オリオン村

千葉ロッテと日本史好きの千葉県民のブログです
since 2007.4.16

宝くじが大当たり

2010-05-30 19:17:27 | 千葉ロッテ

 

やたらと選手の入れ替えが多かったロッテと横浜ですが、選手だけを見れば「清水+橋本+早川←→那須野+斉藤+吉見」となります。
FAの橋本を加えるのであれば杉原も入れるべきとの考えもあるでしょうが、それは置いておくことにします。
当然のことながら金銭が伴い、かつロッテが清水の年俸負担をしなくてよくなった分を考えればどちらが有利かは微妙なところではありますが、今の両チームの成績を見ればあながちロッテが不利とも言えず、そしてこの交流戦でもう一つの条件が加わっていたことに気づかされました。
それは横浜からロッテへの白星4つの献上で、このトレードは「清水+橋本+早川←→那須野+斉藤+吉見+4勝」と見るべきなのでしょう。

その対横浜戦の4連勝を決めた今日の試合は、劇的な里崎のサヨナラアーチで幕を降ろしました。
まさに里崎の宝くじたるところをいかんなく発揮したホームランで、右方向への里崎らしい一発は横浜からすれば信じられないものを見せられた気分でしょう。
ヒーローインタビューでやたらと気にしていた三振も今日は不甲斐ない見逃し2つをやらかしましたから、ほぼ完璧なリードをしていた武山にも油断があったのかもしれません。
これがあるから里崎をなかなか外すことができないのでしょうし、昨年までとは違って8番ですから王様スイングも何とか我慢ができます。
山張りバッターだと思われる里崎の短所と長所が出た試合は、その長所が勝って貴重な勝ち星をもたらしてくれました。

サヨナラ勝ちの立役者は里崎だけではなく、渡辺俊も今日はしっかりと勝利に貢献をしました。
簡単に早いカウントから手を出してくれる貧打の横浜打線が相手であったことを差し引いても、今季ベストピッチングと言ってよいぐらいの好投であったと思います。
驚くぐらいにコントロールが抜群で、低めに丁寧に投げることができたことで9回を4安打の零封ですから100点満点をあげても誰も文句は言わないでしょう。
おそらくは多くのロッテファンの脳裏には「痛恨の一発」があったでしょうし、7回の村田の打球にはヒヤッとさせられましたが、今日は緩急も上手く使えていたことでポイントがずれて大火傷になることはなく、まだこれだけの快投ができるのかとちょっと見直しました。
ただこれが続かないのが渡辺俊だったりもしますので、昨年の轍を踏まないよう次回の登板でも好投をしてくれることを願っています。

その渡辺俊が9回109球ですから10回も投げさせてもよかったとの見方もあるでしょうが、中5日で回すことを考えればギリギリなところだったと思います。
延長は3回しかありませんから勝利の方程式で乗り切るとの判断は間違ってはいませんし、やや意外にも思えた普段とは逆の順番で登板をさせたことも延長戦での戦い方としてはむしろオーソドックスであり、いい投手からつぎ込むのは妥当なやり方です。
小林宏と藪田はともに走者を出して苦しいピッチングとなりましたが、盗塁死やバント失敗などにも助けられて2試合連続完封に貢献をしました。
心配なのは内川の打球を手に受けたようにも見えた藪田で、ベンチに戻ってから治療をしているような雰囲気はなかったのでグラブだったのかもしれませんが、スローでは右手の手のひらあたりに当たっているようにも見えましたので、無事であることを願っています。

藪田よりも心配なのは、左膝を痛めて担架で運ばれていった早坂です。
盗塁の際に左足をベースに引っかけた感じのまま倒れ込み、かなり嫌な感じで膝を捻ったように見えました。
これで荻野貴に続いて足が武器の選手がその足を痛めて長期離脱をするとなると目の前が真っ暗になりますし、2番打者をどうするかにも頭を悩まさなければなりません。
行方不明だった荻野忠も右肘の遊離軟骨除去手術を受けるとの発表がありましたし、冗談抜きでお祓いをした方がよいと思います。
まさに野戦病院化をしてきたチームを西村監督、そしてコーチ陣がどう立て直していくのか、これは逆に言えば控え選手にとってはチャンスでもありますので、何度も書いてきたことではありますが「災い転じ福となす」と前向きに考えていくしかありません。

サブローが本領発揮をし、ついに西岡の連続試合安打が止まるなど久しぶりに新人育成機関の顔を見せかけた打線は、スライダーを武器にする加賀のボールの出所が見づらいフォームと武山の大胆に内角をえぐるリードに翻弄をされた感がありました。
ソフトバンク戦でも山崎にいいようにやられていますし、これは手元まで引き付けて打つという金森打法の弱点と言ってよいかもしれません。
どうしても内角を攻められると窮屈なスイングになりますから、始動が遅いと詰まった打球しか飛ばなくなります。
そろそろ疲れが出てスイングスピードが遅くなることでさらに厳しくなってくるでしょうから、やはり適度な休養を与えることを考える必要があるように思います。

それでも勝ってしまう、これはロッテが強いのか横浜が弱いのか、おそらくは両方なのでしょう。
まるで埋伏の毒と言わんばかりの早川のバント失敗と三振に横浜ファンは激怒をしているでしょうし、9回以降のチャンスをものに出来なかった打線の不甲斐なさと、ロッテ投手陣の粘り強さを痛感しているものと思われます。
清水の舞台から飛び降りるぐらいの覚悟で臨んだであろう横浜の大型補強が空回りをしつつある中で、世間の不況もあってロッテの躍進が経済面で取り上げられることが増えてきたことに球団も自信を深めつつあると思われ、それはある意味で選手とファンの犠牲の上に成り立っているところもありますので、何とも複雑な気分ではあります。

それにしてもハイビジョン放送は素晴らしいの一語に尽きます。
60型のテレビで見るとバックネット裏にいるような臨場感があり、これに慣れてしまうと球場から足が遠のきそうで自制をしなければなりません。
どうにも雨が心配で直前までチケットを買わない習慣がつきつつあるために今週末のような天候ですと出不精になってしまうのですが、結果的に薄日が差すぐらいの空模様になったことを反省して、昨年のようにレインコートを着ての観戦を覚悟することにします。
さすがに平日の雨はスーツですから無理ですが、今後は週末のTtwellVは封印をすることにします。



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
横浜 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7

0

千葉ロッテ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1X 1 6

0


◆5月30日(日) 千葉ロッテ-横浜4回戦(ロッテ4勝、13時、千葉マリン、25,794人)
▽勝 藪田 21試合1勝1敗1S
▽敗 山口 22試合1勝5敗13S
▽本塁打 里崎7号(山口)

▽バッテリー
千葉ロッテ 渡辺俊、小林宏、藪田―里崎
横浜 加賀、牛田、山口―武山

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (52)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
« 水を得た吉見 | トップ | 太ったトラボルタ »

52 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
岡田が見たい! (なしもぎ)
2010-05-30 19:45:59
里崎、よくやった!と言いたい。何故右に軽く当てるサヨナラ打の打撃が常に意識できないのか?打率280、HR20本は期待できますよね。今日の2三振が酷過ぎましたので、最後で帳尻合わせましたが、里崎の打撃の覚醒を願っています。
早坂心配です。オリオンさんの仰せの通り、清田と南で廻せるのでしょうが、役割として岡田の昇格を望みます。2番岡田はまだ荷が重いでしょうかね?
御祓いするべきなのか? (ken)
2010-05-30 19:49:01
早坂の負傷で、今年のセンターには何か憑いているのではないのかとそんな事を本気で思ってしまった試合でした。もし早坂が長期離脱となるとまた打線のやりくりが大変になります。
2番を清田に打たせるのか南に打たせるのかはわかりませんが、清田に荻野並みの活躍ができるかはわかりませんし、南も打率が上がらず苦しい感じです。

そのうえサブローが見事なまでの2併殺を決めてくれましたし、このままサブローの調子が上がらないようですと、ますます外野手が足りなくなってきます。主軸の当たりも止まってきましたしここが正念場でしょうか。

俊介は横浜の拙攻に助けられた感じもありましたが、今日は言うことなしのピッチングを見せてくれました。ですが、仮にもミリオンダラーズの一角なのですから、今後もこれくらいのピッチングをしてもらわなければ困りますので、今後のピッチングに期待したいと思います。

また、映像では薮田も内川の打球を手に当てていました。早坂もそうですが、薮田もたいした怪我でないことを祈ります。
気付けば連続完封! (Mファンパパ)
2010-05-30 19:54:00
薮田が何とか11回を抑えてくれた後、勝負は12回かと考えながら、山口の投球を玉が走っていると思いながら何気に見ていたところで里崎の乾いた打球音に歓喜一杯となりました。やはり狙ったストレートの右打ちは上手いものですね。
俊介はストライク先行でテンポ良く投げ、今シーズン最高の投球だったと思います(できれば勝たしてあげたかった)。このような投球を続けられるかが問題で、今日のようなテンポを意識して欲しいものです。
打線の方は加賀が良すぎたのか、打ち損じたのかは不明ですが、初物には「弱い」のでしょうか?
次は巨人戦ですが、ドームでの「借り」をきっちり返すためにもマーフィー、成瀬の丁寧な投球に期待したいものです。
すいません、もう一言 (なしもぎ)
2010-05-30 19:54:55
大変申し訳ありません。もう一言だけ・・・
ベイ早川の今日のプレーにがっくりと来ました。ロッテ移籍の前半戦の活躍ぶりの印象がまだありますもので、今日のバントもできない衰えを非常に残念に思います。ロッテの勝利は喜ばしいのですが、早川がもしバント成功していたら、ひょっとしたら展開が大きく違っていたと思いますので・・・
まだ大好きな選手なので、是非今日の失敗を帳消しできる活躍をしてもらいたい!
早川 (Unknown)
2010-05-30 20:01:44
埋伏の毒とは上手いこといいますなあ
勝っても正念場は続く (JF)
2010-05-30 20:02:34
昨日東京へ行きましたが、泊まって雨天中止ではシャレにならないので帰ってきてしまいました。ちょっと損した気分ですが、良い試合だったようで何よりです。

早坂は「左ひざ前十字じん帯の損傷及び内側側副じん帯の損傷」と発表されました。全治は出ていませんが、長期離脱っぽいですね…。
2番タイプが本当にいないだけに、逆にどの選手を起用するか西村監督の腕の見せ所にもなります。今江は下位で伸び伸び打たせた方がいいですから、やはり早坂に代わって中堅を守る外野手が急遽務めるしかないでしょうか。清田は話を聞く限り2番タイプではなさそうですが。誰を使っても役不足ですね…。クリーンナップにかかる負担も大きくなりますし、また正念場がやってきたという感じです。

そして荻野忠寛は「右ひじ遊離軟骨除去手術」、今までノースローで様子を見たものの改善の兆しがないので手術に踏み切るということでしょうか。少なくとも今期中の復帰は絶望的ですね。自転車の鍵に荻野のキーホルダーをつけて4月上旬から復帰を待っていたんですが…。焦らず完治させて戻ってきてほしいと願うばかりです。
残念 (Unknown)
2010-05-30 20:07:01
公式に早坂の症状(荻野#0も)が出ていました。怪我もそうですが、せっかくのアピールの時期だというのに、残念だなあ。運がないというか、なんというか。
今日、天気が悪いので、いこうかどうしようか迷っているうちにTV観戦となりました。
アナウンサーと解説者のかけあいが面白かったですね。
クラムチャウダーを作っている里崎を想像するだけで...
勝利の代償 (ちょろ)
2010-05-30 20:09:32
サヨナラ勝ちは良かったのですが、早坂が離脱か~。
マリーンズサイトで怪我の内容について書かれまして、素人なので詳しくはわかりませんが靭帯を痛めたという事はやはり重傷かなと言う印象です。
お祓いもいいし、岡田を昇格してもいいのですが、他球団からトレードで俊足2番打者の外野手の獲得する方向も見出してほしいなと思います(選手名鑑を見る限りでは確率低そうですが)。
ちと弱気ですが、そのぐらい危険な怪我人の多さに参っています。
理想は確かに今いるメンバーで乗り切れたら最高なのですが、、。
勝ち方 (ちゃちゃ)
2010-05-30 20:10:04
 里の一発は素直に嬉しいです。・・・しかし私はその前の回、ノーアウト1・2塁、ノースリーからのテギュンの見送りが気にくいません。ノースリーから打って結果がついてこなければ後で何言われるかわからないんでしょうが、試合の序盤や中盤ならいざ知らず、あの場面、一振りで勝ちが決まるところだけに、しかもあの場面での相手投手の心理を考えれば、4球目こそ狙い目だと思っていました。結果的にも5球目・6球目がすばらしかっただけに、一息入れる前こそ行って欲しかった。それって結果論だろ、っていう非難は甘んじて受けますが、テギュンの調子が下降線なのもこの辺にあるような気がしますし、調子が出ないからこそセオリー度外視で行ってほしかったんですが。
ツキ (オブ)
2010-05-30 20:12:33
荻野選手の怪我で回ってきたチャンスをよりによって同じ盗塁の場面で、同じ箇所を怪我をしてしまうとは・・早坂選手の あまりのツキのなさに絶句です。仕方ないことですが歯がゆさを感じます。
セリーグのチームは全体的に低調ですが 、セリーグの球場で行うと野球が窮屈になる感じがします。打力に期待が持てない投手が打席に入るルールが投打の選手の成長を妨げている一因の気がします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

15 トラックバック

出た突然の一発!サヨナラ勝ち!!! (TEAM7~絶対西岡主義!~千葉ロッテ西岡剛応援計画 <先憂後楽>)
<スタメン> 西岡ー早坂ー井口ー金ー大松ーサブローー福浦ー里崎ー今江 <バッテリー> 渡辺俊、小林宏、薮田ー里崎 「2ベースで良かったんですよ」 そんなこと言っても勝利で一番喜んでいた。 連続安打は22で止まったが、チームは勝つ! それでええねん!!! ...
俊介の好投をムダにしないためにも!里崎サヨナラアーチ! (いすみマリーンズ)
YB:加賀-牛田-●山口 M:渡辺俊-小林宏-○薮田 [ホームラン]M:里崎7号
度重なる負傷の重苦しさを一掃する里崎殊勲のサヨナラ弾!! 5/30ベイスターズ戦結果(画像追加) (PLAY THE GAME!)
里崎智也、アツアツの婚約記者会見♪?(テレビ中継映像より) マリーンズは交流戦に入って中5日での登板が続く渡辺俊介、一方のベイスターズはルーキー加賀の先発で始まった今日の湾岸シリーズ最終戦、俊介が初回を全て内野ゴロで3者凡退に抑えると、武山もサイド...
2010.5.30マリーンズvsベイスターズ観戦レポ~試合編~ (まりなび)
ジョージア魂賞 千葉ロッテマリーンズを応援! マリーンズの先発は、スンスケ。 先週の『くにまるワイド ごぜんさま~ 』で、 「中継ぎが調子良いと、逆に長いイニングを投げたい」 と、言ってました。 明日の放送は、勝ちを自慢するのか、負けて言...
眠くなる (ブラック★ブラック マリーンズ中心な高校生のブログ)
横浜 0-1 ロッテ 今日は渡辺俊、加賀の両先発で試合が開始しましたがどちらとも素晴らしいピッチングでした 俊介はセリーグには強いんですかね~ こんな良いピッチングを見たのは05年以来のような気もします しかし、なかなか援護に恵まれず勝...
マリーンズ 延長11回サヨナラ勝ち (つらつら日暮らし)
マリーンズが、延長11回サヨナラ勝ちしました。
ロッテ VS 横浜≪其の四@交流戦≫♪ (気ままに★いッちャッたろう♪♪)
【千葉ロッテ:1×-0:横浜】…本日の曲【ヨドバシカメラ CM】&【終着駅】
サト狙い打ちでサヨナラ勝ち(*>д<)/ (うづきのおうち)
俊ちゃんが投げてる時に打ってよ~!とツッコミ入れそうになったのサトのヒーローイン
奇跡的にサヨナラを観戦 (こてつの部屋3)
運はいい方、こてつです。 今日は、午前中に友人が出産祝いに家に来てくれ午後はチビ
【千葉ロッテ】 サヨナラ勝利も早坂が、荻野忠が(涙) (おたっきーの好きな言葉は「前へ」です)
交流戦、横浜との最後の試合は、投手戦となりました。 静岡に行っていたので、かいつまんでになります。 11回の井口のビックプレーが、チームの流れをかえました。 薮田の手が心配ですが、井口が見事な2塁ベース後方から ジャンピングスロー。井口の肩の強さが、アウ...
《マリーンズ》怪我人続出は深刻!!!でも勝ちを獲りに行く姿勢はマル (南大阪に吹くマリンの風)
昨日は会社の行事や創立○○周年式典やらで無償奉仕。 式典中にも速報メールを待っていましたが、待てど暮らせどってな感じ。 0-0のシブい試合だった様で、家についてLIVE確認は西村監督の勝利監督インタビュー中から。 スコア マリーンズ 1 - 0 ベイスタ...
ロッテ・里崎、サヨナラ本塁打も早坂負傷退場でチームに暗雲 (続・今日も内角攻め!)
先発・吉見が6回3安打無失点と好投し、その後も3投手の継投で交わし、5ー0で千葉マリンでの横浜2連戦初戦を勝利したロッテは、2戦目は、ロッテ・渡辺俊、横浜・加賀。両投手譲らぬ投手戦が展開された。 終盤まで緊迫した投手戦が展開された試合は、4回裏にロッテは、早...
M VS YB (4回戦)  (marlboro_tottiの千葉ロッテマリーンズ観戦記ブログ)
ふたたび~ 原爆ドームを見終わると。。。 その先に懐かしい建造物がたたずんでおりましたよ。 広島市民球場  今では様々な用途で使用されているようですね。 存じ上げませんが、取り壊し予定などあるのでしょうか。
せめて勝ってよかった(20100530vsYB) (ライトヒッティングな生活)
正直、痛い試合となってしまいました。勝てたことが救い。
千葉ロッテvs横浜第4戦IN千葉マリン@千葉ロッテ (張り子(デコ)の裏blog)
鶏vs鮭