スポーツ大好き!

スポーツ・公園・花・旅行・ドライブ・写真・パソコン

ウインブルドン男子決勝戦

2017年07月17日 | スポーツ

グランドスラムでは別格扱いの格式が高いウインブルドンの男子決勝戦は、芝の王者と言われる復活したロジャー・フェデラーとマリン・チリッチとの間で戦われました。この試合でフェデラーが3-0でチリッチを下し、ウインブルドンで8回目という最多優勝記録と35歳での優勝という最年長記録を達成しました。その上、今回の大会では1セットも落とさないという完全記録も達成しています。凄いですね~これでフェデラーは世界ランクが3位に上がったそうです。

試合はフェデラーが6-3、6-1、6-4でまさに完勝でした。2セット目の途中でチリッチはメディカルタイムアウトを取り、足の裏の治療と薬を飲んでいましたから、完調とは言えませんでした。それにしてもフェデラーは上手くて、サービスエースはどんどん決めるし、コーナーショットもビシビシと決めて巧さを見せつけた試合でした。膝の手術の後復帰まで少し時間がありましたが、まさに不死鳥のように蘇りましたね。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウインブルドン女子決勝戦 | トップ | 整形外科 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。