まったり☆てぃ~たいむ

いくら寝ても眠いのは何故?(・ω・*)?

夢幻花 / 東野圭吾

2017-07-14 22:15:24 | 小説・その他本


   

花を愛でながら余生を送っていた老人・秋山周治が殺された。
遺体の第一発見者である孫娘・梨乃は、
祖父の庭から消えた黄色い花の鉢植えが気になり、ブログにアップする。
それを見て身分を隠して近づいてきたのが、警察庁に勤務するエリート・蒲生要介。
ふとしたことから、その弟で大学院生の蒼太と知り合いになった梨乃は、
二人で事件の真相解明に乗り出す。
一方、西荻窪署の刑事・早瀬も、別の思いを胸に事件を追っていた……。
禁断の花をめぐり、宿命を背負った者たちの人間ドラマが交錯する“東野ミステリの真骨頂”。





『黄色い朝顔=禁断の花』がもたらす悲劇。


冒頭の殺人事件、朝顔市で出会った中学生の初恋、


何か関係あるのか、そもそも繋がるのか?と思いながら読んでいたが、


そこはやっぱり東野圭吾ですよね。


ちゃんと繋がっていくんだな~。


代々受け継がれていた2家族の負の遺産。


2家族だけが背負うにはあまりにも大きすぎた気がする。


それにしてもまさかの犯人でした。

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 毎日・・・? | トップ | 過保護のカホコ 第1話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

小説・その他本」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
夢幻花/東野圭吾 (本と映画、ときどき日常)
現在、この世に存在しないはずの黄色いアサガオ。 その花を巡って起こる殺人事件。 そしてお話は過去の負の遺産へとさかのぼる…。 う~ん。 可もなく不可もなく。 とりあえず......