がんになってもぽじぽじいこか

2012年6月食道がん発見、53歳でした。始めての体験で体当たりの治療とリハビリ。見つけたものも意外にあり!

寒い春。時間が遅く自分を見直す

2017-04-21 20:04:22 | 楽に生きる
暦の上では穀雨だというのに

初夏的な日はまだなく(ここは)桜の花びらがまだ舞い散る遅い春です。
朝晩は寒い(甘っちょろい寒さざんすが)

季節がゆっくりなおかげでなんかじっくり考えられて。


色々ありながら体力なく対応力微弱ですが



自分の反応が遅すぎるだけで、周囲はどんどん動いてる感を感じてる。

春とともに閉じている心の扉に気がついて開けていかないとなあ。
人生は風通しいいのが一番。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へにほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 食道がんへにほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本もイースター休暇 | トップ | 好きなことはやれる(遊びを... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
春の扉 (一華)
2017-04-22 15:03:06
コンコン、春ですよ、外に出ると春がいっぱいです。
確かに今年は寒くて、でもこちらは桜が終わり、今日はお散歩で藤棚を見て、いよいよ夏ももう時期です。
しかし夜はまだ湯タンポ、夕方になると手足を氷水に浸けてるような冷たさで。
なんだろ? 体が変わって、ま、あれだけの手術なんかあるだろ、位の気軽さです。
もう深く考えるのはやめました。闇からはなんの生産性もございません。

体調が不安定でお疲れ様Maxになると、頭と心がざわついて、要らぬ思考に走ってしまったり、思いと反する事を口にしたり体が動いたり、まだまだ人間が出来ておらぬと、一人ブツブツ唱えてみたり。

扉がそこにあるのに、バーン!!と開けるだけなのに、なんだか違うなと、あー若い時の弾けるような手足の動きが、まっぶしーぃ、目を開けられないようなあの閃光を、もう1度見たくて、パチパチ瞬きするも霞んで見えて。
なんか何が言いたいんだか、良く解らなくなってますが。

お手紙を下さる方や、(手紙ってのが素敵) 母を思う子や、声がけして下さる方や、善き方々に恵まれて、しみじみと深読みする気持ちがわかるような気がします。

福井は真っ青な空で、一瞬ワンコと海を見に行こうかと思って、海イコールふーみん様で、何をしてるかな~と、心を飛ばしました。
休日の一日が、穏やかな時間であればと。
食べるの確かに疲れますが、(噛みすぎで?)食べなきゃ、泣いても吐いても食べなきゃ、だから食べて!!
下痢がなんだ!!笑
シングルマザーは強し!!
Re:春の扉 (ふーみん)
2017-04-22 17:25:47
一華様

なんという春らしい文章でしょうか。
この長い長い早春を(このまま止まるかと思うほど、ダウンをもいいいでしょとクリーニングに出して大後悔)過ぎるともう初夏なのですね。
足の冷えから解放されてよかった、よかった!

頑張ることって能力、技術よりも「せ〜の」だと思いません?
他人の下駄履いたまま「せーの」って海渡ってしまうような。せーの力って、深く考えない力ですか。

どうなるんだろうなんて絶対はないから扉があったら開けちゃう!で、はどう?

明日は超早起きして故人の散骨セーリングです!
明るくやりたいです。
みんな海が好きなんだなあと思います。
できる限りこういうことはしていきたいです。
(いつ何時、撒かれる立場になるかもね)

二歩進んで三歩下がる? (faze_suki)
2017-04-22 17:36:41
 体調管理が難しいですね。

 季節の変わり目が悪いのか良く分かりませんが、徐々に温かくなったり、寒くなったりするならこの体もついて行けるでしょうが、急な天候や気温の変化にはついて行けない⤵私。

 食事の後は体調が悪くなります。
 特に夕食後は、お腹が張って痛くなります。ふーみんさまと同じところ付近です。
 お腹が痛くて、ソファーに横になるのですが、その痛い張っている場所が移動して、しばらくすると、トイレに駆け込まなければならなくなります。
 出すものを出すと、その後落ち着きます。
 
 二歩進んで三歩下がるという感じを打ち砕き、少しずつ前に進みたいです。
Re:二歩進んで三歩下がる? (ふーみん)
2017-04-22 18:46:51
faze_suki様

私も未だ、夕食後は「着どころ寝」でございます〜〜

でも、ソファって助かりますね。
ベッドほどでもなく休めるって、リビングに居られるっていいです。

感覚と頭が馴染むまでは少し時間がかかるのだと思います。
頭は以前の感覚を覚えていますが、食とかの体の変化はなかなか学習に時間がかかるものです。
実はぐんぐん良くなってるのに、よくなった部分が見えない。
一回失ったものを体が補っていく感覚がなかなかつかめず、実はぐんぐん伸びているのに気がつかず、(以前当たり前だったから)伸びる過程でトラブルを感じると一気にダメっぽく感じてしまったり。

あまりに体が変わったから戸惑ってしまいます。
何が特効薬なんてものはないけど、一華さんが言うように時間が薬で徐々に体になれていくのでしょうね。

本当に感じにくいものですが、良くなっている部分は日々ありますよ〜〜〜

仕事とのすり合わせでは頑張らざるを得ず、大変だと思いますが、楽しんでいきましょうね
それしかないもん

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL