目覚めた孔雀

思いついたことを、ぼちぼちと。

悲しいかな、ああ、悲しいかな。

2017-07-10 11:11:15 | 目覚めた孔雀の今日の日記。
今、朝食兼昼食を食べていました。
食事中、急に父方の実家の前の庭のイメージが目に浮かびました。
そして、亡くなった父方の祖母の声で、ここがおまえの家(うち)だ。
そう言われたような気がしたのです。

そこは、父方の祖母の遺志で、私の従兄弟のお姉さんが跡を継いだ土地。
だから、私には関係ないと思っていたのですが、今、父方の祖母にそう言われたような気がしたのです。

考えてみれば、僕にとっての本当の田舎は、母方の実家ではなく、父方の実家であるはずなのです。
そして血統からいえば、私は長男の長男。
つまり、父方の祖父の、正当なる後継者なのです。

それなのに、祖母と母の仲が悪いゆえに、墓所も実家もいとこのお姉さんが継いだ。

たぶん田舎のいとこのお姉さんは、墓所も実家も放棄したのかも知れません。

こんな天地の理(ことわり)に反したことは、いつまでも長続きするわけはありません。

私は、オカルトは信じないたちですが、もし、天地の理が存在し、田舎の家と墓所を継ぐのが、ご先祖様の遺志ならは、天地の秩序に従って、私は田舎の家と墓所を継ぐことでしょう。

それはさておき、悲しいかな。
父を祀った仏壇は、いつのまにか、母方の先祖を祭る怪壇と化しています。

悲しいかな、ああ、悲しいかな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生まれて初めて土星を見ました。 | トップ | 8月の骨董ジャンボリーの、... »

コメントを投稿

目覚めた孔雀の今日の日記。」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL