オリオン村

千葉ロッテと日本史好きの千葉県民のブログです
since 2007.4.16

頭が痛い

2017-06-19 00:11:16 | 千葉ロッテ

 

あまりに劇的すぎる幕切れに血管がぶち切れて頭が痛いのではなく、昨日から物理的に頭が痛くて七回で帰ってしまったのは2点ビハインドながらも絶望的な雰囲気に背中を押されてのことで、そこからの鈴木の同点アーチに柿沼のプロ初打点を見られなかったのと大嶺祐の被弾を見ないで済んだのと、どっちもどっちだったりもします。
2点のリードを守り切れなかった大嶺祐には非難が集まるでしょうがナマで見ていないだけにもう一つピンときていないのと、モチベーションを維持しづらい起用が続く中で昨日に57球、今週は3試合で85球を投げたところからの連投ですから同情が先走ったりしているのが正直なところです。
もちろんプロですので与えられたところで結果を残せなければそれが評価に繋がるのですが、前回の登板で手応えを口にしていた佐々木が阿部に二打席連発を浴びながらも4回で5奪三振、ストレートも少しはスピードが乗ってきたところでの降板が中継ぎ陣にしわ寄せになったわけで、そこは二木に続いてのベンチの責任でしょう。
福浦、井口と早めの攻勢は悪くありませんし、珍しくもツーストライクからの柿沼へのセーフティースクイズのサインに変化の兆しを感じたいのですが、田村、そして右方向への打球でリカバリーはしたものの三木と相変わらずにバントができないのがそのままですからむしろそちらが腹立たしくもあります。
同点のところでペーニャに守備固めというのも理解ができず、一振りで試合を決めることこそが大砲の役目なはずが中途半端に守りに入り、その伊志嶺に代えての清田、代打の代打はままありますが守備固めの守備固めは初めて見ましたし、一方でその大砲にビビってのマギーに3打席連続敬遠は戦う姿勢の欠如を指摘されても抗弁はできません。
林球団本部長は人事について動かないことを明言したようですが本当にそれでいいのか、このままですと今年だけではなく来年以降にも響きそうな不安があります。
「塁に出られないので策の立てようがない」「野手を使い切った総力戦だったので仕方がない」、一方で「あきらめる姿はやめて欲しい」とは矛盾しまくりの伊東語録ですが、細かな、痛すぎるミスはありましたが選手は頑張ってくれました、しかしベンチはどうなのか、球団はどうなのか、交流戦休みに頭を休ませずにしっかりと考えてもらいましょう。
ちなみに無理矢理にも「遠征」の範疇に入れて連敗はしないぞ、と挑んだのですが敢えなく連敗、どうやら千葉からした東京をそう見なすには無理があったのか最低でも一県を跨がないとダメなようで、そうなれば次なる関西遠征こそは白星を、とりあえずは雨が降らないことを願うばかりです。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
一日一クリック応援をお願いします。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

千葉ロッテ

0 0 0 0 1 0 0 2 0 0 0 2 5 10 0

巨人

0

1

1 1 0 0 0 0 0 0 0 4X 7 9

1

◆6月18日(日) 巨人-千葉ロッテ3回戦(巨人3勝、14時2分、東京ドーム、44,635人)
▽勝 高木勇 3試合1勝
▽敗 大嶺祐 20試合2勝2敗
▽本塁打 阿部9号(佐々木)、10号(佐々木)、鈴木8号(マシソン)、亀井1号(大嶺祐)

▽バッテリー
千葉ロッテ 佐々木、有吉、松永、大谷、内、益田、大嶺祐—江村、田村
巨人 大竹寛、西村、マシソン、カミネロ、森福、高木勇—小林

ジャンル:
ウェブログ
コメント (34)   この記事についてブログを書く
« つまらないにもホドがある | トップ | 魔王 »

34 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
血管切れた (さのまる)
2017-06-19 01:19:12
柿沼の泥臭いスクイズ。プロ初打点ですよ。こういう得点は守ってあげなきゃいけません。
大嶺祐、しっかりしろ。やはりセーブシチュエーションでは使えないですね。連投を差し引いても、疲れとは関係ない部分でチキンな表情が出るようでは。
気持ちで押しきれなかったです。がっかりです。
プロで野球できなくなるよ (パンテーラ)
2017-06-19 01:23:40
大嶺はリードしている時に登板すると、敗戦処理時と別人のようなダメ投手になります。
この特徴は今も変わっていないことが明らかになりました。
チキンなので、メンタルヘルスの向上から始めなければなりません。
藤岡と同じ症状です。
敗戦処理でのびのび投げさせないと、大嶺は力を出せません。
そういう意味では伊東監督の大嶺の起用方法は合っていると言えます。
次に鈴木大地はバットの芯に当てるのが上手いバッターです。
ホームランはチームトップですし、来季以降を考えれば4番で育てて欲しいです。
とにかく打球が速いのは良いことです。
これ以上の和製大砲をロッテがドラフトで取りに行くとは思えませんので。
中村小五はストライクが入らず、待っていたら四球を選べたでしょうがあえて打ちに行きました。
打ちに行くのは構いませんが、そんな打ちやすいボールだったかな、と。
四球の出塁を犠牲にして打ちに行っても良い甘い球ではなかったように感じましたが。
早稲田閥なので、清宮を取りに行くつもりなら中村を出場させるのも分かりますが、
清宮を取りに行くとは思えません。
中村を出場させる意味がわかりません。
フロント、監督、コーチも色々あるけれども、
投手は抑え、野手は打つ。
これができないなら、戦力外になるのは自分です。
好きな野球が出来なくなりますが、それを受け入れられますか?
特にドラフト1位の選手たちの奮起を期待します。
1イニグ早い継投 (うみうみ)
2017-06-19 01:30:54
佐々木の交代は仕方ありませんね、やはり左打者にシュート回転の癖は治らない、一度ファンドで再調整しないと、3点ビハインドでチャンスでの打席ですから、有吉は2イニング行かないから、延長でピッチャー足りなくなった、内に4年ぶりに2イニング投げさせたのに、打撃陣も終盤チャンスありながら1本が出ない11回で勝ち越せないないと負け、12回1点取り1アウト満塁で清田初級バトンミス、決まれば相手は用意出来て無かったので、1点入っていた所で3球三振外野フライも打てない、清田が仕事してない夜のスイングはいいから昼間仕事しろ!
あと高木が大嶺翔太にストーリーのファーボールで2点目が入り、ミスターロッテ8が2球ボールで6球連続ボールなのに、3球目降ってサードフライ?普通紙 ピッチャーコントロールに苦しんいるのに、ストライク入るまで普通スイングしないでしょ、4番打者じゃないんだしロッテには4番は30年居ませんから、中村野球センスなしボテボテのヒット打って調子に乗りました、あれで追加点が入れば展開が、大嶺は先頭打者を簡単ファーボール、先頭打者ファーボールは半分は得点されますよ、亀井に投げたら2球目フォークのスッポヌケ、使う監督が悪いが大嶺も大事な場面で打たれるから信頼が無い、精神力が無さすぎ、最下位確定だから頭にはあまり来ませんが、毎度ですが選手は勝敗より個人成績考えて仕事して下さい、来年仕事無くなりますよロッテも無くなりますか…
これだけ負けても・・・ (さんだー)
2017-06-19 05:23:02
コーチ陣の入れ替えはないと。こんな馬鹿な話はありますかね?普通、打撃コーチなんて恥ずかしくて自ら責任を取りますよ。
12回に相手があれだけコントロールに苦しんでいるのに、三振して相変わらずヘラヘラ顔の清田。2-0から振り回して打ち上げる中村・・・両者共に話になりません。
大嶺は四球を出した時点で負けると思いました。起用法に同情の余地はありますが、相変わらずビビりすぎで、メンタル弱すぎ。マギーを3連続で敬遠なんて、恥ずかしいし情けない。3度目の亀井の凄い形相が映り、打たれるのを確信しました。

若手起用も出来ないし、どれだけ負けても首脳陣の入れ替えもない・・・ロッテファンの地獄はまだまだ続きますね。
大嶺投手 (附属中野球部)
2017-06-19 06:31:14
敬遠のボールさえばらついていました。明らかに登板過多でした。ブルペンのコーチはあれでも良いと判断したのですかね。

まだ投手が2人余っていた。出せないなら二軍に落としてもいいなあ〜と思います。
Unknown (柏マリン ロッテファン歴44年)
2017-06-19 07:12:59
大嶺祐太、先頭への四球は最悪。精神面の弱さが露呈した印象。リリーフ向きではない。それにスプリット投げすぎ。ストレート磨き直して先発目指すべき。
三木はバントできなかったけど、その後のバスターでの右打ちは見事。執念感じる素晴らしい働きでした。
白井主審、ロッテに厳しい判定多すぎ。福浦&清田2打席ともの見逃し三振は試合の流れという点でも厳しかった。
やっぱり同情できない (松戸マリン)
2017-06-19 07:40:17
大嶺 「ここ3試合で85球だから同情出来ない」とのことですが、そんな球数にしてしまったのはいつの登板でも四球ばかりの本人ですからね。
昨日の試合について (ほのうみ)
2017-06-19 07:43:52
おはようございます。
荻野(貴)選手の二軍は仕方無いですね。怪我では無く、不調での降格だと祈りたいです。
昨日の試合。柿沼選手が良くスクイズしたのに。その後が。
大嶺(佑)選手はメンタル面を鍛え直す為に二軍ですね。無期限で。
最後に。林部長。頭を相当冷やして考えて下さい。
ロッテファンは相当キレてますよ。
以上です。呆れて言う事はこれだけです。
あげまんロッテ (さのまる)
2017-06-19 07:49:30
昨日、現地でした。肥満児の2発には呆れた。同じ者に何回も打たれる。
1塁ベンチ後方の席のため、全員橙タオルを振り回し嫌な空気。
ラジオで里崎の解説を聞きながら観戦。これもいい感じです。
ペーニャのスイングにキレがない、振り遅れを指摘した。その通り。
中盤でベテラン2人を代打で使い勝負してきたことは意外でしたね。
チャンスに弱い鈴木の意地の1発はお見事。ロッテの熱い応援に隣の爺さんおったまげ。
ロッテなんて見たことないからわからない。水泳選手と同姓同名だよな。
時間の関係で9回表に水道橋へ向かいその後はスマホでチェック。
最後は、大嶺で嫌な予感。予想通りでロッテファンは落胆となった。
やはり大嶺は敗戦投手が似合っている。と感じさせてしまった試合でした。

哀れ (大垣のロッテファン)
2017-06-19 08:17:11
12回に2点までも取って、これで行けるぞ、と思って同点までなら我慢する、うわぁ亀井にスリーラン打たれてぼろ負けになってしまいました。気持ちを上にあげられて直下降に落とされ、気分は最悪です。

舐められて舐め返した亀井の根性。これがプロ野球選手ですよ。巨人の控え選手なんかはロッテの20分の1ぐらいしかチャンスをもらえないわけで、せめぎ合って、そして考えて必死に結果を残そうとしてますよ。

それに比べ「お~い中村君」。甘やかしすぎですね。柿沼、サントスはまだ亀井に通じるプロ根性が見られますが・・・・・。なんか仲良くヒーインで水かけなんかしている姿を思い出すと、こいつらホンマに真剣に野球に取りくんどるのか、と嫌な気分になりそうです。

この3連戦は巨人の選手から学ぶ点が多かったのではないでしょうか。それがわからなければ哀れです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。