オリオン村

千葉ロッテと日本史好きの千葉県民のブログです
since 2007.4.16

雪が降る

2017-05-26 00:34:05 | 読書録

雪が降る

講談社

このアイテムの詳細を見る

どうしたらこれをミステリーのくくりで売り出せるのか、さっぱり理解ができません。
テロリストのパラソルシリウスの道、これらとは一線を画した作品であり、どうなるのだろうとのドキドキ感はありますがミステリーでないことは断言できます。
しかし藤原伊織らしさ、短編集ながらもそれぞれの登場人物を魅力的に描いているところに変わりはなく、人間ドラマという切り口からすれば秀逸と言えます。

力強さがありながらもどこか弱さを併せ持っている、これまでの主人公はそういったタイプでしたが、この作品では揺れ動く弱さが前面に出ています。
それでいて秘めた芯の強さが自然にあふれ出る、そのバランスが絶妙で引き込まれてしまい、心情を自分に照らし合わせてしまう読者が多かったのではないかと思います。
最後まで描かずにその後を読み手に任せることで無限のストーリーが広がっていく、全体的には切なさが胸を締め付けるようなものが多いですが、しかし後味は悪くありません。
ただ数ページと一番に短いストーリー、トマト、だけがさっぱり意味が分からなかったのが残念、それが無ければ満点でした。


2017年5月24日 読破 ★★★★☆(4点)


ブログランキング・にほんブログ村へ
一日一クリック応援をお願いします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 負のデパート | トップ | こんな日もあるさ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。