オリオン村

千葉ロッテと日本史好きの千葉県民のブログです
since 2007.4.16

微妙な佐々木

2017-03-13 00:05:31 | 千葉ロッテ

佐々木は5回8安打ながらも1失点、しかし田村が梶谷を二つ刺したアシストと高濱に助けられたところもありましたから93球という球数からしても合格とは言えないでしょう。
粘り強く投げたと言えなくもありませんがバットの先で軽々と運ばれたヒットもあり、球威という点では不安が残ります。
しかし5個の見逃しを含む7奪三振はキレが無ければ稼げるものではなく、ベンチとすれば判断に苦しむピッチングだったのではないかと思います。
ただ関谷、酒居と脱落をしかけている先発ローテ争いですので次にそこそこ投げられれば合格、伊東監督から厳しいコメントは無かったようですから、そんな流れになってきました。
また出遅れていた内がここにきて追いつきかけてきたのが朗報に大谷、益田はまずまず順調、そこに切り込みたい高野のストレートが暴れたときの修正にフォークを多投したのがちょっとした発見、もう少し低めに投げなければ打ちごろになってしまいそうなリスクはありますが今後に注目です。
そして角中が右背筋痛で欠場となった代わりはパラデスがレフトとはビックリ、石垣島ではセカンドは守っていたものの外野は見ていないのですが隠れて練習をしていたのか、もちろんメジャーでも守っていますので付け焼き刃の大嶺翔よりは守れると思いたく、今日はそれほどの守備機会が無かったので評価は保留です。
試すという意味ではショートだけではなくファーストも壮絶な譲り合いになりつつあるのでダフィーを見てみたいのですが、打撃が好調なので今は動かない方がよいのでしょう。
気がつけば両砲ともに.333といい感じになってきましたので、周りを固める「脇役」の踏ん張りを急募、また井口に続いて教育リーグでマルチヒットの福浦を心待ちです。
それにしても先日に続いて七番高濱にはシーズンに入ってからもバントをさせないつもりなのか、今日に一番に解せないシーンでした。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
一日一クリック応援をお願いします。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9

千葉ロッテ

1 0 0 3 0 0 0 0 0 4 4 0

DeNA

0

0

0 0 1 0 0 0 1 2 11

1

◆3月12日(日) DeNA−千葉ロッテ2回戦(ロッテ2勝、13時、横浜、21,002人)
▽勝 佐々木 3試合1勝
▽S 高野 4試合1S
▽敗 クライン 2試合1勝1敗
▽本塁打 鈴木1号(クライン)

▽バッテリー
千葉ロッテ 佐々木、大谷、内、益田、高野—田村、吉田
DeNA クライン、平田、パットン、進藤、砂田—黒羽根

ジャンル:
ウェブログ
コメント (11)   この記事についてブログを書く
« 平沢終了 | トップ | 推しメン2017 »

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (モルト)
2017-03-13 00:12:55
高濱が覚醒しませんね。
残念です。

佐々木は5.6番手評価であれば御の字でしょう。
まだまだプロとして勉強の時期です。

石川は早くチームに帰ってきなさい。
アメリカへ行っても使わないでしょ。
覚醒者がほしい! (大垣のロッテファン)
2017-03-13 08:13:40
WBCを見ていたのですが、ハンデンバーグですらランナーが出ると動揺して墓穴を掘っています。この難攻不落の投手をやっつけるには、足のあるランナーが塁に出ることです。
そうです。荻野!荻野!荻野!です。君は今何をやっとるのかね。早く出てこい!

昨日はニコ生で見てたのですが、加藤がちょっと残念でした。大嶺翔はショートできませんかね。西岡の穴は深し!
早く覚醒者出てこい!
現地観戦 (うみうみ)
2017-03-13 08:16:36
佐々木はコントロールにバラツキがあり、変化球も高めに浮いて苦しんでいましたね、しかし圧巻はストレート球速は143Km位ですが、伸びるストレート桑原なんかタイミングが合わずに3三振、外野席で見ても早く感じます、マリンズピッチャーは全体的に球速が遅いこれでシーズンして大丈夫かと、敵ながら7回と8回に投げたルーキーの進藤はヨコテからでMAX148Kmのストレートは良かったですね、マリーズの各打者に三振を取ってましたから、打線日本人野手が心配ですね。打てません
野手事情 (兵庫民子)
2017-03-13 08:54:19
角中欠場でのパラデスレフトですが、2月24日広島との練習試合でも守っていました。
角中がまだ石垣にいた為でもありますが、この時はDHに井上、1塁高濱が入っていました。
広島ホームテレビの配信しかなかったので、ボールがどこに飛んだのか見えづらく、パラデスの守備がどうだったのかあまりよくわかりませんでしたが。

私見ですが、1塁は右投手高濱、左投手井上で使い分けしていたのが高濱があまりにも打てないので土曜日は右相手でも井上をスタメンにしたのに打てなかった・・
井口昇格で三木は浦和に行ったので、今の所ユーティリティー枠には大嶺翔。

高濱は、OP戦最初の2試合でポンポンと3安打打てたのに、それ以来ヒットがなくて心配です。
バントサインが出ないのは、1塁を井上と二人でとなった時に同じ役目を求められてるのか・・
昨日もヒットは出なかったですが、ファーストファインプレーがなかったら2点入ったかもしれず、佐々木を助けた事は良かったです。

角中が明日からの2試合欠場との事で、またどのような選手起用になるかわかりませんが、近づいてきた開幕に向けて主力以外がもっと力を発揮できるといいですね。
パラデス (いちろう)
2017-03-13 10:25:46
パラデスは石垣で外野でもノック受けていました。普通に見えましたよ。
Unknown (カマタン8号)
2017-03-13 11:14:36
先発枠も内野も外野も壮絶な譲り合い状態になってきました。まずいのが、試合には勝っちゃっていることです。監督、コーチ陣が勘違いしなければいいのですが。
昨日、三回までWBC見てました。三回、石川がバレンティンに打たれたあと、四球出したところで交代でしょうK監督。何とか抑えたからよかったけど。控えが肩を作ってなかった?。二回もスローカーブ2球続けてさせてホームラン打たれたのは捕手に不満です。5点取られたけど球自体はそれほど悪くはなかったように思います。
それにしても寒すぎた (今年も遠征するぞ! 次は地元で)
2017-03-13 12:13:36
週末の横浜2連戦。
陽ざしはあるものの、風が吹き、3時過ぎるとかなり冷える厳しい現地でした。
こんな状況での背中の張りとのこと、角中選手大事でなければと思います。
今回、エキサイティングシート、初めて座りましたが、見にくかったー。公式戦の価格調べると、すごい世界だね。
先週は、佐々木、涌井選手の順、今週は、ちょうど入れ替えとなった先発でした。
涌井選手は、この後もう1日詰めて開幕戦へ、佐々木選手は、このまま「SUNDAY」になるのか、裏ローテになるかという状況でしょう。
その佐々木選手。恐らく初めての体験だろう先週のドーム球場での試合、埋まったレフト・ライトの鳴り物応援団に囲まれての先発時には、ベンチ前キャッチボールでは大きな息を何度も吐いたりとかなりの緊張感を感じさせましたが、昨日のキャッチボール時には、途中会話したりして明らかに雰囲気が違いました。
ピンチにもバタバタした所もなく(これが一番大事だと考えています)、きっちり投げ終えたことを考えれば、現時点では合格点でしょう。
2012年仙台開幕3戦目。午前中大雨な中、憂鬱な気分で向かった球場には、雨が降る悪条件で好投し、初勝利を手にした藤岡選手がいました。新しい柱が誕生したなとほくほくした気分の時に、その3ヶ月後から今に至るまで先発ポストの獲得に苦しむ彼を予想できませんでした。
あくまでも個人的には、ポジティブに佐々木選手の「福岡デビュー初勝利」を見るぞと思い、帰路につきました。
印象。 (オブ)
2017-03-13 18:35:47
佐々木投手は何となくですが、投げ方や球の軌道が益田投手のそれに似ている気がします。今のところ大崩れはしなさそうな印象ですが、球速が今一つなのとシュート回転するのが狙ってなのかどうなのかが気になりますね。現状では開幕ローテーションは涌井投手、唐川投手、西野投手、二木投手、大嶺投手、佐々木投手でしょうか?
Unknown (さーちん)
2017-03-13 21:23:38
確かに微妙ですねー。
期待が大きすぎたのか、イマイチなようにも感じちゃいますね。
1年通して使い続けてれば調子が上がってくるタイプであればいいのですが。
酒居、関谷あたりももう一つな感じになりつつあるしスタンも出てくるかどうかが不透明だけに先発候補は居るが決め手に欠けるといったところでしょうか。
涌井、石川、唐川、二木、西野、大嶺、現状の調子からいくとこうかもしれませんがまだまだ先発争い注目です。

もうすぐ高校野球、元ロッテの小林昭則の采配がちょっと楽しみな今日この頃です。
Unknown (柏マリン ロッテファン歴44年)
2017-03-13 22:07:48
佐々木はKOされてもおかしくない状態で何とか持ちこたえたという印象。小さく纏まらないことを願います。現時点では過度な期待は禁物、ローテ6番手争いという位置づけですね。涌井石川唐川は確定、続いて西野二木大嶺佐々木の順でしょうか。
打線はショボ過ぎます。パラデス、ダフィはまずまずで期待を抱かせる活躍振り。セカンドコンバートの鈴木は順調。激しい争いを期待したショートと外野は例年と変わりない席の譲り合い。(哀)
ポジション争い組で唯一結果を残しているのは大嶺翔太。このところ外野も守って居ますがショートでも試してみるべきです。中村平沢が結果を残していないのですから、大嶺翔太にもチャンスを与えましょう。
外野は多少無理してでも清田に開幕間に合わせてもらいましょう。岡田の1.2番は見たくありませんし。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。