眞ちゃんち

広島交響楽団クラリネット奏者
橋本眞介の日記

後1週間

2016年12月07日 | Weblog


名音オーケストラ演奏会は後一週間になりました。
12月14日名古屋音楽大学第40回定期演奏会
愛知県立芸術劇場コンサートホールで18時半〜
入場無料ですが要申込です。
名古屋音大演奏部(052-411-1593)までどうぞ!
招待券を既にお持ちの方は予約は要りませんが席の確保は確定できませんのでお早めにお越しください。

昼過ぎからモーツァルトのコンチェルトの合わせ。
夕方、オケの管打楽器分奏。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CD

2016年12月06日 | Weblog


研究室にCD棚が届いたので整理。
携帯やパソコンのアップルミュージックで一月900円で何でも音源が聴けるこの時代にこのCDは必要なのか?
レコードからCDに移った頃、これ以上の進化は無いと思っていたのにデジタルの進化は止まらない。
電気屋でハイレゾなどさらなる音源再生の向上を目指しているこの時代、まだまだ先があるかもしれない。
ただCDのジャケットを見ながらぼんやりと音を楽しむのもいいんだよね。
あ、レコードの時もそう思ったか!

夕方、吹奏楽の授業。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名古屋のプレイヤーと

2016年12月05日 | Weblog


昼から名音大でレッスン。
夕方までさらって夜は名古屋のプレイヤー達と飲み会。
20年前に長野の講習会で教えたことのあるクラリネットの人や、よく知っている人の奥さんだったり沢山の出会いがありました。
二次会の白ワインが美味しかった。
たまたま写真はシングルリードの人達ですが、ダブルリード、金管打楽器の人達とも交流しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クレ読み

2016年12月04日 | Weblog


朝から夕方までびっしりと金山のバルドン楽器でレッスン。
アンサンブルグループを6団体、基礎グループを2団体。
楽譜がまだ読めてない団体はテンポを指定してクレ読み(階名で読む)をして楽譜を正確に読む力をつけたりリズムを感じたり。
音楽の授業でやらないソルフェージュ力をたくさん身につけないとソロでもアンサンブルでも楽譜通りに正確に吹けない子は多いかもしれない。
小さい頃からピアノをやっていたとか、幼少期から訓練された子はなんとなくソルフェージュ力が身についていたり楽譜を早く読み取る能力もついてくるとおもう。

小学校からクラリネットとピアノをやっている僕は当時山崎先生から「しんちゃんな、全て階名でスラスラ読めたらな、一つ一つの音が頭に入っとるという事やから、ほんまにちゃんと吹けるようになるんで」と教わりその通りにテンポで階名が読めるようになると、なんとスラスラと吹けるようになる。
全ての音が頭に入り覚えていくというのもあるが、次の音へ移行するイメージもつきやすいのかもしれない。
高校は音楽科だったのでアルト記号やテナー記号で階名で読めるようスパルタ式に訓練された。
それが固定ドが移動ドに変わると頭はさらに混乱する。
音大に入ってもこの「山崎式階名読み」の教えを守り難しい曲になると階名で何度も歌ったものだ。
最初は階名をテンポで読む。
慣れて来たら音程をつけて歌う。
そしてフレーズを見つけアナリーゼが始まりアイディアが浮かぶ。
どれだけこの教えが楽譜を深く読むことに役立ったことか。
楽譜を深く読むという事は楽器を持って練習する事の半分がその仕事であるという事がわかる。
実際音大でもいつも詰まる箇所を生徒にクレ読みさせてみると、詰まる箇所が読めないことがわかった。
生徒によく言う。
楽器を持って音を出すことだけがさらう事ではない。
楽器を深く読む時間、生演奏や音源を聴くと言うこともさらう事の一つなんだよと。
まぁ簡単に言えばイメトレでしょうか。

「クレ(Clef)」とはフランス語で「音部記号」の意味。
クレ読みは、文字通り「読む」こと。
階名を読む練習方法は山崎先生オリジナルの秘技だと何年も思っておりましたが、フランスの音楽教育の教えだという事は随分後になってわかったことでした。

吹奏楽で楽器を持ち始めた子は楽器を操ることも大変ではあるが、同時に音楽の基礎のソルフェージュを養うことも重要であるということも学校の先生方にわかって欲しいものである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中学校の先生方と飲み会

2016年12月03日 | Weblog


午前中、名音大のAO入試。
午後からレッスンをして
夜は名古屋の中学校の先生方と交流会。
有意義な時間となりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名古屋へ

2016年12月02日 | Weblog


名古屋へ。
昼から名音大で雑務をこなし21時まで練習。
夜はいつものザ・キノシタへ。
いつもの面子がいて1時まで飲んでしまいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エリザベト音大にて

2016年12月01日 | Weblog



今日から12月。
朝から夕方までエリザベト音大でレッスン。
夜はちょっと早い橋本門下忘年会。
そしてちょっと早い誕生日も生徒達に祝ってもらいました。
ポロのセーター大事に着ます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吹部ノートⅡ

2016年11月29日 | Weblog


安学顧問から吹部ノートⅡが発売されたと聞いて急いでamazonで購入。
夏のいい思いでがじわじわと込み上げてきました。
オザワ部長、いい記事をありがとうございます。

夕方吹奏楽の授業。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

若狭先生と

2016年11月28日 | Weblog


昼から名古屋音大で個人と室内楽のレッスン。
室内楽ではC管の古楽器と最新を持って喜ぶ生徒。
今日はエリザベト音大准教授のトロンボーン若狭先生が名音大へ訪問に来ていただき大学を案内しました。
また音大の問題点について情報共有しました。
夜も新幹線の最終まで名駅で飲みながら話は尽きない、また今度広島で飲もうと別れました。

多くの関係者がFacebookで紹介していますが、マエストロ下野がNHK大河「真田丸」で俳優デビュー。
いや〜誰よりも素の鹿児島弁で名演技であったと思います。
マエストロー素晴らしい!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソロコンクール審査

2016年11月27日 | Weblog


朝、知多方面へ。
ゆめたろうプラザ輝きホールにて山本楽器主宰の東海音楽フェスティバルのソロコンクールの管楽器、弦楽器を審査。
音響の良いホールでいい演奏を聴かせていただきました。
レコーディングにも良さそうなホールでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名古屋へ

2016年11月26日 | Weblog
朝早く広島出発。
午前中、安城学園高校で学校説明会で吹奏楽部に入って見学へ来ている中学生へのレッスンと合奏。
レッスンといっても高校生が中学生へいいアドバイスをしたり合奏では和気藹々と一緒にポップスを合奏したり。

昼過ぎに名駅で中部フィル事務局長の大野さんと事務局員の桜井さんと会議。
来年、中部フィルの定期ソリストで呼んでいただきその話と東尾張地区の吹奏楽の活性化の為にアドバイスをと2時間懇談。

一週間ぶりに名古屋のマンションに帰宅。
熱い風呂に浸かりゆっくりしています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第5回クラリネット道場

2016年11月24日 | Weblog
午後からエリザベト音大でレッスン。
夕方、ヤマハ広島店で第5回クラリネット道場。
今日のテーマはリード。
リードの特性を説明しカッターやヤスリ等を使ったリードの調整法を伝授。
夜はヤマハ広島店スタッフと飲み会。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

活水女子大学吹奏楽部定期演奏会本番

2016年11月23日 | Weblog






活水女子大学吹奏楽部定期演奏会本番。
賛助で活水高校の吹奏楽も参加。
ウェーバーのコンツェルティーノとインマークライナーを吹奏楽バックで演奏しました。

チケットは数日前から完売。
会場の大チャペルは立ち見のお客さんでいっぱいになりました。
クラシック、ポップス、マーチングと多彩なプログラムでお客さんも満足したようです。

終了後、スタッフでお疲れ様会。
長崎泊まり。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

活水女子大学吹奏楽部リハーサル

2016年11月22日 | Weblog



長崎入り。
明日の活水女子大学吹奏楽部定期演奏会にソリストとして出演します。
夕方、活水女子大学吹奏楽部とウェーバーとインマークライナーの合わせ。
合間に活水女子大学の藤重教授の研究室で活水高校のレッスンとリード調整。
夜は藤重先生とスタッフで飲み会。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名音大シンフォニックウインズのお知らせ

2016年11月21日 | Weblog


地域連携事業「音楽の贈り物」として12月21日に名古屋音大シンフォニックウインズが岐阜県長良西小学校に来ます。
クリスマスコンサートらしい華やかなプログラムです。
近隣の方々どうぞお越しください!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加