オリオン村

千葉ロッテと日本史好きの千葉県民のブログです
since 2007.4.16

2016年通信簿 2 根元俊一

2016-10-25 00:46:58 | 千葉ロッテ

 

2 根元俊一 内野手 33歳 年俸4400万円

【2016年成績】 48試合 107打数 11得点 23安打 打率.215 2二塁打 2三塁打 2本塁打 12打点 1盗塁 11四死球 30三振 得点圏打率.200

故障で来季の開幕に間に合いそうにもないとの事情があったにせよ一歳違いの大松が戦力外となったのですから、根元も今季に二軍暮らしが続けばどうなったかは分かりません。
4月下旬に井上と入れ替わって昇格、そこから4試合で8打数4安打3打点、お立ち台もあったからこそ生き残れたのではないかと思います。
ただトータルで見れば昨年からさらに出場機会を減らして全てにおいて数字を落としましたから、大松のラストイヤーと同い年になる来季は土俵際待ったなしです。
スタメン起用は多くを望めませんから代打で存在感を出すしかなく、4打席でなんぼの選手、などと言ってもいられません。

清田と同じく今年の対外初試合は五番ファースト、この時点では期待をされていたはずです。
オープン戦ではレフトも守り、かつてのショートでのレギュラーは今は昔、与えられるポジションをこなしていくしかありません。
3月頭にインフルエンザで離脱をしたのが根元にとっては痛手で、屈辱の教育リーグも経験をしましたし、浦和でも外野を守ることが少なくはなく、もう失うものはなくなりました。
一軍でもレフトを守ったのは根元を使いたい、と言うよりは角中を除いた外野陣の不甲斐なさでしかなく、セカンドやショートを守らせてまでは、がベンチの本音でしょう。
となれば福浦、井口、細谷、井上ら密度は高くともファーストで勝負をするしかなく、あるいは一打一撃で存在感を高めることこそが生き残る道です。
相変わらずに三振が多いですし、どうもボールの見送り方などが淡泊と言いますかスマートさと言いますか、もう少し粘っこさ、泥臭さを見せて欲しいです。
井口、クルーズとあっさりとレギュラーを奪われてしまったのが状況的には不憫でしたので、もう一花、咲かせてくれる来季を願いましょう。

2007年通信簿 2012年通信簿
2008年通信簿 2013年通信簿
2009年通信簿 2014年通信簿
2010年通信簿 2015年通信簿
2011年通信簿


【オリオン村査定】 4400万円 → 3600万円 (▼18%)


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
一日一クリック応援をお願いします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (21)   この記事についてブログを書く
« 2016年通信簿 1 清田育宏 | トップ | 細川いらね »

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ムネ)
2016-10-25 02:18:13
細谷も同じですが、
「外野の練習をやりなさい」と言われた時点で立ち位置が中途半端ですよね。
内野のレギュラーとして考えないけど、戦力外ではないという。
二塁を守れれば生きる道はあったんですけど。
いいところは選球眼とファウル打ち、外野の頭越す打球を打てることでしたけど、
その辺も怪しくなってきましたか。
一塁は井口、福浦、井上、細谷がいるので、
その4人に割り込む数字を残せるかどうかです。
打撃 (寿限無)
2016-10-25 06:27:16
根元の生きる道はやはり打撃でしょうね。
3割近く打って行ければ、守備位置はどこであれ生き残れますが。
年齢的なことも含めて、現状では代打かけが人が出たときに交代要員と言うことになります。そうだとしても、あまり打撃が良くないと、使うなら若手となるでしょう。
2塁で不動のレギュラーを取れていれば良かったのですが、やはり守備とくに送球でミスが目立ってしまっては・・・
来季はまずオープン戦で打撃絶好調をアピールしないと大松の後を追うことになりかねませんね。
ドラフトで即戦力野手を取っていませんから、まだチャンスがあると言う気持ちで、打撃で目立って復活してほしいですね。
Unknown (うみうみ)
2016-10-25 07:41:25
野手はラッキーですよ、ドラフトで補強してませをんから、しかし打率2割そこそこ長打力なし、守備がファーストか下手な外野、普通なら首輪ですよ、生き残るには打つしかありませんね、長打力は期待出来ないから、ヒット量産しかない、来シーズン最後かもしれませんね、マリーズはこんなタイプが多すぎ新陳代謝しなからいつも勝てない、相当頑張らないと明日は無いでしょうね、根元が出れる状況では順位は見えて来ます。
根元選手等について (まめすけ)
2016-10-25 07:47:31
おはようございます。
根元選手、かつての様な輝きが無くなりましたね。
来季は崖っぷちのつもりで頑張って欲しいです。
今回コメントのメインなのですが、昨日、野球掲示板で、「ロッテの優勝に必要なのはソフトバンクを退団した細川選手」という記事を見つけました。
確かに、細川選手は伊東監督と共にプレーしましたし、伊東監督の現役時代はライバルでもありました。
僕はここ最近の細川選手の成績を見ると、打撃面が心配です。後は年齢です。
獲得はして欲しいですが、フロントは細川選手の獲得に動くんでしょうか?
オリオンさん、皆さん、細川選手の獲得、賛成ですか?反対ですか?
御意見頂ければ嬉しいです。
長くなりすいません。
なんでそうなるの (さんぴん真田十勇士)
2016-10-25 09:24:43
若手の打撃力が「しょっぱい」「しょっぱ過ぎる」ので、まだニーズがあるのですか。若手の打撃力が向上してきたら、たぶん押し出されてしまうのかもしれません…。

一方で、こちらファンも、入場料という投資をしてプロ野球というエンターテインメントを堪能させていただきたいのですが…。

「外野手はじめました。」みたいな、冷やし中華みたいな。野球強豪校の高校生外野手の方が、見応えのある守備を披露してくれますよ。逆に選手本人の方は、一所懸命やっているので、またこれが涙腺を刺激して、野球を観に行ったはずなのにセンチメンタルな気分になって帰途に着くみたいな…。

千葉ZOZOTOWNマリーンズになったら、こういう事は無くなるのかしら。

肩を叩かれたらしい細川捕手の話題ですが、楽天とかオリあたりは獲得に動くのではないですかね。金が無駄にあるセ界のアノ球団でも良いですが。
右へ左へ根元 勝負を賭けろ (9ちゃく)
2016-10-25 10:02:40
根元は応援しているので,まだまだ頑張ってほしいです。
たしかに守備でこれというものがないので,打撃でアピールするほかありませんが,今季はなんとも寂しかったですね。
走塁もあるにはありますが,出塁しないことにはお話になりませんし…。
ところで,オリオンさんの最後の一文「(一)花,咲(かせて)」は掛けていらっしゃるのですよね?
逸機 (洩)
2016-10-25 13:29:03
不謹慎な言い方になってしまって申し訳ないのですが、今年は根元にとってチャンスでした。
大松の大怪我は大松本人にとってもチームにとっても不幸でしたが、左打ちの一塁外野で重複している根元個人に限ってはチャンスだったはずです。
二軍で根元よりも打っていた大松が健在だったら、恐らく出場機会は半分もしくはそれ以下になっていたでしょう。
その降って涌いたチャンスを生かせなかったのが悲しいです。
ちょうど空いていますし、気休めですが来季は背番号32に戻してみるのもいいかもしれません。

細川については過去の件もあるのであまり来てほしくはないですが、伊東の弟子で岡田の自主トレ仲間、涌井とも軽口を叩けるぐらい仲が良いようなのであっさり契約してそうな気もします。
Unknown (ろびんそん)
2016-10-25 14:12:34
若手以上にがんばらないと、居場所がない年齢になっちゃいましたね。

例えば「バントの時は根元」

とか、何か秀るところを確立させないと。
根元選手に関する素朴な疑問 (幕張の翼)
2016-10-25 18:16:56
かつてはセカンドやショートが本職だったと思いますが、どうして内野だとファーストしか出場させてもらえなくなったのでしょうか?
理由 (たか)
2016-10-25 18:48:55
守備が驚異的にダメだからですね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。