まったり☆てぃ~たいむ

いくら寝ても眠いのは何故?(・ω・*)?

幽落町おばけ駄菓子屋 / 蒼月海里

2016-10-18 20:48:00 | 小説・その他本


   

このたび晴れて大学生となり、独り暮らしを始めることになった僕―
御城彼方が紹介された物件は、東京都狭間区幽落町の古いアパートだった。
地図に載らないそこは、妖怪が跋扈し幽霊がさまよう不思議な町だ。
ごく普通の人間がのんびり住んでいていい場所ではないのだが、
大家さんでもある駄菓子屋“水無月堂”の店主・水脈さんに頼まれた僕は、
死者の悩みを解決すべく立ち上がってしまい…。
ほっこり懐かしい謎とき物語!





薄いしサクサク読めてすぐに読み終わってしまった。


ホラー感もほぼないと言っていい。


ほっこりほのぼのな雰囲気が漂っている。


水脈の正体は意外と早く判明した。


まぁ、読み進めていくうちに判明する前に気付いたけど。


猫目のキャラが結構好きだな。

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 初恋の世界 1巻 | トップ | 忠臣蔵の恋~四十八人目の忠... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。