まったり☆てぃ~たいむ

いくら寝ても眠いのは何故?(・ω・*)?

筆跡鑑定人・東雲清一郎は、書を書かない。 / 谷春慶

2017-05-17 21:49:28 | 小説・その他本


   

祖父が残した謎を解き明かすべく、
美咲は大学一の有名人、東雲清一郎を訪ねるが、噂に違わぬ変人で…。
著名な書道家なのに文字を書かず、端正な顔立ちから放たれるのはシビアな毒舌。
挫けそうになるも、どうにか清一郎を説得。鑑定に持ち込むが―
「気持ちに嘘はつけても、文字は偽れない。本当にいいんだな?」。
鎌倉を舞台に巻き起こる文字と書、
人の想いにまつわる4つの事件を描く、連作短編ミステリー。





東雲清一郎のキャラと筆跡鑑定という題材は面白かった。


ただ、他の登場人物たちにイライラしすぎて、


内容を楽しめなかったのも事実。


清一郎の周りにはロクな人間がいないな。


最後まで読むのキツかったわ(-_-;)


取り敢えず次の巻も手元にあるから読むけど・・・


『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« レアル優勝へ向け一歩前進 | トップ | レアル勝利で優勝に王手 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。