オリオン村

千葉ロッテと日本史好きの千葉県民のブログです
since 2007.4.16

2016年通信簿 シーズン総括 投手

2016-10-17 00:45:45 | 千葉ロッテ

 

【2016年成績】 143試合 72勝68敗36S 12完投 9完封 14無四球 防御率3.66 1289回 1308被安打 104被本塁打 444与四球 43与死球 855奪三振 35暴投

先発、リリーフともに苦しんだ一年でした。
防御率はリーグ3位ですので頑張ってはくれましたが日本ハム、ソフトバンクとは0.60、0.57とかなりの差がありますし、また失点と自責点との差もありましたのでミスで踏ん張れなかった、立て直すことができなかった象徴でもあり、その差が順位に大きく出ています。
完投、無四球がそれぞれリーグトップだったのは意外ではありましたが、両者で10完投の涌井と石川に負うところが大きかったのでチーム全体の評価にはなりません。
奪三振がダントツでリーグ最下位なのがカラーを表していて、打たせてとるのが悪いとは言いませんが、ここぞで三振を奪えないのはやはりしんどいです。

先発陣は石川の球団新記録となる入団から3年連続の二桁勝利、これが全てとも言えます。
有言実行、力を付けるとの言葉どおりに140キロ台後半のストレートを手にしたことで、シンカーや緩いカーブの威力が増しました。
投手三冠の可能性がありながらも「疲れた」との理由でチャレンジをしなかったのはらしいと言えばらしい、エースと呼ばれる存在になるには物足りなさが無いわけではありませんが、それだけ自分、調子、現状をしっかりと把握をして目先の無理をしない、トータルで答えを出すと考えれば頼もしくもあります。
これで開幕5連勝で月間MVPを獲得した涌井がそのままの調子を維持できれば両輪でチームを引っ張れたのですが、さして悪くもなく、また打線の援護が無いことでの不憫さはありながらも立ち上がりの失点、ここぞでの失点とらしからぬピッチングで二桁がやっとだったのが惜しまれます。
また春先と秋口の涼しいときには快投ながらも夏場に六回の壁を越えられなかったスタンリッジ、期待を裏切った大嶺祐、陳冠宇、李大恩など、計算外れが多かった一年でした。
それでも道半ばながらも球威を取り戻しつつある唐川、疲労からか伸びやかなストレートが影を潜めつつあるのが心配ながらも新鋭二木、ワンパターンな配球には改善の余地はありますがルーキー関谷とプラスな要素も出てきましたから、ルーキーなのか岩下らなのか新外国人選手なのか、もう一段の競い合いが欲しいです。

リリーフ陣の春先は絶好調でした。
昨秋のCSを引きずったかのように大谷が蹴躓きましたが、しかし揺るぎない守護神の西野、益田、藤岡、内、松永、そして意外すぎる南と0点台、1点台の防御率を誇る鉄壁さで先発が崩れても試合を壊さず、逆転のロッテを支えたのは間違いなくこの面々です。
それが後になってみればこの頃から右肘痛を抱えていた西野の調子が急降下し、毎度の内、そして藤岡と故障者が続出、勢いに急ブレーキがかかりました。
閉幕間際に全員が戻ってはきましたが調子は戻らず、しかし春先のイメージを引きずった継投で試合を落とすなどベンチの未練もあり、トータルではやや不満が残ります。
過負荷と言うほどに登板数や連投が多かったわけでもないのですがリリーフ投手は常にブルペンで準備をしていますから、そうなれば新しい顔が必要となります。
新フォームがようやく馴染んできた田中靖、150キロの快速を誇る高野、初顔見せで不思議なピッチングを披露した宮崎、その来季に期待をしましょう。

2008年通信簿 2013年通信簿
2009年通信簿 2014年通信簿
2010年通信簿 2015年通信簿
2011年通信簿
2012年通信簿


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
一日一クリック応援をお願いします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年通信簿 シーズン総括... | トップ | 伊東鳴動して鴎一羽 »

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ムネ)
2016-10-17 02:56:06
計算できるのは成瀬一枚の時代に比べれば、
涌井と石川の二枚いるだけでも進歩です。彼らは年間戦えます。
来季は規定投球回到達経験のある唐川が加わって3本柱を形成してくれると、さらに引き締まってきます。
唐川にはそういう布石のようなものを感じました。

後ろは今季の布陣を通してもいいんじゃないですか。
前半戦の貯金は強力リリーフ陣の貢献によるものでした。
西野が完全復活すれば方程式が2セット組めます。

ただ、みんなが復活できるほど現実は甘くなく、チーム防御率は毎年いただけません。
今年のドラフトは2位まで即戦力投手2人を補強してほしいです。
伊東監督、くじ運ありますからね。
田中正義とか柳なんかを競合覚悟で獲得できたら、間違いなくローテに入れるでしょう(藤岡もそう言われていましたけど・・)。
でも、そういう夢は見ずに堅実路線で行く予感が。左の先発がいないため浜口の一本釣りを狙うような気がしてならないんですけど。さて。
2位指名は全体19番目ですか。
今年は19番目なら、そこそこの選手は残っています。
19番目をしくじらないでほしい。
ロッテの編成は2位指名がイマイチ下手なんで。
今年の投手陣について (まめすけ)
2016-10-17 07:46:02
おはようございます。
今日、いよいよ伊東監督の去就が決着しますね。
多分フロントは補強はしないで終わりでしょう。
ロッテ本社が御家騒動の真っ只中ですし、元々補強はやる気が無さそうですし。
伊東監督、辞任の可能性が高いと思います。
さて、今年の投手陣。
序盤までは良かったのに。
やっぱり怪我人が続出して、失速しました。
投手コーチに全責任がありますので、落合投手コーチは今季で辞任で。
来季からは小宮山さんに。
低迷期も知ってますし、メジャー経験もあります。解説も長いですから、投手知識も豊富にあると思います。
春季キャンプは村田さん、張本さんを臨時コーチで呼んで、若手に指導してもらえば、良いと思います。
但し、全体休みは1日。
後は練習です。
休む暇なんかありません。
優勝の為にはそれくらい厳しくしないと駄目です。
フロントはさっさと身売りを。
身売りをすれば、まともな補強は出来ると思うので。
最期に。西野選手は先発に転向。益田、松永両選手も同じです。
松永選手は先発をしたくないって思ってますが、そんな考えは甘いです。
だから、今季も駄目でした。
中継ぎ失格です。
こんな考えをしてると、何時か解雇されます。
Unknown (うみうみ)
2016-10-17 12:11:15
開幕時は、リリーフがローテーション出来る位メンバーが居ると思っていましたが、開幕で大谷が打たれ昨年並の投球が出来ない、4月の札幌ドームで西野がセーブ失敗と早くもほころびが出て7月内の離脱で終わりました、先発は大嶺が大誤算前半の唐川の不調が響きました、二木、関谷も出て来ましたかが、まだまだ力不足、うれしい誤算は、南と田中ですかね。
ドラフト会議は、創価大学の田中を指名するとかニュースたに出ていましたが、三味線なのか、投手中心のドラフトだと思いますが、野手は取るならホームランの打てる長打力がある打者を中心で、間違っても3拍子揃ったタイプは不要、低いレベルで揃っても使えません、早い球が投げれる、遠くえ飛ばせる、早く走るは鍛えても育ちませんから、どうなることか期待はしてませんがロッテですから。
厳しいようだが (宮崎オリオンズ)
2016-10-17 15:14:04
投手陣は、がんばりました。
ただ、後8勝上乗せするためには、チーム防御率を3点台前半にはしたいね。
二木は楽しみだね。
スタンリッジは引退?
小谷さんとスタンリッジいなくなると大変だ。
総崩れする可能性があるからね。
で、誰がするのかね?

マエストリとバリオス取りましょうかねぇ。
内は来季は先発だ。
さすがに計算がたたない。
打線がアレ。 (オブ)
2016-10-17 20:40:51
 故障の連鎖は不運だったが、中継ぎ投手の起用も過負担にならないように考慮された起用のされ方だったし、先発投手も我慢するところは我慢して概ね問題はなかったと思います。ただやっぱり先発投手は駒が足りないし、ハムの大谷投手とまではいわないが、力感が不足している感は否めないですね。ただ怪我の功名だが高野、田中、藤岡、南投手に後ろを任せるめどは立ったのは大きい。益田、西野両投手を先発に配置転換すれば、面白いとは思います。関谷、二木投手も今年は壁にぶち当たったが、今年の経験は大きいしチェン投手が通年ローテーションを守れるスタミナ、投球術を磨けば面白い。2年目の成田、原両投手も楽しみな存在。投手の補強は必要だと思うがロッテは点がとれないので、投手の好投を見殺しにしている試合が結構あります。やっぱり打線の旗艦になるような打者が欲しいなあと個人的には思います。
Unknown (柏マリン ロッテファン歴43年)
2016-10-17 20:51:54
投手陣は全体的には頑張ったと言えるでしょう。
誤算は大嶺祐太、イデウン、チェン、西野の4人。彼らが期待に近い働きができていれば優勝争いも可能だったかもしれません。
逆に期待以上だったのは石川、二木、南の3人。
来年も期待を裏切る人、期待を上回る人、色々でしょうから、層を厚くするしかありません。
今年のドラフトは野手は不作、投手は豊作。内野手も外野手も補強ポイントですが今年のドラフトは投手主体で行くべきでしょう。1位2位は投手、3位は能力高い外野手(いなければ投手で可)4位以下は投手3人野手2人の合計8人指名。プラス育成3人。
あとは助っ人。デスパ、スタン、チェンは残留。投手は先発1人リリーフ1人、野手は2人獲得。それくらい約束しないと伊東監督は納得しないでしょう。無理というなら身売りしなさい。
それから西野は先発転向必須です。
これらが実現すれば少しは2強に近づくことができるでしょう。
Unknown (さーちん)
2016-10-17 21:46:52
故障者も出たりしましたが投手陣に関してはそんなに悪いとは思わなかったです。大嶺祐など期待外れな選手もいましたが二木や関谷など来季さらに期待が持てそうな選手も出てきたし。涌井、石川は故障でもない限りは先発ローテーションは確定でしょうから。唐川が今年の良かった時のピッチングが来季1年通して出来るか、二木が更にステップアップ出来るか、鍵を握るのは唐川、二木の出来と位に考えています。後は藤岡を来季はどうするのかも注目しています。

個人的には今年の投手のMVPは南かな、と思います。
故障者続きの中継ぎで故障することなく1年頑張ってくれました。南がいなかったらもうちょっとヤバくなっていたかもしれないので。この飛躍はほんとに驚きでした。
Unknown (mihimarines)
2016-10-17 22:06:07
前半戦だけ見れば素晴らしい中継ぎ投手陣だったと思います。先発は涌井、石川は計算できましたが、後に続くスタッフがもうひと踏ん張り欲しいところでした。
スタンリッジはベテランではありますが機能してくれましたし、唐川もフォームが固まらないなか来シーズン期待できる内容も多かったように思います。
二木、関谷もいい経験を積めました。特に二木には期待していて、ツーシーム系のボールを習得してくれるともっと幅が広がって化けてくれると思っています。

計算外だったのが、大嶺。昨シーズンはようやく開花したかと思ったのですが…

来シーズンは西野を先発に回して、南をクローザーでも面白そうですね。中継ぎ投手陣は後半ケガさえなければ無双状態でしたので、先発陣は7回、残りの2回をセットアッパーで回せるようになれば安定しそうです。まぁ7回まで持たせるのが非常に難しいんですけどね(笑)
Unknown (たつろう)
2016-10-17 23:24:26
落合さんは昨シーズンのオフに東海地方のラジオに出演されていたのですが、「シーズン前半の投手陣不振があり、夏には今年で辞めようと思った」、「自分のやり方は投手全員の性格を把握して指導方法を考えるので時間が掛かるが、本当は時間を掛けちゃいけない」、「益田が酒を飲んでるから不調なんじゃないかとメモを渡した」、「若手では二木という投手が良い」等、東海地方のラジオにも関わらずロッテの話をしていて面白かったのを思い出しました。その時に「ドラゴンズ復帰はない」と言っていたので、何か中日球団と関係があまり良くないようですね。去年の秋季キャンプでは、最終日に参加した投手全員に来季の課題を一言ずつメモして渡してましたが、それを活かした南と、活かせなかった川満、明暗が分かれました。
先発とリリーフの入れ替えでは、西野は先発での実績もありますが、益田は新人の時の春季キャンプで当時の西本コーチに「先発とリリーフどっちがいい?」と聞かれてリリーフを希望してリリーフとなった経緯がありますね。内は球種が少ないので、リリーフ以外無理そうです。
ドラフト以外の補強はなさそうなので、各人のレベルアップに期待するしかなさそうですね。しかし、ソフトバンクは森福がCランク国内FA権保有者なんですね。年俸1億以上でCランク、恐ろしい世界です。
Unknown (ティック)
2016-10-17 23:47:49
正式に伊藤監督の続投も決まり一応球団からも「補強をする」との言葉を頂いたようですが、なんだからお互い一応言っているだけのような気もしなくもないですが・・・

とにもかくにも先発の枚数が圧倒的に足りていなので、それをどうすかが来シーズンへの課題ですね。
松永選手、西野選手をを先発に転向させて、CランクFAの森福選手と外国人クローザーを獲得というが出来ればいいかな。
あとは、やはり競合してまで獲得した藤岡選手にはどうしても先発で頑張ってほしいなと思ってしまいます。
涌井、石川、唐川、大嶺、藤岡、松永でオールドラ1の先発ローテなんてなったら確実に優勝争いに食い込めると思うのですが、現実は厳しいでしょうね。笑
石川のタイトルにはあっぱれ! (463)
2016-10-17 23:52:27
石川が期待通りの活躍だったのに、涌井が5連勝して今年も最多勝取る勢いだったのが、終わってみれば10勝止まり。これは期待はずれ。スタンリッジも8勝ではものたりない。二木の7勝は頑張った方かな。新人賞争うかと思いましたが、後半は息切れでした。唐川に復活の兆しが見えたのは来年に期待が持てます。南のブレイクは全く予想できず、うれしい悲鳴でした。西野は怪我でしたね。フォークが落ちないのはそのせいでしたね。しっかり直せないと、来年以降おさえをやるにしても先発に戻るにしても厳しいです。内が開幕から一軍にいたのがよかった。でも後半は怪我。いつになったら一年活躍してくれるのか。藤岡も同じ。そこそこでしかなく、もう先発で15勝など夢でしかないのか。大谷と松永は、ソフトバンクと日ハムとの勝ち試合を終盤ひっくり返された背信のピッチングが大喝。大谷は怪我、松永はコントロールが悪すぎでした。最悪は大嶺。去年の活躍から今年は規程投球回数に10勝を期待しましたが、どこいっちゃったんでしょう?見なくなっちゃいましたね。益田はよかった。来年どこを任されるのか楽しみ。今年の新人はチャンスは与えられましたが、生かしきれなかった。田中が掘り出し物。来年に期待が持てる。さて、伊東監督続投決定、補強を約束とありましたが、どんな補強をするのか楽しみですね。その前にドラフトです。去年みたいに驚かせるのか?新聞報道では競合かくごで創価大の田中とのこと。そういえば京大田中はどうしてる!大卒はせいぜい三年間だな。来年ブレイクしなければ、ほぼアウトでしょう。高卒で5〜6年、大卒は2〜3年でレギュラー取れなければほぼアウトです。
投手陣総括 (ちょろ)
2016-10-18 00:09:03
日程の恩恵を受けたおかげか、先発陣がどうにか5人で回せたなという印象ですね。
石川・涌井のどちらかが欠けていたら3位入りも危うかったと思います。

問題は3番手でそれ以外が、やや物足りない感じ。
台頭した選手もいたけど、それでも足りていない。

中継ぎにしても主力以外の台頭も乏しかったかも。
後半戦はそれがモロに出たと思いました。
選手層の薄さが一番現れたのが、投手陣でしょう。
来年も伊東監督のやりくりに注目と言った所。
お返事 (オリオン)
2016-10-18 00:50:50
>皆様
すみません、小指がESCキーを触ってしまっておじゃん、心が折れました・・・
こうなったら思い切った配置転換、西野を先発に、大嶺祐を中継ぎに、守護神は先発転向を前に最後のおつとめの益田、第二の二木で岩下を我慢、関谷も短いイニングの方が特徴を活かせるかも。
ジャスティスを獲れるかどうかで、かなり変わってきそうな。
Unknown (ロッチ)
2016-10-18 08:26:38
投手陣は涌井、石川の二枚看板と黄金中継ぎ軸にスタートからいいパフォーマンスを見せてくれたし貯金二桁は彼らの頑張りあってこそ。 
それと同時に層の薄さも感じたシーズンでした。昨年ほど破綻のない先発陣でしたが延べ人数は減り、昨年の上積みであった大嶺、デウン、チェンが機能しなかったのが痛い。
そういう意味では唐川、二木、関谷は来季にもっといいものを見せてもらいたい。

QS率は向上したけどQS勝率は激減パ最下位かな
、最少に抑えても追いつけない、ビハインドの投手が打ち込まれるなど故障者が出てからやや顕著に。左腕不足、奪三振数の少なさや被打率は相変わらず。ファーム主戦のデウン、木村、川満が退団で次誰を?って状態だし。
三振取れて即戦力候補のジャスティスに行きたいのも頷ける。とにかく強いボールを磨いて欲しい、そう願います。

中継ぎも今年がピークかな、と。このままでは故障ループにハマる恐れもあるんで新外国人や森福(笑)を入れて配置転換するとか。チェン、関谷も中継ぎでも面白いかもと感じています。
一部の競争じゃ無く広く行き渡らせないとね。
お返事 (オリオン)
2016-10-19 00:40:14
ですね、先発は顔ぶれがかなり決まっていました。
ここにどれだけ新しい顔が入れるのか、現有戦力では候補は岩下ぐらい?
新外国人選手、そしてドラフトですね。
でも投手が頑張っても打線がしょぼければ育つものも育たない、田中にいくのはいいけど、2巡目、3巡目は野手で!
そのぐらいのつもりでないと、上位3人が投手だと数年先まで悔やむことになると思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。