯目のおかわり。
朝から何も食べてなかったので空腹は満たされ、ストロベリー味で飲みやすくなったとはいえ、やっぱりバリウムである。

昼から名音大の研究室で練習。
久しぶりに4時間あるのでゆっくりリードを選びさらおうと思ったら昨日までの大学院、4年生の実技試験が終わった学生が部屋へ続々とやってきて試験の感想や世間話をしてあっという間に4時間が過ぎる。
でも学生と色んな話しができて面白い。

夕方、新幹線で浜松へ。
県大会を抜けたヤマハ吹奏楽団のクラリネット四重奏のレッスン。
今年ヤマハに入社したばかりの若い4人組で3時間ぶっ通しのレッスンでも若いから全然バテない。
曲はヒケティックのスリーラテンダンス。

そういえば12年前エリザベト音大の学生がこの曲やりたいと楽譜を持ってきて、でも参考になる音源がなくてスコアだけじゃ曲がわかりにくいと。
今ではよくやるメジャーな曲も当時はあまり知られていなかったみたいだ。

ちょっと暇な時にこんな音がする曲だよとスコアを見ながら家で多重録音(オーバーレコーディング)した物を学生に聴かせた。
当時は放送局にあるような立派な装置は家にはないので、まずパソコンにメトロノームを曲の長さ分録音する。
それをクリックにベース、バスクラから重ね録り。
その後、3rd.2nd.1stと順番に重ね録り。
途中ズレたりするともう一回最初から撮り直し。
最後の方になるとズレてるけどスルーしている箇所も。
重ね録りするからだんだん音質も悪くなり、あんまり聴けた録音ではなかったが曲の原型くらいはわかるかなと試みた事がある。

コレがその録音

今聴くとバランスも抑揚もない参考にならない演奏だが曲がわかる程度。
今では2万円も出せばデジタルでいい音質で簡単に重ね録りできるマシンが出ているのだ。
マイクとセットで欲しくなってきた〜。

ちなみに放送局で多重録音した録音はコレ

昔、TV局で録ったクリックなしの一発勝負の録音。
やっぱり1千万の機材は凄いな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フリーランス

2017年02月07日 | Weblog
朝から夕方まで名音大4年生管打楽器の卒業試験。
4年生も前期より随分進歩していて中々の演奏を聴かせてもらいました。

卒業してプレイを続けて行く人はこれからのプレイヤー人生はこれまで試験でやった難しい曲を人前で披露する事は実は少ない。
むしろオケ、ブラス、室内楽の方が圧倒的にチャンスは多く、その為にはもう一度初心に戻り音をもっともっと磨き、自分を見つめ直し、アンサンブル力をつけ、色んな経験を積みながらやっとなんとか自力で食っていけるプレイヤーになり、チャンスがあればオケのオーデションを何度も受け、自分の足りないところを再認識しながらまたチャンスをものにする為に頑張る。

音大在学中にオケに入った私が言う事じゃないがフリーランスの道は険しい。
逆に私はオケに入ってから留学とか下積み的な日々が続いたかもしれない。
名古屋はまだ日が浅いのでこの土地は何とも言えないが、広島でのフリーランスを何人も見てきた。
仕事がある人もない人も共通しているのは楽器を吹いていてなんだか幸せそうだ、という事。
皆とアンサンブルやブラスをやっていて楽しそうである。
このフリーランスという存在は裕福貧乏ではなく、今幸せなのかどうかが基準なんだろうか。
大きな目標に向かう向かえる幸せというべきか。

若いうちは仕事を待っているようでは何も来ないと思う。
自分から仕掛けるか、人のやらない事を率先してやるか。
人は楽しいと思ったことには労力を惜しまないだろう。
なにも失敗を恐れずとことんやるべきだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

院試

2017年02月06日 | Weblog


午前中、名音大で院試。
最近、試験やら審査やらで楽器がまともに吹けていないので昼から強制的に練習。
無理やり楽器を吹く時は大概いい音が出ない。
ただアンブシュアとか身体の確認と体力の持続の事だけで終わってしまう。
3月に初めて伺うオケの本番があるので調整していかねば。

夕方、安学へ。今年の課題曲のリハーサル。
帰りレッスンで来ていただいていた名フィルのチューバの林さんと色々お話しながら車で送っていただく。
伏見で降ろしてもらい、以前から気になっていたスパゲッティ屋さんで夕食。
いつものザ・キノシタでビール3杯飲んで0時帰宅。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンコン中国大会審査2日目

2017年02月05日 | Weblog
アンコン中国大会2日目。
今日は高校と一般の部。かなりのハイレベル。

一昔前は作戦勝ちみたいなところもあった団体が抜けていたこともあったが、今やプロ級の音の武器を持たないとライバル団体と太刀打ちできないところまで来ている。
5分以内という短い時間の中でどれだけ作品を表現できるのか、息の出し入れだけの表現ではなく、音そのもので表現することは難しいかも知れない。
でもそういう表現や表情は必ず伝わる。

中高生、大学、一般と全部門聴いて激戦だが終わってみたら清々しさがだけが残るいい大会だったと思う。
中国地方、ちょっと安心した。

最終で名古屋へ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンコン中国大会審査

2017年02月04日 | Weblog


アンコン中国大会審査。
今日は中学校と大学の部。
たくさんの名演がありました。

審査員と吹連役員と夕食。
同じなにわowメンバーの外囿君と明浄高校の小野川先生たちと吹奏楽談義。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加