眞ちゃんち

広島交響楽団クラリネット奏者
橋本眞介の日記

高橋先生Good luck

2017年03月29日 | Weblog
朝、大名古屋ビルヂング9階の内科で胃カメラ検査。
何にもなくて綺麗な胃ですよと言われました。

11時頃から19時頃まで大学研究室でリード研究で缶詰状態。
明日のマスターズも少しさらって、いつものザ・キノシタへ。
最後はやっぱり高橋先生とヤマハ名古屋スタッフで飲み会。
ラストナイトinキノシタ。
Good luck!高橋先生 お元気で!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

静岡県東部地区吹奏楽講習会

2017年03月28日 | Weblog



三島のベルフォーレにて静岡県東部の中高生 吹奏楽講習会。
午前午後とクラリネットの基礎練習、課題曲講習、リード講習会、楽器とマウスピースの選定の後、沼津商業高校とインマークライナーとシングシングシングを演奏。
多くの観客と生徒たちに喜んでもらえました。
もう一人のゲストで長野県飯田高校の松井先生の春の猟犬が素晴らしくあまりお話できなくて残念でしたがまた再会するでしょう。
21時半名古屋帰宅。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

静岡県沼津市へ

2017年03月27日 | Weblog



朝、こだまで三島へ。
午後から中学校と高校の全体合奏レッスン。
夕方から沼津商業高校と明日のコンサートの合わせ。
夜は先生方に美味しいビールやお刺身の美味しい店に連れて行ってもらいました。
明日からはこの会場ベルフォーレで吹奏楽の公開講座があります。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨降る日曜日

2017年03月26日 | Weblog


雨降る日曜日。
朝10時頃音大へ。
日曜日でだれもいない静かな空間。

昼の1時間 昼飯休憩以外はひたすら研究室で練習。
昨日購入したviottoのマウスピースが良く鳴るのでずっと吹いていました。
リードがB40とほぼ変わらないので選び直すことはない。
マスターズブラスの曲をさらっては小休憩しリードを選んでは小休憩。
19時頃にはさすがに口がバテてきたので今日は終わり。

いつの間にかチューバやピアノなどの音が遠くから聴こえてきた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヴィオットマウスピース

2017年03月25日 | Weblog


午前中、名古屋音大入試。
これで今年度の入試は終了。昼から教授会。
夕方までマスターズブラスや静岡でのソロをさらって
夜ドルチェ名古屋店にふらっと寄りヴィオットのマウスピースを吹かせてもらったら中々良かったので購入。
かなり高額のマウスピースなんで中高生には手が出ない代物。
バンドレンの3倍はする!
前のヴィルシャーの太いコアによい響きを纏わせた感じの優しい音色。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

整骨院

2017年03月24日 | Weblog


朝、名音大の大学院入試。
昼から安学でアンサンブルコンテスト前のレッスン。
マウスピースを楽器店で選定し帰宅し風呂に1時間半身浴して夜は伏見の整骨院へ。
これまでマッサージはよく行ったが整骨院は初めて。
骨の歪みを矯正してもらいスッキリしていつものザ・キノシタへ。
昨年名古屋で引っ越しで初めて来たこの店で乾杯。
美味しい桃たっぷり梅酒でさらに気持ちよくなる。
名古屋に住んで丁度一年。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思い出のバイクショップ

2017年03月23日 | Weblog


東山公園近くのとある中学校でクラリネットレッスン。
ちょっと早めに東山公園についたので3年前のクリスマスに訪れたバイクショップへ。
ここにしかないヘルメットを求めて来た思い出の場所。
あの頃はまさか名古屋に住んでマイバイクでここまで来るとは思いもしなかった。
当時ヘルメットのサイズなど丁寧に説明してくれた背の高いメガネの店員さんは今日はいなかった。
イタリア製のMOMOヘルメットは6万円まで跳ね上がり新調するのは諦めました。

中学校へ到着しクラリネットパートが19人という大所帯のバンドですが、みんな向上心が強く良い音している。
ブレない強靭なアンブシュアを持ち、腹圧を上げ、自分の息に負けない口中を維持し、息をまとめフォーカスすれば自ずといい音色は生まれくるでしょう。
みんなとてもいい表情でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うるさくない音

2017年03月22日 | Weblog



午前中、名音大でレッスン。
午後はバイクで安学へ。
夕方、元同僚の古本が名古屋で演奏会(金管五重奏)をやるというので聴きに行く。
メンバーはプロオケ楽団員で構成されているようで、ドルチェ名古屋店のホールの120席くらいが満員。
メンバーはオケマンなので楽器がよく鳴るよく響く。
かなり鳴らしてもオケのプレイヤーのいい音って全くうるさくない。
鳴らしてもストレスが無いからだろう。
学生の音はだいぶストレスがある。
響かせ方と聴き手の立場に立った鳴らし方でしょうか。
久しぶりに会った古本は一回り大きく成長したような気がします。
演奏会の打ち上げは1時まで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

課題曲講習会とマイケル・コリンズコンサート

2017年03月20日 | Weblog



名古屋音大オープンキャンパス当日。
朝、マイケル・コリンズ氏と名古屋音大シンフォニックウインズでリムスキークラリネット協奏曲のゲネプロ。
13時からマイケル・コリンズ氏のミニコンサート。
途中デュオで共演。素晴らしいコンサートになりました。
コンサート後、作曲家の保科さんと大学内で合流し名古屋音大シンフォニックウインズと課題曲の打ち合わせ。
14時半から吹奏楽コンクール課題曲講習会。
内容の濃い素晴らしいレクチャーコンサートになりました。
最後にマイケル・コリンズ氏が再度登場しリムスキー本番。
彼の温かい音色と名音大ウインズのハーモニーが重なりなんとも言えない時間を過ごしました。

名音大で初の試みである課題曲講習会。
生徒たちからもまたやりたいとの声がおおかったのでまたやります!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名古屋サックスコンクール審査

2017年03月19日 | Weblog
今日は名古屋サックスコンクールの特別審査員にお呼ばれし朝から夕方までたっぷりサックスを聴かせていただきました。
とてもレベルの高いコンクールで特に中学校に何人も音楽性豊かな奏者が多く楽しみだなと思いました。
審査後、名駅でサックスの審査員と実行委員の方々と打ち上げ。
その後、マイケル・コリンズ氏、ヤマハ名古屋店、クラリネット吹きと伏見の飲み屋で合流し2時まで飲み屋。
明日はオープンキャンパスです。

今度のマスターズブラス名古屋の新聞記事が載っていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マイケル・コリンズ氏と

2017年03月18日 | Weblog


イギリスのクラリネット奏者 マイケル・コリンズ氏と名古屋音大で合わせ。
高校生の時レコードからの音からしか出会えなかった彼と今リムスキー=コルサコフ クラリネット協奏曲を名古屋音大ウインドでコリンズ氏ソロで指揮させてもらえ、デュオで共演出来るこの幸せ。
夜は名フィルのロビーとクラリネット談義。
明日はヤマハ名古屋店で明後日は名古屋音大オープンキャンパスで本番です!
僕たちのお腹が出て見えるのは角度による目の錯覚ですからそこんとこよろしく!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名古屋音大卒業式

2017年03月16日 | Weblog


名古屋音大卒業式。
天候に恵まれ晴れ晴れとした素晴らしい式になりました。
学部生院生あわせ160人ほどが巣立っていきます。

昼過ぎから教授会。
夜は謝恩会。
卒業生は晴れ着から一新 美しいドレスで我々教員を迎えてもらいました。
二次会もほとんどが参加し18時から0時まで楽しい会になりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

橋門追い出し会

2017年03月14日 | Weblog


午前中、CrazyClassix2017公演の打ち合わせ。
昼過ぎに確定申告をセルフコーナーで行い、
夕方ヤマハ広島店てレッスンをして
夜は橋本門下追い出し飲み会。
皆さん立派な所に就職が決まり先生としては一安心。
元気で頑張ってください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

始まりだ!

2017年03月13日 | Weblog


午前中、確定申告に行くが大事な提出書類を忘れ明日もう一度出直し。
夕方からエリザベト音楽大学謝恩会。
今年は橋本門下から5人が巣立って行きます。
卒業生はみんなそれぞれの道を正社員で就職する。警察音楽隊、陸自音楽隊、企画運営会社、マイナビ、音楽出版社等。
同級生はいつまでも繋がってるのでいつかは仕事仲間になることもあろう。
これが別れの盃ではない。始まりだ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広響クラリネットオーデションの受験者レッスン

2017年03月12日 | Weblog


広島滞在3日目。
午前中は広響のクラリネットオーデションを受けるプロオケ奏者のレッスン。
まさか自分がいたポスト(席)の受験者のレッスンをする事となるとは。
広響在団中もクラリネットオーデションの際、受験者からレッスンして欲しいと要望があったけど、審査する側なので不公平になるからとお断りしてきたが、そういう意味では自由の身になったということかな。

一次はモーツァルトのクラリネット協奏曲。
オーデションの定番中の定番。
最近はウェーバーの協奏曲や無伴奏ソロをモーツァルトと合わせて一緒に吹かせる楽団も多くなってきたが、僕は個人的にモーツァルトだけで十分判断できるであろうと思う。
もし他の協奏曲を聴く時間があればその分オケスタを聴きたいと思う。
その人のモーツァルトの1楽章を聴けば音色、表現、テクニック、モーツァルトのスタイル、演奏スタイル全てが丸わかりである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加