オリオン村

千葉ロッテと日本史好きの千葉県民のブログです
since 2007.4.16

野球が変わる

2017-03-06 00:46:05 | 独り言

メジャーでは今季から申告制で投げない敬遠を導入するとのこと、ビックリ仰天です。
スピードアップが目的の一つとのことですが年間にどれだけの敬遠があってどれだけのスピードアップに寄与する施策なのか、監督からの申告によるものらしいのでベンチから出てきて審判に告げて、と4球を投げるよりも短く済むにしてもたかがしれているような、またバッテリーに相談なくのそれであれば投手は面白くないでしょう。
超珍しくはありますが敬遠のボールを打ったり暴投になったり、あるいはベンチからの指示に怒り、涙し、これらも野球のかけがえのない一部です。

本塁打でベースを1周しなくてもいいという理屈にもなる

このイチローの言葉が全てを言い表していると思いますし、NPBがメジャーに右に倣えにならないことを心から願います。
そのうちに延長戦はけしからんとタイブレークの導入なんて話が出てくるかもしれず、しかしそれであれば攻守交代をたらたらやっているな、ベンチからの抗議に対する時間制限を厳密にしろ、3時間が長いと思われないようなプロのプレーを見せろ、などなど先にやらなければならないことはたくさんあるでしょう。
野球を無機質なものにしないで欲しい、野球からドラマを奪わないで欲しい、一ファンとしての願いはただそれだけ、それだけです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
一日一クリック応援をお願いします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« ハイサイ!石垣 | トップ | 石川には頑張って欲しい »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (かっきい~)
2017-03-06 10:21:41
確か・・・一昨年の甲子園での阪神ー横浜戦で敬遠球が暴投→試合終了?(間違っていたらすみません)という布石もある以上
「試合を決める大事な要素」のひとつでもありますので
個人的には反対ですね。


時間短縮を狙うのであれば高校野球のような攻撃・守備時のタイムの回数制限、抗議時間の制限化
Mスプのダンスやら花火やら7回のラッキーセブンを省略・簡略化するといった措置で十分対処できる事案だと思います。
Unknown (ろびんそん)
2017-03-06 10:33:50
ソフトボールでは「申告制敬遠」がすでに行われてます。
監督だけでなく、キャッチャーが主審に告げると成立。
ソフトボールは、時間制で試合が行われることがありますから、時間短縮目的になります。

NPBが採用するかどうかは?
時間短縮を計っていることからすると、採用されるのでしょうね。

採用されたとして、シーズンに何回くらい「申告制敬遠」となるのか?DH制のパリーグでは、滅多にしかないかと思います。
Unknown (Unknown)
2017-03-06 13:53:37
去年のセパ合計で敬遠は132、1回3分としても396分、試合は858、1試合で42秒
申告に10秒として短くなるのは30秒
スピードアップの理由にするには影響が小さすぎ
ドラマ (兵庫民子)
2017-03-06 16:04:23
ベンチからの敬遠指示に悔し涙を流した、当時巨人の上原が一番に思い出されます。
野球は筋書きのないドラマ、極端な危険なプレーを回避するルール改正は有ってもいいと思いますが、敬遠はどうでしょうか。
オリオンさんと同じく、これ以上、ドラマを奪わないでほしい。
Unknown (なみのすけ)
2017-03-06 21:01:43
敬遠はフォアボールなんだから、ボールを4球投げなきゃいかん。勝負を避けてランナー出すのは、申告で済むほど軽いことではない。4球要さなければ勝負を避けることはできないことを、日本の野球は是非堅持してほしい。
Unknown (鴎のジョナイチ)
2017-03-06 22:43:13
過去の例を見る限り、敬遠であってもバッターは勝負できるわけで、その権利を強制的に放棄させられるという見方もできますね。
一方、ピッチャーは進塁と引き換えにアクシデントが起こる可能性を完全に潰せる訳ですから、これだと若干守備サイドに有利なルール改正じゃないかという気もします。
何より味気ないし、NPBはこれ真似しないで欲しいなぁ。
敬遠で (うみうみ)
2017-03-06 22:48:34
敬遠省略で試合時間の短縮効果少ないですよ、1試合1回あるかないか、あくまでもでも好意四球ですが、試合で長くなるのイニングの途中でのピッチャー交代、これは仕方ないですがそれよりもピッチャーは投球テンポをあげる打者は無駄に打席を外さない、イニング交代は素早く、キッチャーはピッチャーに行く数は制限があるが、内野手は無いので、これも無駄に多く行けケースがあるので1試合3回までとか、内野手の無駄な球の回しを少ないなど色々ありますよ。
お返事 (オリオン)
2017-03-07 00:30:01
>かっきい~さん
ですね、大した効果がないのに、そういったドラマがなくなるのが寂しいです。
仰せのようにスピードアップだけを考えれば省けるのはいくらでも、極端かもしれませんが、花火を見るために球場に行っているわけでもないですし。
また日本はベンチ前のキャッチボールができるのですから、イニング毎の投球練習の球数を1球減らすだけでも申告制敬遠よりも短縮できるはず。

>ろびんそんさん
そもそもの経験の数が知れていますからね。
やったとしても1分も短くならないでしょう、野球の根幹をないがしろにしてそれ?って感じ。
選手会が反対をしないかなぁ、ってか、メジャーの選手会は歓迎なんですかね。
日米とも自らの待遇改善には一生懸命でも、そういったことには無関心なのかしら。

>Unknownさん
メジャーも似たようなものでしょう。
これで結果的に試合時間が長くなった、なんてことになれば笑っちゃいます。
どうせ「他にも要素があった、一定の効果はあった」とか、政治家みたいなことを言うのでしょうが。

>兵庫民子さん
あのタイトル争いに絡む敬遠合戦も、申告制になったら誰が指示をしたのかが明確になるという利点はあるかも。
バースのそれが王監督だったのか堀内コーチだったのか、はたまた、なんてくだらない議論もなくなりますし。
仰せのようにセカンドへの併殺封じのスライディング、なんてのを禁止するのは賛成ですし、クロスプレーがあってこそ野球、という意見には同意できませんが、この申告制敬遠は次元が違います。
メジャーの導入でそもそもの敬遠の数が増えるのか減るのか、で現場の雰囲気が見えてくるような。

>なみのすけさん
勝負を避けるのですから相応の負担を、ってのは確かに。
あっさりと一言で、では味も素っ気もありませんし、あ、メジャーを舞台としたテレビゲームにも導入されるのかしら。
4投げるからこその四球、仰せのとおりです。

>鴎のジョナイチさん
長嶋の逆バットでしたっけ、まあ今にああいったことができるわけではありませんが、それも一つのドラマです。
敬遠の球を暴投は小林繁でしたっけ、新庄が打ったというのもあったような。
そうそうある「事件」ではありませんが、そのリスクを回避できるとは仰せのように投手有利な措置ですね。

>うみうみさん
スピードアップを理由としたそれが説得力ゼロとは↑のとおり、日本の前コミッショナーと同じで何か残したいんでしょうかねぇ、名誉欲で。
打者が無駄にボックスを外す、イニング交代での投球練習、ボール回し、仰せのようにそちらの方が短縮には効果があるでしょう、規制をすることで。
何で敬遠からなのかなぁ、ホームランも走らなくていい、まで徹底するなら「そこまでやるなら」なんて思っちゃうかもしれませんけどね、まあやらないでしょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。