オリオン村

千葉ロッテと日本史好きの千葉県民のブログです
since 2007.4.16

二番手なんかいらない

2017-04-24 01:11:16 | 千葉ロッテ

 

そんなタイトルにぴったりの展開も落合コーチの打診に唐川が一歩引いたとのことで、二番手はデビュー戦の酒居ではなく益田が締めて連敗ストップです。
球数も少なかったので最後までいって欲しかったのが正直なところですが益田も間隔が空いていましたし、長いペナントレースを考えれば妥当な判断ではあります。
それにしても今日は伊東マジックが炸裂、今季初スタメンの吉田が好リード、前回のアーチを引っさげての三番細谷が貴重な追加点の起点となるスリーベース、そして井口ではなくあっと驚く香月の代打でプロ初打点、ここまでやることなすこと裏目に出ていた鬱憤を晴らすかのような試合でした。

お立ち台で本人が口にしたように今日に打ち込まれていれば二軍が濃厚だった唐川が、8回4安打零封で今季初勝利です。
それでも防御率が5点を切れないのですからここまでの不振がそれほどに酷かったわけで、しかし今日の唐川はここ数年では一番の出来だったのではないかと思います。
ストレートで押すだけの球威があったことで初球からぐいぐいと攻め込み、そして何よりカーブの制球が抜群でした。
そこを上手く利用した吉田のリードは一回り目は狙われるのではないかと不安になるぐらいに初球からストレートは力があったことで相手に自分のスイングを許さず、そして二回り目からは一転してカーブでタイミングを外しつつやや力の落ちたストレートを引き立てる配球で好調のオリックス打線を翻弄します。
力強いピッチングにコントロールが伴えばまさに無敵、ストライクを先行できたことで球数を節約できたのも大きかったです。
それだけにやはり完封を狙って欲しかった、また益田にヒヤヒヤとさせられたということもありましたが貪欲さがあってこそ次がある、淡々としたコメントの裏の闘志を期待しましょう。

一方で打線は山岡に8回94球の5安打に抑えられて、なかなか上向く気配がありません。
2点は取りましたがタイムリーは無し、先制点を取りたい場面でバントを失敗した岡田は昨年の吉田に迫る23打席ノーヒット、その吉田も二年ぶりのヒットに舞い上がったのも分からないではないですが本来はバントを決めなければならない場面でしたので反省の弁が無かったのが不満、似たようなケースで諸積はまず謝罪の言葉から入りました。
それでも結果的に併殺打となりましたが次の打席では右方向を意識したバッティングができていましたから、吹っ切れたことで「打の吉田」が戻ってくれればと願います。
またようやくヒットが出始めたダフィーはしかしオリックスの攻めが緩いだけかもしれず、8打数ノーヒット4三振の楽天を相手に打てるようであれば期待を持てます。
逆に何でもかんでも引っ張りにかかってしまっている井上は完全に我を見失っているようで、こういうときにこそ打撃コーチの出番でしょう。
外のボールをセンターから右方向に強い打球を放つのが井上の持ち味、今は1本のホームランよりも2本のヒットです。
そして今日は唐川も感謝をしていましたがダフィーの二度の素手でのプレーはエクセレント、一つ目のそれはバウンドが変わってのものですのでそれなりの強さがあったはずですから怪我のリスクから誉められたものではないのかもしれませんが、あれを併殺にできたことで唐川が乗れましたのでバッテリーの演出が無ければお立ち台もののプレーでした。
荻野も今日はこぼさずのダイビングキャッチ、投手がテンポよく投げれば守りも引き締まる、そんな典型的な試合だったとも言えます。

ちなみに今日はマリンフェスタ、先日のALLforCHIBAに続いてイベント試合に勝てたのは珍しくもあります。
始球式にはサブローこと大村三郎SAが登場、ぷっくりふくれたお腹を隠しきれないシルエットのレプリカユニにはしっかりネームが入っていました。
そのレプリカユニの配布があったからか満員に近い観衆が発表となりましたが二階席にはかなりの空席があり、チケットをもいだ数なのか来ようが来まいが前売りもカウントをしているのか、見た目は同じ色の座席のおかげで超満員のスタンドでしたが球団は危機感を持った方がよいです。
何はともあれ写真が撮りづらいほどの快晴、お立ち台ではインタビュアが唐川を刺し、唐川が吉田を刺すという笑いもあり、そして試合時間は2時間17分と素晴らしい日曜日でした。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
一日一クリック応援をお願いします。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9

オリックス

0 0 0 0 0

0

0 0 0 0 5 0

千葉ロッテ

0

0

1 0 0 0 1 0 X 2 5

0

◆4月23日(日) 千葉ロッテ−オリックス5回戦(ロッテ3勝2敗、13時、ZOZOマリン、27,866人)
▽勝 唐川 4試合1勝3敗
▽S 益田 7試合1敗5S
▽敗 山岡 2試合2敗

▽バッテリー
千葉ロッテ 唐川、益田—吉田、田村
オリックス 山岡—若月、伊藤

ジャンル:
ウェブログ
コメント (23)   この記事についてブログを書く
« 涌井が踏ん張れず | トップ | 死神の精度 »

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
唐川 (柏マリン ロッテファン歴44年)
2017-04-24 06:40:55
前半は制球悪くこれまでとおり良くなかったけど、制球できなかった球が甘く入ることなく完全に外れるか、いいコースの逆球になるかで救われていました。5回頃からは制球が安定し好投。風が無い状況が好投に繋がったのだとしたら今後も不安です。
酒居の登板は無し、ある意味残念でした。火曜日も水曜日も2番手として予告して先発投手のプライドに火をつけてやりましょう。2匹目3匹目のドジョウを狙って。
やっと止まった (さのまる)
2017-04-24 07:49:04
捕手吉田のおかげなのか。崖っぷちの唐川が踏ん張りました。やっと、連敗ストップ。
8回、103球、被安打4には、本当に驚きです。自信を持って投げろ。と言いたい。
打線は予想のとおり3番細谷が、好投していた相手先発に再度プロの洗礼3塁打。
長打があったが、連打でのスカッと爽やかな2点でなく、内野ゴロでの泥臭い得点で何とか勝ちました。もし、香月が三振だったら伊東はボロクソだったでしょう。
23打席無安打の岡田にはまったく期待できません。また、アジャにも元気がなくなってきた。明日の楽天戦から勝ち越しができれば勢いに乗れるでしょう。

Unknown (ろびんそん)
2017-04-24 08:20:39
快晴なお天気同様の勝利でした。

これをキッカケに、チームの雰囲気がコウテンしてくれることを願ってやみません。

ダフィの素手取りは、ご指摘のとおり誉められるものではありませんが、その気迫を集中力を維持して、ジワジワとでもかまいませんから、打率、守備とも向上してくれることを願います。

打線はつながりが欲しいですね。
先ずは連打から。
やっぱり唐川! (頑張れ福浦)
2017-04-24 09:07:54
今年、期待のオシメン一番の唐川です。
残念な事に、また仕事でリアルタイムで観れませんでした、現場から帰って来たら、同僚から勝ったよ、との報告があって、携帯で試合内容を確認したら、唐川内容は、最高ぽかったので、プロ野球ニュースで、球筋を注意しながら観てたのですが、中継は、変化球ばかり映して、ストレートは分からず、周りからの意見で、またコントロール重視に戻したんじゃないかと、心配したのですが、オリオンさんの話で安心しました、解説者の意見なんて無視していいです、パワーピッチを続けて下さい、成瀬のいい時を追っかけるのは、止めましょう。
更なる進化で二桁勝利だ、頑張れ唐川!
ブルーユニフォーム。 (NO39かずくん)
2017-04-24 09:28:09
昨日は今年初のマリンフェスタでしたね。キャンプでお披露目した際、今年もまたブルーユニフォームと思った。でもオリオンさんの写真を見て欲しくなりました。ところで、香月が一軍ですね。浦和好きの自分ですが、応援していたのでうれしいです。
マリンフェスタ (mak6582)
2017-04-24 10:03:59
初めてコメントさせていただきます。
いつも楽しく拝見しています。

唐川やりましたね。
この登板がダメなら二軍行きでしたから、
良かったです。
5月7日までローテーション守って、
ソフトバンクに通用するところを
見せて欲しいです。

打線については皆さんのコメント通りなので、
控えておきます。

プラチナチケットの日の1塁側二階自由席の
開放があまりに少なく、
出遅れた人達は3塁側へ。
指定席Bの入りはボチボチで、これでは
応援が盛り上がりませんね。
無料チケットが使えない件も含めて
球団の運営に不快感です。
毎回、円陣組んだらどうね。 (宮崎オリオンズ)
2017-04-24 10:10:05
やれる!148ですか。
味方の援護が平均2点ぐらいなんで、厳しいでしょうが、何とか試合を作って。
負けが込むと、気持ちを保つのが大変だけど、粘り強く投げて規定投球いきましょうか。

火曜の先発は誰でしょうね。

ここまで全試合、相手先発は最低5回までは投げてるからね。最近は8回まで投げさせてる。中継ぎの負担も減るし、これでは勝ち越しは難しい。これからのロードは厳しいでしょうね。
最近の地元8試合で13得点ですよ。
立て直すのなら、早くして!かんとく!

梨田楽天は、去年ぐらいから、藤田聖沢が守備固めだもんね。層が厚くなったね。鷹戦の気合いが凄かったね。
ロッテは、毎回、円陣組みましょう。
Unknown (9ちゃく)
2017-04-24 10:14:54
これだけ采配が的中して勝つのは気持ちの良いものですね。
相変わらず懸案の打線ですが,パ・リーグTV解説の小宮山氏が,打撃コーチに「何をやっているんだ」と喝を入れておくと心強いことを言っていました。
期待したいです。
Unknown (ピドエム)
2017-04-24 10:43:16
仕事のためこっそりの携帯観戦だったのですが、勝ち星はファンにとっても良薬です。その後の仕事もイライラすることなく順調にこなすことができました。悪い選手が多いのでちょっと活躍した選手がいると覚醒したように感じてしまいますが、監督、コーチさらなる努力よろしくお願いいたします。サブローも今後、伊東監督のように太り出していくのでしょうか?
ダフイー・・・・ (大垣のロッテファン)
2017-04-24 10:46:49
ダフイーについて。オリオンさんもオリックスの攻めが甘い、と感じていましたか。
解説の宮本が前に「ダフイーは左肩が下がった打ち方をするから外角やや低めしか打てない。内角早い球を放られたら手も足も出ない。コーチが言わないのかなぁ。基本外国人には何もいわないからぁ~。」とつぶやいてました。SBはその通りの攻めをしてましたね。

補強の情報も途切れてしまったので、ダフイーの開花が今シーズンを占いカギになりそうです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。