がんになってもぽじぽじいこか

2012年6月食道がん発見、53歳でした。始めての体験で体当たりの治療とリハビリ。見つけたものも意外にあり!

告知は周囲も傷つけていたことをようやく自覚する。

2016-10-15 20:01:05 | がん・腫瘍全般
今頃ようやく気がつくこと

おはずかしながら、術後4年を迎え、復職後3年半を迎え、徐々に社会人として心だけはまともになってきたのでしょうかね。

自分では冷静に対処しているつもりでした。
治療にもまな板の鯉で文句言わず、精一杯自分をキープしていました。
抗がん剤によって自分の体???と思うような異変があっても
(胃が岩のように硬くなって、口内炎ができて)
5Fのキーボードが空いていれば復帰後を思い、まあ、よく練習しました。
家にはピアノがあるっちゅうにちっとも練習しない今とは大違いです
いっぱいいっぱい。
どっちを向いてもいっぱいいっぱい。
考えないで従うことにしました。

術後は吐くことや醜く痩せ老けた自分を好きになることや、ハゲっぽい頭や、黒くなった血管を受け入れて、歩くことを自分の仕事でいっぱいいっぱい。

復職したらきつくてこの頃ようやく倒れることもなくなった。

みて!
何が抜けているか!

自分にいっぱいで人の思いへの気遣いなんて一個もない。


もともと自我が強く自己中

すんごく自覚していますよ。
体育系部活で軌道修正していただいた。
でも、まあ、この自我の強さで「ままよ」とカッコ悪いなあ、食道がんなんて、とか思いながら受け入れ。
ているのは自分だけです〜〜


こう思うに至りました

失敗先生を一枚のテキストにしました。



人の思いを実は告知後いっぱいもらっていたのにぼうっとしていました。

でした。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へにほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 食道がんへにほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村




ジャンル:
その他
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嬉しい金曜日(今週も働けた) | トップ | 年一行事、芋返し »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (美音 みのん)
2016-10-15 20:51:52
28日に手術です。

読ませていただいて 少し落ち着きました。

ここから 闘いがはじまります。

どうか 色々教えていただきたいと思います。

よろしくお願いします。
みのんちゃん様 (ふーみん)
2016-10-15 22:12:48
ようこそ。

いつでもおいでくださいませ、役に立たない私ですが。

戦いは応援します。
心から祈ります。
あなたの心がいつも平安でありますように、
困難に負けない力が与えられますように。

少しでも役に立てば

頑張って!

ガン細胞ときっぱり別れましょ〜〜
ね!

Unknown (おとん)
2016-10-16 00:48:04
私は比較ばかりしてました。
私の目に見えてるのは、同じ病棟の入院患者だけ。
なんせ2ヶ月以上も入院してたので、主のようになり、「あの人は大分良くなった」、「あの人はこれから辛くなるなー」とか、周囲と自分の病状の比較ばかり。
そんな私には、人を気遣う優しさはなかったと思いますわ。
まー、今も優しくはないので、せめて自分のブログでは医療情報など書いて、何かの参考になればと思ってる次第ですねー
ありがとうございます (美音)
2016-10-16 08:21:16
かわいいイラストと共に 読ませていただいて
本当に ホッコリしました。


どうぞよろしくお願いします。
誰も優しくなんかない♪ (ふーみん)
2016-10-16 10:44:06
おとん様

キヨシローなど口ずさんでみました。
いわゆる優しさなど、病の前には吹き飛んでしまいまして(笑)
女子病棟って修学旅行気分が溢れてると看護師が言ってました。死にそうな時もくっちゃべるのが女性なんだね。
深夜になってもPCカシャカシャやってる不良部屋でございました。来る人来る人夜更かしで。

医療情報は本当に人のためになってます!
おとん様実に勉強しておられる。
欲しい情報がなくて、告知後は色々なサイトを転々とし、ため息ついていた頃を思い出します。
今後とも生きた情報をよろおねです。
Re:ありがとうございます (ふーみん)
2016-10-16 10:48:05
美音さま

今のうちにいっぱい食べてくださいね。
特にラーメンやそうめんなど細い麺類を今のうちに堪能してください!食べ歩いてください!

Take it easy!!
Unknown (トリテン)
2016-10-16 19:44:47
子羊さんたちは、どんなにか心配だったでしょうね。
鉄人だと思っていた母さんが、入院手術だなんて。

これが、80才90才なら「もう頑張らなくてもいいよ」と言えるでしょうけど。

だから、私は入院している人のお見舞いが昔から苦手です。
何を話していいのやら、頑張ってと言っていいのやら、盲腸や出産ならいいけど、経過がいいのか悪いのかわからない人のお見舞いは辛いですね。

ふーみんさんは精神力が強いと思いますよ。
こんな風に自分の病気を冷静に受け止めることができるなんて、なかなかできないことだと思います。
ふーみんさん (美音)
2016-10-16 20:56:02
今日 弟に入院の保証人欄に記入と捺印をして貰いました。

主人と二人で入って行った時の 弟夫婦の顔を見て 本当のことは言えない。と思いました。
主人が、喉にポリープがあって、手術で取ることにした。と 話してくれました。

あぁ よかった そういうことね
と 弟

頑張ります!
私も傷つけました (もんど)
2016-10-16 23:31:10
はじめまして、もんどといいます。

みんなも早期発見すればガンなんかこわくないから検査受けてね、というメッセージを込めて去年の年賀状に食道ガンの手術を受けたことを書いて出しました。

これもらった方は重いですよね。今年出さなかったら、あいつ死んだのではと思われかねませんもんね。配慮が足りなかったなと反省しています。
強くなんかないです (ふーみん)
2016-10-16 23:46:52
トリテン様

精神力の弱さ、なさゆえぼうっと生きています。

おかげさまで悩んだ息子は大学中退しちゃいました。
おそらく私のせいだと思います。
勿体無かったなあ、国立大、頑張って入れたのに。

そういうつけは自身ではなく周囲に来ちゃうんですね。

お見舞いの際は今の自分で努めて明るく、日常の顔で接して欲しいと思います。
傷つける側の気持ちはそうです。

こうして生きてられるのは偶然ですが、こういう結果もあるし。
ね〜〜
Re:ふーみんさん (ふーみん)
2016-10-16 23:54:05
美音様

着々と入院準備始まってますね。
弟さんにはゆっくり伝えればいいじゃないですか。
隠し通せるものでもないですから。

夕方から頑張ってスイートポテトを焼きました。
年に一回は生きてる証で今年もやれました。

明日のために医療を受けると思って。
ここが日本でよかった。
アメリカならよほどの金持ちでなければ高額な手術は受けられない。

いい方を見ましょ。

で、今のうちにラーメンを!
Re:私も傷つけました (ふーみん)
2016-10-17 00:03:45
もんどさま

初めまして。
新しい友達ができて嬉しいです、これからも宜しく。

事実は事実ですものね。
毎年、年賀状を出して、当初思った「早期なら治る」を身をもって伝えてくださいませ。

まあ、私なんかもともと反抗的なやつで、クラスメイトに心配をかけ、心配されるからそれに応えねば!と逆により校則を破るおばかでした、そこまでやれば立派、と卒業の際担任に肩を叩かれ握手をされました。
もともと迷惑体質の私。

迷惑は時間をかけて正当化すればいいと思うの。

書き込み、ありがとう、嬉しいです。
周囲への告知 (詐欺士)
2016-10-17 12:44:41
私の場合、数年前トップが肺癌で亡くなった(私が手術を受けた同じ病院)こと等もあり勤務先には正確に告知しました。
しかし、親戚(親兄弟を除く)や友人には「連絡があれば伝える」程度のスタンスで、主にカミさんを介して伝えました。
病気が病気だけに、知っている人は現在もしぶとく存命していることを知るとスゴく喜んでくれます。しかしながら、逆に告知したこと自体がものすごく相手を心配させることだったんですね。あらためて痛感しました。
食べてます (美音)
2016-10-17 20:34:15
ラーメン
パスタ 中心に いただいています。笑
Re:周囲への告知 (ふーみん)
2016-10-17 22:53:27
詐欺士様

私も勤務先上司には包み隠さず話しました。
しばらく休むことも即刻伝えました。

詐欺士さまの場合、奥様が上手に伝えてくれたのですね。
ショックな中、出来た奥様ですね。
しぶとく存命で、お互い頑張りたいですね!
Re:たべてます (ふーみん)
2016-10-17 22:59:24
美音様

さすが!前向きでいらっしゃる!

パスタは術後でも食べられますよ。
すする麺類は今でも食べられません。
咳き込んだり、喉に詰まったり、吐いてしまったり。
個人差はあると思いますが、お素麺とラーメンは封印です。

ともかく食べて食べていくら肥えても大丈夫ですよ、
とことん食べ尽くしておいてくださいね!
Unknown (みふろ)
2016-10-18 12:27:47
そうですね、私も思い返せば告知後は自己中だったような気がします。

自分はもうおしまいだと、がんの悪い情報ばかり探しては自分の殻に閉じ籠っていましたね。でも子供たちにはステージと転院先の病院が決まってからですので告知後1ヶ月位してから言ったような気がします。

みんなどう思ったか聞いてみます。

息子は、親父もおしまいかと思ったのか、嫁はやっと解放されると思ったか。

正直に言ってみろと脅しながら聞いてみます。
え!そんな時期が (ふーみん)
2016-10-18 20:17:04
Dearみふろ様

びっくり!
そんな時期もあったんだ。
みふろ様、私以前の男の人って低反発枕ではなくホテルのコイルベッドのような形を変えない強さがあるんですね。
聞くと、みんなIt’s all right!と感想を言うんじゃないですか、最初に。

いつもながらガッツ精神をいただいています!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL