オリオン村

千葉ロッテと日本史好きの千葉県民のブログです
since 2007.4.16

後半戦スタートはサヨナラ勝ち

2017-07-18 02:54:37 | 千葉ロッテ

 

何事もなかったかのように伊東監督の続投で始まった後半戦は、見事な逆転サヨナラ勝ちでスタートを切りました。
レフトが転倒をしながらの捕球も一歩及ばず、は小田でしたが吉田正でも似たようなシーンを見たことがあったような、何にせよロッテ戦で3敗目の平野の自滅に感謝です。
まさかの内の被弾、そして加藤の逆転サヨナラ2点タイムリーツーベース、そこまでくそ面白くなかった試合が一気に盛り上がった守護神の悲哀でした。

記録上の白星こそ手にできませんでしたが、実質的な勝利投手はスタンリッジで文句なしです。
7回途中までを6安打1失点は見事なピッチングで、四回に不運なヒットが続いての無死満塁のピンチは併殺の間の1点で防ぎましたし、かなり強い打球を足に当てながらも気迫で凌いだ五回の一死満塁からの連続三振はスタンディングオベーションもの、その雄叫びは他の投手に学んで欲しいぐらいの素晴らしさでした。
これまでは数字は出ていても簡単に外野まで運ばれるなど球威に不安がありましたが、今日はMAX152キロはさておき高めのストレートに各打者が振り遅れていましたから伸びがあったのでしょう、そのストレートを軸にスライダー、カーブを上手く使って、今日は抜けるようなボールがほとんど無かったのもプラスに働きました。
来年以降を考えれば微妙ですがこれだけ投げられれば先発も任せられるのですが続けられるかどうか、それだけに心身ともに力を出し切ったように思えた六回で代えるのではなく七回も続投をさせたのであれば白黒つくまで投げさせるべきだったのではないかと、黒星のリスクだけ残した降板は無念だったと思います。
このあたりの機微がモチベーションに影響を与えたりもするわけで、敵は内にあり、それを再確認することにもなった継投でした。

左が並ぶところでお呼びがかかった松永は当然のように右打者の代打攻勢、ややふらつきましたが難敵の吉田正に屈することなくスタンリッジのリスクを防ぎきりました。
あまりボールが走っている感じはありませんでしたが、低めに集めることができていたからこそだと思います。
逆に大谷は真ん中近辺にボールが寄ってヒヤリとするシーンがままあり、数字ほどにボールがきていないだけに今の状態では八回を任せるのは怖すぎます。
内はロメロやマレーロ、T-岡田あたりであればまだしも大城に放り込まれたのは本人もビックリだったでしょう、打った瞬間のそれにはスタンドから悲鳴が、内寄り高めのコントロールミスでしょうが一つスライダーを挟んでいればあそこまで振り切ることはできなかったはず、また田村は伊東監督に叱られているでしょう。

正直なところすっかりと帰り支度をしていたので、野手の皆様にはごめんなさい、です。
放り込むことはできませんでしたがフェンス直撃のツーベースは長打の威力を見せつけたペーニャ、ど真ん中でしたが152キロに負けないパワーはさすがに外国人選手です。
福浦の「足で稼いだ」ヒットも相手バッテリーには痛恨だったでしょう、今日は井口も四球を選びましたし、ベテランが貢献をしてくれました。
最後に決めた加藤は核弾頭、サントスが調子を落としているのが理由でしょうがその核弾頭を作り上げるには我慢が必要なので個人的には面白くはないオーダーで、ただ逆にこれを機会に加藤を据えるのであれば来季への投資ですので賛成、初回にいきなり初球を打ち上げたのにはげんなりしましたが、その後はバントの構えで揺さぶったり球数を投げさせたりで印象は悪くありませんので、あとはもう少し強く叩けるスイングができれば長続きをするでしょう。
そもそもが序盤にディクソンを攻略しなければならない試合でしたがそこはロッテ、ほんの一週間前に大阪でやられたのと同じようにコーナーを巧みに攻められて窮屈なスイングを繰り返し、角中の今季初アーチで先制をするも二回のチャンスは得点圏打率が4割を超える三木が仕留められず、三回には角中が外野フライを打てず、相変わらずの便秘症です。
まあ常にタイムリーが打てるわけでもありませんので出来ることをこつこつと、代走伊志嶺を温存するなどベンチはいつもどおりですが、またしてもいたいけな少女に「もっといいところを見せてください」なんて言われちゃったわけで、明日は半額デーで今日のようなライトスタンドを除けばガラガラのスタンドはあまりに無様なので、もっといいところを見せてください。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
一日一クリック応援をお願いします。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9

オリックス

0 0 0 0 1 0 0 0 1 2 8 0

千葉ロッテ

1

0

0 0 0 0 0 0 2X 3 9

1

◆7月17日(月) 千葉ロッテ-オリックス15回戦(ロッテ9勝6敗、17時1分、ZOZOマリン、18,848人)
▽勝 内 29試合4勝5S
▽敗 平野 38試合2勝5敗19S
▽本塁打 角中1号(ディクソン)、大城1号(内)

▽バッテリー
千葉ロッテ スタンリッジ、松永、大谷、内—田村
オリックス ディクソン、近藤、黒木、平野—若月

ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
« 関西弾丸ツアー顛末 | トップ | みんな頑張った »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (鴎中毒オヤジ ファン歴44年)
2017-07-18 07:22:58
伊東監督の采配は、選手を使い切ることなく余らせるようにしておいて結局余らせた選手を使うことなく負けることが多いんですよね。
9回裏に1点ビハインドなんですから、同点にすることを最優先すべき。であればペーニャの代走は細谷ではなく伊志嶺でしょう。
福浦内野安打で二死一三塁、一塁走者はサヨナラのランナーなのにここでも伊志嶺使わず代走吉田。
加藤の当たりが外野を超えたから何事もなくサヨナラ勝ちでしたけど、采配的には大いに疑問。
来年への投資をしてくれないのなら、せめてその日の試合くらいは誰もが納得するような采配をお願いしたいものです。
結果は大事 (mak6582)
2017-07-18 07:27:08
最後は粘りを見せて、サヨナラ勝ちを収めました。幸先のよいスタートです。

しかしながら、前半戦の問題点はあまり解決できておらず、貧打は相変わらずで2回以降チャンスはつくるものも残塁の山で、よくジェイソンが我慢したな、と思います。

首脳陣の采配も相変わらずで、6回の投球を見ていれば、7回の続投判断は甚だ疑問、9回の代走問題も???だらけです。翔平の1番起用、最終回に打席に送ったことも(結果的に伊志嶺、江村しか野手はいませんでしたが)、信頼や我慢からきているものならいいですが、また手のひら返しがありそうで信用なりません。
今日は松葉ですし、サントス外しありそうです。

選手にはそんな愚采配をモノともしない元気なプレーを期待します。
スタン (海猫)
2017-07-18 07:40:16
イライラしてまた四球で崩れるのではないか…と心配でしたが昨日はピンチをよくしのいでくれましたね
加藤や三木も粘り強いバッティングでした
自分は昨日は久しぶりの現地歓声だったので勝って良かったですがとにかく蒸し暑かったです(>_<)
加藤でした (さのまる)
2017-07-18 08:10:53
後半戦スタートがスタンで嫌な予感をしたが頑張った。失礼しました。
通常なら最後は、ポップや内ゴロで試合終了でしたが、平野に感謝しながら、
つないだペーちゃんや先生たち、加藤を褒めましょう。
このような試合に今後も期待したい。
初心に帰れ〓 (NO39かずくん)
2017-07-18 09:27:05
記憶が定かではありませんけど、加藤…ジュニアオールスターでMVPを獲得したと思った。外野はライバル多数です。バッティングフォーム…変わった
Unknown (JF)
2017-07-18 10:50:28
個人的に加藤は2番タイプではないと思っているので、まだ1番のほうがいいかなと思っており、加藤-サントスの並びは暫く続けてみる価値はあるかなという気はしています。
(加藤がサントスと同等のアベレージを残せることが大前提ですが)

ロッテは昨日でようやく26勝目ですが、うち3勝が平野からなんですね。
まともに攻められたら打てる気がしませんが、この前の神戸でも四球連発で自滅してましたし、何か投げにくい要素があるんでしょうか。
Unknown (モルト)
2017-07-18 11:19:35
形はどうであれ勝ったのは良いこと。
選手の笑顔がはじける姿は見ていて嬉しいです。

采配云々ありますが、今必要なのは個々の選手のレベルが上がること。
次の監督にも使ってもらえるようどんな形でも実績を上げることが必要です。
暑くて熱い夏はこれからです。
ヘイヘイヘイ、ショーヘイ (ひふみん愛)
2017-07-18 12:25:13
ウチの翔平が決めました。「(結果を)続けること」と以前コメントしましたか、これを積み上げていくキャリアです。

私のまわりの皆さんも、せっせと帰り仕度を始めていましたが…そんな中応援をし続ける、わたしはファンの鑑です…笑。

とは言うものの、やはり平野様様だった気もします。翔平もそこまでのバッティングは残念な形でした…。私も空振りしてもハードヒットだと思います。まだ試行錯誤している感じですけど。

身体はもう出来上がった感じしますよね。翔平のようなスピードを備える選手は、もう身体のビルドアップは不必要と思います。いくぞやの中継で見た、背筋のシルエットは出来上がってました。

「身体が出来上がってから、フォームを造る」とは、かの大村Cの発言と思いますが、翔平も(現在、角中みたいですけど。)自分のスイングを希求していただきたい。

あと、かわいいキッズインタビュアーに「バント練習する」と答えたのだから、練習しなさい。
Unknown (春生)
2017-07-18 12:55:01
こんにちは。
伊東監督からみればサントスにも良い成績で1軍に定着してもらいたい。
その親心で左投手のときは外しているのでは。
現に右投手限定で休み休み出ているのに、率を下げているわけですから。

休み休みだから率を下げているという考えもありますが。
スチールじゃないの? (なみのすけ)
2017-07-18 18:59:40
ジェイソン頑張ってましたね。6回はマレーロのヘッポッコ三振に助けられた気もしますが。
しかしT岡田を三振に仕留めたところで、もうヘロヘロ。7回続投は素人目にもあり得ない。先頭にストレートのフォアボール、さもありなんです。
松永はいい仕事をしましたね。内は徐々に調子を落としてますよね。コントロールもそうですが球威どうでしょうか?調子いいときはもっと打てない直球を投げ込むと思いますが。
最終回の逆転サヨナラは、ペーニャの惜しい2塁打からでしたが、平野は追い込みながら、俺たちの福浦に渋く内野安打でつながれたことに動揺したんじゃないかなあ。さすがベテラン出場機会に恵まれずともいい仕事します。あと52本♪
代走の起用はみなさんのおっしゃるとおりですね。なぜ伊志嶺を使わない。
加藤は確かに角中チックな低い構えになりましたね。淡白な三振とかは少なくなった印象です。ただ当てただけのバッティングになることもありますね。7回はそんな感じ。力強く打ってほしい。最後は微妙な当たりでしたが、前進守備の外野を超えてあっぱれです。
ヒーインで「バントがんばる」と言ってましたが、スチールもっと勉強してくれとテレビに突っ込んでました。
加藤はほかの

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。