オリオン村

千葉ロッテと日本史好きの千葉県民のブログです
since 2007.4.16

ここまで来て・・・そりゃないよ

2016-09-18 01:56:40 | 千葉ロッテ

 

今年は降水確率が高かったりビジター応援デーに被ったり、いろいろと言い訳をしつつ船橋にも習志野にも鎌ケ谷にも行かないままにシーズンが終わるところでしたが、さすがにそれでは寂しいので一念発起、往復3時間をかけて初のスカスタ、横須賀スタジアムまで足を運んできました。
それなのに、それなのに、先発が唐川で大嶺祐、阿部、大谷、金森と一軍でも見られそうな継投にはガッカリ、もうちょっと違った顔が見たかったとは個人的なわがままです。
まあ川満はQVCマリンで見ることができそうですし、あとは宮崎に吉原、信樂ぐらいか、やはり早々に大幅な血の入れ替えが必要そうです。

その唐川は5回5安打1失点、相手が二軍ですのでもっと上から目線で力押しのピッチングをして欲しかったのですが、どちらかと言えば「かつて」の唐川に近かったです。
若手には変化球で翻弄をしたもののロマックに一発を浴びるなど、一軍半クラスにはそれなりに強い打球を打たれていました。
ストレートは140キロ前後、阿部が144キロを出していましたので横須賀スタジアムのスピードガンが厳しいわけでもなく、数字だけではなく見た目も迫力はありません。
それは大嶺祐も同じでかわすスタイルに面白みはなく、一軍の苦境をとりあえず置いておけば推薦をするような状態とは思えませんでした。
誰か一人を、であれば大谷>唐川>阿部>大嶺祐>金森といったところか、大谷はまずまず腕が振れていましたので高野と入れ替えでの昇格がありそうです。

ロッテファンの期待を一身に背負う大村コーチ、しかしなかなか新しい芽の息吹は感じられません。
そもそもの素材不足の問題もあるでしょうし、育成などは一朝一夕でどうこうなるものでもないのでしょう。
この日の練習風景を見た感じでは山下監督との関係が今ひとつ微妙で、個別指導が山下監督、大まかな方向付けが大村コーチのようにも見えたのは気のせいか、普通に考えれば逆だと思うのですが、ボールをトスしながら一球毎に声をかける山下監督に、打撃ゲージの後ろで見守る大村コーチ、といった感じでした。

それにしてもこのスタメンは酷い、捕手の寺嶋がレフト、内野手の大木がライトを守って本職は加藤のみ、涙がちょちょ切れます。
サブローが引退を表明して、伊志嶺はまた怪我でもしたのか姿を見せず、そもそも外野手は頭数が足りていないのですが、脇本が恨めしそうにボールボーイをやっていたのが印象的で、かつての岡田のように隙あらばベンチから出てバットを構えてのアピールをしていましたが、しかし守備固めだけで打席での出番はありませんでした。
それでも大木は決勝タイムリーを含む2安打1盗塁と打撃でアピールをしたもののステレオタイプ的な俊足巧打のイメージからすればスイングがやや大きいかなと、まずまず器用に守備もこなしていましたが、このままでは便利屋で使い潰されそうな不安があります。
寺嶋はバットの振りが鈍く打撃優先で無理に使いたいような雰囲気はなく、試合前にはどこぞで見たコラムでやたらと寺嶋を買っているようにも思える福澤コーチと長々と話をするなどして捕手を諦めたわけでもないでしょうし、外野手としての打球の追い方も完全に素人で加藤に頭をはたかれていました。
期待をしていた平沢、香月一はボールを手元に引き付けられずに手打ちのバッティング、今日はたまたまだったのかもしれませんが、今季はこのまま浦和で終わりそうです。
高濱が守備について走塁も普通にこなしていましたから、こちらはそろそろ大嶺翔との入れ替えがあるかません。
ナバーロは論外、相変わらずに初球を打つ気なしの見送り、打球を捕ってから一拍も二拍もおいての送球でぎりぎりのアウト、凡打にちんたら走り、数字は残せていますが「本人のやる気次第」と伊東監督の設けたハードルを越えているとは思えず、また越えようとしているようにも見えませんでした。
デスパイネの去就が怪しいだけに球団は保険でナバーロの残留を考えているのかもしれませんが、今のままでは保険にもならないでしょう。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
一日一クリック応援をお願いします。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9

千葉ロッテ

1 0 0 0 0 1 0 0 0 2 5 0

DeNA

0

0

0 1 0 0 0 0 0 1 5

1

◆9月17日(土) DeNA−千葉ロッテ20回戦(ロッテ14勝6敗、13時、横須賀、1,656人)
▽勝 唐川 9試合5勝1敗
▽S 金森 48試合2勝4敗17S
▽敗 ペトリック 12試合4勝3敗
▽本塁打 ロマック10号(唐川)

▽バッテリー
千葉ロッテ 唐川、大嶺祐、阿部、大谷、金森—吉田
DeNA ペドリック、福地、小林寛、長田—黒羽根

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 秋の風物詩 | トップ | 酷いもんだ »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (うみうみ)
2016-09-18 05:09:33
オリオン様も横須賀行かれたんですね、私も昨日観戦しました、年1位で横須賀かジャイアン球場に行きます、暑い1日でした。唐川は初回は簡単に3アウト取れましたが、毎回相手打線に粘られた印象でストレートもMAX142Km、1軍はまだ早いかなと、大谷は良かったですが、ストレートかあと3Kmは早くないと、西野が9回見れるかと思いましたがね、大嶺はだけは帰りファンにサインしてましたが、ファンサービスよりね。これだけ1軍メンバーが野手共に居るんですから、1軍は厳しいですよナバーロは相変わらず守備でチンタラしてました、乙坂のセカンドゴロなんか間一髪でアウト、指摘通りインコース責めの日本の野球に慣れないから、アウトコースのボール踏み込んで行けない、今日から札幌今年最後の遠征です、飛行機が高かったので本日からの参戦です、1つは勝って欲しい。
ファームとは (兵庫民子)
2016-09-18 07:29:06
久しぶりに、ファームの試合観戦に行かれたのですね。
この日の投手は、1軍で見慣れた投手リレーでした。
私は、ほとんどいつも宮崎が投げている所に出くわします。

先日は、久しぶりに伊藤を見ましたが、高濱弟を欠場に追いやってしまった腕への死球、その後もストライクをとるのに四苦八苦の悲しい投球でした。

伊志嶺は、せっかく8月後半に復帰したのに、先日の習志野でフェンス激突の守備で負傷したものと思われます。
肘井は抹消後も1軍に帯同して北海道に行っているようですので、特例登録が有るのかもしれませんね。

ファームは、次代の1軍候補の育成とケガや不調の1軍選手の調整の場ですが、1軍と2軍の連絡、2軍内のコーチ陣の連携が本当にうまくいっているのかは私も常々不安です。
昨日も頑張っていた井上も、もしかしたらデスパイネの故障がなかったら、チャンスが与えられなかった可能性もありますし。

特に野手は、今季はこの選手と思われている小さい範囲だけの入れ替えに感じます。
ありがとうございます。 (さんぴん真田丸)
2016-09-18 10:25:56
2軍レポート、ありがとうございます。
わたしも一軍の調子が悪い時などには、心を癒すために2軍の試合を観戦しに行く事もありましたが…

先日の秋津にも行きませんでしたし、(行かれなかった…という方が正しいか。おかげさまで仕事が忙しい事などもあり)すっかりご無沙汰してます。

またこんな事言い出しますと、ざわつきそうですが…あまりベタベタした、常に応援している姿勢のモノはあまり好きではなく、村長さんの冷静なリポートは、わたしの視点のそれに近く、非常に信頼しています。あ、すいません、村長さんも「応援」はされていますよね、失礼いたしました。
外野の層が薄すぎる (宮崎オリオンズ)
2016-09-18 16:14:16
また、そんなですか。
狙いがあって、外野を守らせるのならいいんですが、頭数揃えるためですもんね。
外野の補強が最優先。
投手もだから、ドラフトは高校生15人だね
お返事 (オリオン)
2016-09-19 00:08:19
>うみうみさん
途中で雨が降るかと思っていたのですが、むしろ日差しがきつかったですね。
六回からの継投でブルペンから投手が出てくるところの見送り、それで今日の継投が読めてしまいました(笑)
大嶺祐がサインをしていましたか、うーん、バスのところに一度は行ったのですが柵があったのでダメかと思って帰ってしまったのが悔やまれます。
今日から札幌遠征とのこと、初日は得点差以上の完敗、明日は加藤かぁ、高梨も千葉県民でしたね・・・

>兵庫民子さん
今季初の二軍戦、そして最後になりそうです。
調子に乗って今日も平塚に行こうと思ったのですが船橋の雨で断念、結果的に試合が流れたようで、天気予報を信じていれば弱雨のはず、ある意味でラッキーだったかも。
伊藤は手術からの復帰からまだ時間が経っていないので、投げられただけでもオッケーかしら。
来季が正念場ですね、本人がやる気であれば大松と同じく、おそらくは現役続行でしょう。
伊志嶺にはさりげなく期待をしているのですが、今オフは外野手のFA移籍が注目をされていますので、その余波でのトレードがあるかも。
何にせよ魅力的な選手、そもそも頭数が足りなさすぎです。

>さんぴん真田丸さん
二軍戦は応援、と言うよりは、チェックの意味合いが強いかしら。
横須賀ではロッテもDeNAも鳴り物入りの応援がなく、落ち着いて見ることができました。
応援歌をアカペラで歌っている人はいましたけど(笑)
もっと見に行かないと、ですね、二軍戦。
横須賀スタジアムがなかなかいいことが分かりましたので、来年も都合が付けば是非とも。
でもなぁ、ネットと言いますか鉄条網と言いますか、鎌ケ谷や船橋もそうですが、撮影向きでないのが残念。

>宮崎オリオンズさん
仰せのように狙いがあればそれもいいのですが、単なる頭数不足ですからね。
捕手が外野を守るなんてのは数年前からですので、編成が機能をしているとはとても思えません。
一軍でも細谷や根元が外野を守っていますし、そうですね、育成枠も含めてそのぐらいのつもりで補強をしてもらいたいものです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。