オリオン村

千葉ロッテと日本史好きの千葉県民のブログです
since 2007.4.16

新生銀行がサービス改悪

2007-08-12 16:14:04 | 独り言

新生銀行がまたサービスを切り下げました。
今まで月間30回まで無料だった振込手数料を、最高10回に激減させてくれました。

私はオークションをやっているので振込回数が多く、そのために月間30回の条件をクリアするため新生銀行にそれなりの金額を預けています。
電話サポートに相談したら「そういうことでしたら長期間になりますが利率の高い仕組債を購入されたらいかがでしょうか」と薦められたので、オークションは今後も続けるので普通預金や定期預金に入れるよりは利率が高い仕組債を薦められるがままに購入しました。
他に仕組債より利率の高い貯蓄方法はありましたが、振込手数料を利息と考えれば新生銀行の方が良いという判断です。

で、今回のサービス切り下げ、酷い仕打ちです。
電話サポートに連絡して購入の際の経緯を説明しても、「担当者が不勉強で申し訳ありません」としか言いません。
挙げ句、「よりよいサービスを受けられるために、さらに預金されたらいかがですか」と言い放つ始末。
私はもうこの銀行は信用できません。

ちょっと見たらサービスが良いように見える新生銀行ですが平気でサービスの切り捨てを行いますので、口座を開く場合はよくよく検討されることをお奨めします。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生命の危機? | トップ | バカ采配と防波堤決壊で屈辱... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
新生銀行の信用 (星英雄)
2007-08-13 22:09:00
利用者の期待
退職し事業を開始するとき、月30回まで他行への送金手数料無料の宣伝に魅力を感じ、新生銀行に口座を設けました。
口座開設から3年も経過しない先日の07年8月1日に新生銀行からメールが届きました。
月30回の無料送金回数を5回とか10回に変更すると言うのです。
広告を見、10年間の定期を設定し、月30回の送金手数料無料を期待した利用者(私)のことは全く考えていません。
例え広告内容であっても、それは約束であり、利用者の期待であり、新生銀行は最大限の努力をして月30回実質無料送金を守るべきことと思います。

法律違反でなければ何をしてもよい?
多分広告のどこかには銀行の都合で一方的に手数料無料の扱いは変更できる旨の記述が、(小さな文字で、分かりにくい場所に、目立たないように・・)あったのでしょう。
だから、手数料無料回数の大幅削減は、違法でも、約款違反でも、説明違反でもないと考え実行したのでしょう。
この経営姿勢は、法律違反で無ければ何を行ってもよいとする考えで到底認容できるものではありません。
このような経営姿勢は何か、国民の批判を浴びた赤城前農林大臣の思考と類似するところがあるような気がします。

先ずは内部合理化を!
送金手数料無料だからと娘夫婦に新生銀行を紹介したこともあり、銀行通の友人に相談したところ、新生銀行だけ銀行界の中で業績が悪いとのこと。
そのためのサービス低下だろうという。
本当でしょうか?信じられません。
また別の友人は、もう既にネットで新生銀行との取引を止めようと考えているとブログを出していました。
友人が承知しているくらいですから、相当業績が悪いのでしょうか。

先ずは、内部の合理化を、今までもしてきたのでしょうが、徹底した合理化をすべきでしょう。
顧客にサービス低下という犠牲を強要すべきではないと思います。

既存顧客を大切に!
少なくとも、既存顧客に、例え法的拘束力がないとしても広告で約束した内容は履行すべきでしょう。(「期待」は、法的な保護に値すると勝手に理解していますが・・)
若し、万一サービス低下をするのであれば新規顧客からその対象とすべきでしょう。
約束し、期待している既存顧客を大事にすべきです。

末期症状ですか?
既存顧客を大事にしない、法令違反で無ければ何をしてもよいとお考えでしたら、経営者の資質の問題でしょう。
一方、既存顧客を大事にしたいがそれすら出来ないとすれば、銀行経営が末期症状と言うことでしょうか?

現状の制度堅持を!出来なければ少なくとも説明を!
(少なくとも既存顧客についてrは)月30回実質無料送金の制度を堅持することを求めます。
出来ない場合には、顧客に経営状況その他の事情を説明する「義務」があるように思います。
お返事 (オリオン)
2007-08-14 00:27:26
全く同意です。

手数料無料の回数を変更する法的根拠は何かと聞いたところ、約款に手数料の変更をできると記載されていると言われました。
それはあくまで手数料の変更であり、無料回数の変更にはあてはまらないのではないかと指摘すると、そういう受け取り方もあるが新生銀行としては問題ないと判断しているとの回答でした。

であれば、この約款を法的根拠として変更したとの文書を出すか、HPにでも掲載するよう求めましたが、それはできないとのこと、全く理解できません。

いずれにせよ、こういった仕打ちをする銀行は自然淘汰されるでしょう。
大手の銀行の中で新生銀行だけ業績が悪いのも、きっとこういった顧客軽視の経営思想が影響していると思います。

市場原理による制裁を受けることを願っています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。