まったり☆てぃ~たいむ

いくら寝ても眠いのは何故?(・ω・*)?

忠臣蔵の恋~四十八人目の忠臣~ 第十一回

2017-02-13 22:02:54 | 福士誠治 【忠臣蔵の恋】


第十一回 『吉良の顔』

吉良(伊武雅刀)がきよ(武井咲)のいる上杉家下屋敷に来る。
赤穂浪士の誰も知らないその顔をきよは確認する。
そして、討ち入りと狙いを定めた日、吉良が屋敷にいないとの情報を得る。
危機一髪、連絡係の毛利(泉澤祐希)に知らせることが出来たきよは、
決行の日が決まったら知らせてほしいと頼む。
前日には約束の木に印をつけ知らせると毛利は告げる。
富子(風吹ジュン)と共にいる吉良は、噂とは別の顔を見せ、きよを動揺させる。
そこには夫婦、親子の姿と苦悩があった。
そんな中、きよはついに木に印を見つける。討ち入りは明日。
父が危篤だと偽り、屋敷を抜け出したきよは、約束通り毛利を待った。
しかしそこに現れたのは、きよを尾行するあの編み笠の男だった。





遂に吉良の顔を確認したきよ。


しかし彼らと接するうちに問題が。


吉良も富子もいい人で内心動揺を隠せない。


けどきよは浅野家密偵。


淡々と仕事をこなし、討ち入りと定めた日に吉良がいないと知り、


連絡係の毛利にそのことを知らせ討ち入り空振りを回避。


その後、なんだかんだあったけど吉良が本所の屋敷に戻た。


12月14日の夜に討ち入りを決行とのことで、


きよは父危篤の嘘手紙を富子に見せ屋敷を抜け出すことに成功。


約束通り毛利を待っていたきよだったが、編み笠の男が尾行していることに気付いた。


なんとかしなければときよが歩いていた前方から毛利がやってきた。


なんとか誤魔化し近くの店へ入る2人。


毛利は自分が引き付けている間にきよは屋敷へ向かうようにと。


自分が戻らなかったら十郎左衛門から大石へ渡してくれと、


脱盟の手紙を書いてきよに託す毛利。


そして毛利は店を後にし、編み笠の男は毛利を尾行する。


きよは十郎左衛門の元へ行き、経緯を話し、毛利の手紙を渡した。





毛利がどうなるのか気になって仕方がない。


編み笠の男は一体何者なのか・・・


戻って来れるといいんだけど・・・無理なのかな(´・ω・`)





第一回 第二回 第三回 第四回 第五回 第六回 第七回 第八回 第九回 

第十回 

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« レアル苦しみながらも勝利 | トップ | 依頼は殺しのあとに / 秋目人 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。