オリオン村

千葉ロッテと日本史好きの千葉県民のブログです
since 2007.4.16

ロッテのいろは

2017-04-21 01:05:31 | 千葉ロッテ

ロッテファンがロッテファンであり続けるためには学ばなければならない「いろは」があるように、ロッテの選手がロッテでプレーをするには心構えとしておかなければならない「いろは」があるわけで、佐々木がルーキーイヤーの早い段階でその一手目を身をもって体験したことは前向きに受け止めるべきなのでしょう。
こんなところでへこたれてしまうような佐々木ではないと、今日の査定は勝利だと嘯くような大器だと信じています。

1点でも失えば負けを覚悟しろ

あまりスピードは出ていませんでしたし、ストライクとボールがハッキリとしていましたから快投というほどの内容でもありませんでしたが、それでもゾーンに入ったところでのキレ、伸びともに見事だったのは柳田との対戦を見れば明らか、佐々木はその精度を少しずつでも上げていければローテーションの軸になれる素材だと思います。
頼りない打線に勝ちを焦って己を見失う心配はあるものの、ピンチに緊張をした面持ちながらもふてぶてしさも垣間見えましたから楽しみな存在です。
失点も実質的にはエラーによるものですし、「ろ」でも「は」でもどんと来いと、この敗戦を気にすることはありません。
また重みを感じられない大谷が打ち込まれても驚くに値せず、岡田のあの突っ込みは必然、それでも失点の全てが外野手が後ろに逸らしたものによるとは笑うしかありません。
しかしそれにしても歴史的な貧打はいつまで続くのか、この三連戦で5、4、そして3安打とそのうちにノーノーをやられるのではないかとすら思える打線は1割9分をも割り込みました。
ここまで貧打線を支えてきた鈴木と井上がともにノーヒットともなればどうにもならず、その無死からの貴重な走者を得点圏に進めることなく岡田にそのまま打たせたベンチの作戦も袋小路に入ってしまったのか、そうなれば試合後にただバットを振り込んでも翌日に疲れを残すだけではないかとすら思えてしまいます。
久しぶりに井口らしい外のボールを逆らわずにライト線に運んだバッティング、この自然体こそが一番に求められるものでしょう。
自分も含めていろいろと余計なことを考えすぎなのかもしれず、致命的な拙守にバットすらまともに振れなくなった3打席連続三振のパラデスの二軍落ちはメンタル面を考えれば正解、あとは代わりに誰を引っ張り上げるのか、ホームランを打ったから中村なんて選択肢だけは本人のためにもなりませんからご勘弁を願います。
そしてNPBを目指しているマニー・ラミレスがその入団期限である7月末で高知を退団する契約であることが明らかになりましたので、おそらくは明日あたりにタブロイド紙でロッテ入りが報じられるのではないかと、開幕から日が経っていないことで5桁を維持できている観客動員もこのままですとGW明けには4桁は必至、営業は目が血走っているでしょう。
ファンの目も血走っていますし、心臓やこめかみには血管が浮き上がっていますので、長生きのためにも何でもいいので光を見せてください。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
一日一クリック応援をお願いします。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9

ソフトバンク

0 0 0 0 1

0

0 0 3 4 8 0

千葉ロッテ

0

0

0 0 0 0 0 0 0 0 3

0

◆4月20日(木) 千葉ロッテ−ソフトバンク6回戦(ソフトバンク6勝、18時15分、ZOZOマリン、12,059人)
▽勝 バンデンハーク 3試合1勝2敗
▽敗 佐々木 2試合1勝1敗

▽バッテリー
千葉ロッテ 佐々木、内、大谷、松永—田村
ソフトバンク バンデンハーク、森—髙谷

ジャンル:
ウェブログ
コメント (37)   この記事についてブログを書く
« つまらない | トップ | ハイサイ!石垣 おみやげ篇 »

37 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (柏マリン ロッテファン歴44年)
2017-04-21 07:17:27
ロッテのいろは、いいタイトルですね〜
ファン歴44年でも記憶に無いほどの貧打に拙守。ファンにも『限界を超えろ!』ということですか?もう十分に限界を超えましたから、これくらいで勘弁してください。その手始めがパラデス抹消。松永も一緒に連れていってくださいね。代わりは誰でしょうか?中村だったら怒りますよ。香月大木でお願いします。フレッシュな顔ぶれで雰囲気変えるしかありません。
Unknown (茅ヶ崎元Mファン)
2017-04-21 07:20:39
キャンプ何しとったん⁉
オープン戦で何勘違いしとったん⁉
そんな感じですかの。

こーゆー時こそ、ベテランが雰囲気何とかせんと。

いとー…

こんな時こそ、何でもえーけぇ、えーブレーあったら選手誉めたれや。
マスコミ通じて。
誉めて伸びるタイプの選手しかおらんじゃろーがオドレんトコは♪

何よりまず、気持ちの方から何とかせんとね。
Unknown (まりん)
2017-04-21 07:31:11
おはようございます。
連日の貧打、涙も、乾きましたよ。
3安打が限界かと
守りも色々ありますが、2日続けての大嶺のショートはがっかりです。
なぜ投げないのか!
彼はサードの方がいいのでは。
2軍からは2日連続ホームランの中村が上がってくるのではないでしょうか
あまり期待は出来ませんが
悲しきルーキー (さのまる)
2017-04-21 07:39:47
おい伊東!昨日のスタメンに何かひらめきがあったのか。疑問だ。
難ありの2番、まさかの4番アジャ、両外国人、無安打ingの9番。
レフト外国人の守備を観て張本を思い出してしまった。笑いもでない。
あの守備と大嶺(小)の守備には呆れるばかりです。遅い浦和行きだ。
もし投手が兆治なら大変なことになっていた。ここまで使う伊東が悪い。
ルーキー佐々木が踏ん張ってもどうにもならない。
1人頑張っていた鈴木まで勢いが鈍ってきた。3番より5番が好みなのか。
4番大砲が不在。あみだクジの日替わりスタメンでは厳しい。
あの場面、岡田の守備は賛否があるでしょうが、即、顔ドアップの表情に
ついて議論も必要でしょう。
明日は田村も休みが必要と思います。プロだから全員気分転換してやるだけです。
Unknown (Unknown)
2017-04-21 07:51:44
もはや、興行(エンターテイメント)として成り立っていない気が…

つい先日やっとシーズンが始まったと思ったら、もう終了です。プロ野球のリーグにアマチュアのチームが1つ混じっちゃった感じで、こんなゲームが続いても怒りすら覚えなくなってきた代わりに、真剣にゲームを観る気も失せてきました。ただただ、つまらないだけです。

身売りするか、ロッテが球団経営に対する考え方を改めない限り、今年だけでなくこの先も似たようなシーズンが続いてしまうのでしょう。
身売りは大歓迎だけど、それで千葉から去られてしまっては…んー、悩ましいところです。
毛頭ねぇよ! (さんぴん真田一球)
2017-04-21 07:52:22
いろはの「い!」…いつだって

「ろ!」…ロッテだけには

「は!」…ハラハラし

ふぅ…。ジミーちゃん「バンザイ拙守Tシャツ」発売かなぁ〜。

このままで終わるんかぁ…んな気は毛頭ねぇだろ。やりかえそうぜ。そのさまをファンに見せてこいよ。熱く行こうよ。鬱陶しぃほどによ。気持ちがすべてよ。金の無いヤツ、気持ちで負けたら終わりよ。
Unknown (たつろう)
2017-04-21 07:52:35
昨日は現地の外野席から観てました。佐々木は捉えられた当たりも多かったですし、デスパイネに打たれた二塁打のように中に入って打たれる事もありましたが、流石の投球でした。やはり打線が問題ですね。
昨日は守備&右打ちを見せたダフィーはまだしも、パラデスはこれ以上一軍では厳しいです。ホワイトセルのように昇格後の活躍を祈る他ありません。
岡田のダイビングも、今宮の打球がかなり変化しており、取るのは難しい中で点差も考えたチャレンジでしたが残念でした。大谷が心配です。
土曜日は入れ替えをしそうですが、誰を上げるのか、誰でも良いから救世主が欲しいですね。
ノーノーの現実味 (頑張ってロッテ)
2017-04-21 08:11:51
同一投手に2回、オリックスの金子投手あたりなら、今シーズンにノーノーを食らうかもしれません。金子投手なら諦めますが、ハンカチに
完封される可能性もあります。 何が起きても対処できるよう心しておかないと、その時に溢血で倒れてしまうかもしれません。

暗い日々が続きます。
荒治療 (ろびんそん)
2017-04-21 08:20:37
5勝12敗

4月は残り7試合。残り試合全勝できるとは想像できず、4月負け越しほほ確定となりました。

過去3年間4月末時点での勝敗は
2016年は17勝10敗1分。
2015年は12勝14敗。
2014年は14勝12敗1分。

今シーズンは、最も悪いペース。

どうしたものやら?

2軍で規定打席以上で打率2割7分以上の、三家、大木、香月をとにかく上げてみる。
とか、何か荒治療をすべき時ではないかと。
イロハというなら (ンボテ 毎日がオリオンズ)
2017-04-21 08:46:03
同志の書き込みもあるようですが、当方も川崎時代からのロッテファンです。むかしはよもや優勝なんてこと笑。でもずーっと「愛着」で応援してきました。千葉になり、歴史的連敗を経験しました。まさかの優勝を重ねた5年もありました。今日のいまで満足する気はさらさらないですが、そういう苦境にも悟りを持って支えてきたのがロッテファンだったとかなと。そしてある日、突如ありえないサプライズで涙を誘うロッテだったかな、と。少ないファンでも、熱く支えるロッテだったかな、と。四月だからまだわかりませんが、今期は真のロッテ愛が試されるシーズンになるのかもしれません。「ロッテのイロハ」というのであれば、ひとこと言わずにいられませんでした。毎日がロッテ@遠い海外より。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。