スポーツ大好き!

スポーツ・公園・花・旅行・ドライブ・写真・パソコン

錦織決勝で敗退

2016年11月01日 | スポーツ

錦織選手(ランク5位)がATP500の試合であるスイスのバーゼル大会で決勝に進みましたが、チリッチ(ランク12位クロアチア)に、1-6、6-7のストレートで負け準優勝に終わりました。長身(198㎝)で弾丸サーブを持つチリッチ選手には錦織選手は今まで7勝4敗で勝っています。しかし一昨年のあの全米オープンでジョコビッチを破り、初めての決勝戦でこのチリッチに負けてグランドスラム優勝という金星を逃した相手でもあります

この試合、チリッチは絶好調でサービスエースはどんどん決まるし、リターンは深くてラリー戦でも反撃のチャンスを与えてくれませんでした。1セット目で1-6と2ブレークされた時点で、「今までのチリッチとは違うなぁ。もしかしたらこの試合は勝てないかも?」と感じました。2セット目はタイブレークになり、錦織が2回セットポイントを握ったものの、ダブルフォールトでこのセットを取れなかったのが敗因。ファーストサーブの成功率も低くリターンも良くなかったですね。それにしても、チリッチにはかなり左右、前後に走らされましたが、フィジカル面は大丈夫だったようですから、次回の試合を楽しみにしています。このバーゼル大会後、決勝に残ったので、世界ランキングはチリッチが10位に上がり、錦織選手は自己最高タイの4位に上がりました。次の試合はパリで開催されているパリバマスターズ(ATP1000)の第5シードで2回戦からの出場になるので、2日以降になるそうです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パークゴルフ大会 | トップ | 錦織選手パリバマスターズ大会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。