まったり☆てぃ~たいむ

いくら寝ても眠いのは何故?(・ω・*)?

純情きらり 第10週

2006-06-11 13:04:05 | 福士誠治 【純情きらり】

♪ 第10週 「夏の日の別れ」

達彦(福士誠治)が、味噌の蔵元を継ぐために
音楽学校を辞めると言い出し、
桜子(宮崎あおい)はショックを受ける。
そんな折、東京に住んでいた冬吾(西島秀俊)が
突然有森家に現れ、何か食べさせてくれと頼む。
笛子(寺島しのぶ)はその非常識な態度に腹が立ち、
冬吾を追い帰す。
桜子と達彦は、おおっぴらに二人で居辛くなるが、
このまま別れたくないからと、
神社の木で結び文を交わす約束をする。
そんな二人の前に現れる冬吾。
桜子は笛子に、冬吾がしばらく有森家で寝泊りできるよう頼むが、
事あるごとに笛子と冬吾はぶつかってしまう。
その後、達彦は桜子に惚れているキヨシ(井坂俊哉)から、
結婚の約束無しに会い続けるのは卑怯だと言われ、
かね(戸田恵子)からも桜子のことは忘れろと言われる。
達彦は桜子に、音楽を諦めて結婚しないかと投げかけるが、
桜子はそれはできないと突っぱねる。
一方、かねは達彦に別の女性と見合いするよう計らう。
二人の仲はもはやこれまでと思ったキヨシは、
桜子に結婚を申し込むが、
その気になれない桜子はプロポーズを断る。
そして、桜子と達彦は
これからお互い前向きに生きようと言って別れ、
桜子は東京へ向かう。





かねぇ~~~~!! ヽ(`Д´)ノ

達彦さんが店を継ぐだけでは飽き足らず、

嫁の事にまで口を出すのかぁぁぁぁぁ!!

それじゃあ、達彦さんがあんまりだ・・・(T_T)

達彦さんってば優しいから、あんまりキツク言う事も出来ず、

かねの思うつぼ、されるがまま。

達彦さん、時にはキツク言う事も大事ですよ。


キヨシは無謀ですね。

桜子がプロポーズ受けるわけないじゃんよ。

いくら達彦さんとの仲が無理っぽいからって・・・


冬吾さんはやっぱいいね。

桜子のいい話し相手だし。

これから笛子といい感じになりそうですね。

それより冬吾さんの昔の女(?)の相手役が

光浦ってことが気に入らないです( ̄~ ̄)

なんで!? なんでなの!?

もっと別のキャスティングがあったんじゃ・・・


達彦さんと桜子はこれから離れ離れとなる訳ですが、

今後どうなってしまうんでしょう。

お互い好きなのにかわいそうですね。

自分の事じゃないけど、何だかモヤモヤします。

達彦さん。あたしは貴方の味方ですよ。

どうか、達彦さんが幸せになれますように。


達彦さん役の福士誠治くんが、

坊ちゃんの「純情きらり」スケッチ というのを書いてるので

興味のある方は是非読んでみて下さい。

「純情きらり」の裏側など読めるかも♪(≧▽≦)ノ

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« イングランド-パラグアイ | トップ | オランダ-セルビア »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とーる)
2006-06-11 13:21:32
冬吾さんと笛子がいい感じになりそですね♪

それにしてもここで光浦が登場とは・・・

おもいきったことすんなぁ( ̄д ̄;)



福士誠治くんのブログがあったんですね☆

見ましたよ~!

裏側も見ていきたいですね♪



宮崎あおいのブログがあったら

絶対見るのに(笑)
ホント~ (マカ)
2006-06-11 14:20:46
冬吾さんの影響で、笛子も少しは丸くなるかなぁ…

光浦はナイですよね~。

思い切りよすぎですよ。



福士くんのブログを見るのも日課になりました♪

坊っちゃんの方もいいですね。

裏側が聞けるのは嬉しいです☆

あおいちゃんも書いて欲しいですね!!
Unknown (芸能情報追っかけ人)
2006-06-11 22:10:08
こんにちは。私のやっている芸能情報ブログからリンクさせていただきました。よろしくお願いいたします。
おはようございます (マカ)
2006-06-12 06:54:27
コメント&リンクありがとうございます。

後で見に行きます。

またお越し下さい。

コメントを投稿

福士誠治 【純情きらり】」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。