まったり☆てぃ~たいむ

いくら寝ても眠いのは何故?(・ω・*)?

黄泉津比良坂、暗夜行路 探偵・朱雀十五の事件簿4 / 藤木稟

2017-05-05 22:27:12 | 小説・その他本


   

ぐおぉーん、ぐおぉーん。
寂寥たる闇を震わせて、決して鳴らないはずの『不鳴鐘』が鳴り、
血塗られた呪いと惨劇が再び天主家に襲いかかる。
新宗主・時定と、14年前の事件の生残者らの運命は?
執事の十和助に乞われた朱雀十五は、暗号に満ちた迷宮で、意外な行動に出た。
やまない猟奇と怪異の渦中で、朱雀の怜悧な頭脳は、館の秘密と驚愕の真実を抉り出す。
ノンストップ・ホラーミステリ、朱雀シリーズ第4弾。





朱雀十五シリーズ第4弾。


前作、血祭りの館の続編で解決編。


律子が朱雀の目や手足となり活躍するけど、


行動派の律子がいつ危ない目に遭うかヒヤヒヤしながら読んだよ。


事件の背景はなんとも切なく、結末はなんとも悲しい。


前作で胡散臭かった加美は、やっぱり!!としか言いようがなく・・・


それより今回なんかスラスラ読めたな~と思ったら、


柏木じゃなく律子が朱雀の助手の役割だったからだと思った。


今後も律子がいいな~(笑)


『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« CRISIS 公安機動捜査隊特捜班... | トップ | 大年神が彷徨う島 探偵・朱... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

小説・その他本」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
■ 黄泉津比良坂、暗夜行路 探偵・朱雀十五の事件簿4 ■ 藤木 稟 (*midnight coffee* ずぼら日記と読書記録)
★★★◎☆  黄泉津比良坂、暗夜行路  <角川ホラー文庫> 感想に入る前に・・・ 表紙絵に一言  どんだけ顔 大きいの!  いくら細身だからって バランス悪! 今までもそ...