特殊清掃「戦う男たち」

自殺・孤独死・事故死・殺人・焼死・溺死・ 飛び込み・・・遺体処置から特殊清掃・撤去・遺品処理・整理まで施行する男たち

嫌われ者

2017-05-12 08:36:46 | 動物死骸特殊清掃
自分の能を棚に上げて人を羨み、自分の格を棚に上げて自分を蔑みながら、人がやりたがらないことをやって、それでお金をもらって生きている私。
これもまた誰もやりたがらないことだけど、動物死骸の始末も仕事の一つ。
ただ、現場は、あくまで私有地や私有建物内。
誰しも、公共の道路に転がる犬猫等の轢死骸を見たことがあると思うけど、そういうのは範疇外。
役所と混同して無料処理を依頼してくる人も少なくないけど、さすがに無料ではできない。
「無料ではやれません」と断ると、「悪い業者」「冷たいヤツ」みたいな雰囲気で憮然とされて電話は終わるのだが、何か悪いことをしたみたいで後味が悪い。
そして、精神が弱っているときには、こんな些細なことがいつまでも心に引っかかったりして、自己嫌悪に陥ってしまうこともある。

対象物として圧倒的に多いのは猫。
少し前も、とある会社の工場で、機械に入りこんだ猫を取り出した。
充分に腐敗し、ウジも大量発生。
とっくになくなった眼球跡に掬うウジを見たら、可哀想やら気味悪いやら。
しかも、硬直した脚が機械に挟み込まれて なかなか抜けず。
しかし、骨を折るのは躊躇われるし、足を切断するのは心情的に不可能。
直視すると気持ち悪さが倍増するので、視線は他に向け、手探りで猫を掴み、頭の半分では猫の形状と動きを想像しながら、もう半分では“晩酌の肴は何にしようかな”なんて 全然違うことを考えて気を紛らわしながら、何とか猫を引っぱり出した。

しかし、こんなのまだ軽い方で、中には、ここで書くのは躊躇われるくらい悲惨・凄惨な現場もある。
昔、猫の共食い現場のエピソードを書いたことがあると思うけど、残念ながら、たまに そのレベル、またそれ以上の現場も発生する。
特に、死骸の数が多い現場は凄惨を極める。
ペットは、人間と違って自殺したりはしない。
また、余程の条件が揃わないかぎり、孤独死することもない。
大方の死因は、飼育放棄や虐待等、人間のエゴや身勝手な振る舞いによるもの。
人間の悪意によって命を落とした数々の腐乱死骸・・・
そんな目に遭った動物達があまりに哀れで 怒りの涙が滲むことがあり、また、その始末をしなければならない自分があまりに惨めで 戸惑いの涙が滲むこともある。



「マンションの屋上に鳥の死骸があるので片付けてほしい」
不動産管理会社から、そんな依頼が入った。
「気持ちが悪いので近づいて確認はしていないが、犬猫ではなく鳥であることは遠目にもわかる」
とのこと。
犬猫と違って、鳥の死骸現場はライト級であることがほとんど。
しかも、天井裏とか床下とかではなく、立ち歩ける場所なので作業はしやすい。
というわけで、私は、結構 気楽にその話を請けた。

鳥死骸があるのは、マンション屋上から更に上の給水タンク設備の上。
そこに行くには、屋上からハシゴを昇らなければならなかった。
屋上を囲っているのは細い鉄柵のみで、生暖かい風がビュービュー。
とにかく、子供の頃から高い所が苦手な私。
屋上にいるだけでも尿意が刺激されたのに、更にその上に行かなければならず、気楽に出向いたはずなのに、結局、なかなかの緊張を強いられるハメになってしまった。

私は、何度もハシゴを昇降するのはイヤだったので、必要になりそうな道具一式を袋にまとめ、それを背負い、及び腰で給水タンクのハシゴを昇った。
そうして到着した給水タンク設備の上は、平面で障害物もなく二足歩行が可能。
また、たいして広くもなく、死骸は探す間もなく発見できた。
しかし、その形が どうもおかしい。
私は怪訝に思いながら、ゆっくり死骸に近づいていった。

「アララ・・・そういうことか・・・」
大きさと色から判断すると、それは鳩とかではなくカラス。
が、頭や足はなく、肩方の翼と肉が半分なくなった胴体と内臓少々。
何がどうなってこういうことになったのか・・・気の毒というか、とても悲惨な状態になっていた。

「気持ち悪・・・さっさと片付けて、とっとと帰ろ!」
高所恐怖症に死骸の気持ち悪さが加わった私は、作業に取り掛かるべく死骸の傍にしゃがみ込んだ。
そして、片手にビニール袋を持ち、もう片方の手で翼の先を摘まもうと手を伸ばした。

「痛ッ!!」
そこは屋上、横にも上にも何もないはずの場所で、突然、私の頭に何かがぶつかった。
慌てて視線を上げて辺りを見回すと、周囲を囲む柵に二羽のカラスがおり、私の方をジッと見ていた。

「なんか恐いな・・・」
“高所”というアウェーで、しかも、私一人対して敵は二羽。
私の中には、それまで味わったことがない妙な恐怖感が沸いてきた。

「仲間を守ろうとしているのか?」
まず、私はそう思った・・・そう思いたかった。
しかし、どこからどう見ても、死骸の状態はそれを否定するものだった。

「ひょっとして、これ(死骸)はコイツらの餌?・・・餌を取られまいとしているのか?」
そう思うと、風は冷たくなかったのに寒気がしてきた。
そして、冷静に考えればただのカラスなのに、二羽が私の動きを封じるため 悪魔的な威圧感を醸し出しているように思えてきた。

「・・・ということは共食い?」
“共喰い”って独特の地獄感がある。
仲間を守ろうとしたのか、餌を奪われまいとしたのか、真のところは定かではなかったけど、状況から判断すると可能性が高いのは後者の方で、私の背筋には悪寒が走った。

「くわばら くわばら・・・」
こんな所に長居は無用。
私は、騒ぎだしたカラスを威嚇しながら、そそくさと死骸を掴んでビニール袋に突っ込み、そして、飛び降りるようにハシゴを降りていった。


通り行く車を避けながら、道端で死んでいる犬猫の死骸を喰うカラスを見かけることがある。
内臓を引きずり出し、肉を啄(つい)ばみ、生をつないでいる。
生きるために必死でやっているのだろうに、その姿は、とても浅ましいものに見える。
そして、ただのエゴと偏見でしかないのがわかっていても、 “生きようとするたくましさ”ではなく“生きることの寒々しさ”を覚える。
また、燕や雀など、可愛らしく思える鳥が多い中で、カラスにはそれがない。
全身 真っ黒の喪服色は死や悪魔を連想させ、また、その乱暴な雑食性が 悪い印象を抱かせるのだろう。
夕暮れ時など、たくさんのカラスが集まって空中を旋廻している様が、何か不吉なことが起こるような不安感を覚えさせることもある。
あと、悪意はないとはいえ、ゴミ置場を荒らされて迷惑を被ることも多い。
だから、嫌われ者になってしまうのだろう。

しかし、よくよく考えてみると、自分と重なるところがなくはない。
残念ながら、私は人に好かれるタイプの人間ではないうえ、人に嫌われる仕事をしている。
それなりに人に対する礼儀やマナーは重んじるほうだけど、それ以前に、面白味のない人間である。
バイタリティーとかユニークに欠け、眉間にシワをよせ仏頂面で過ごしていることが多い。
しかも、性格は神経質で内向的、そのうえ、笑顔も少なく暗い(こういうことを書くこと自体 性格が暗い証拠)。
ネガティブ思考が常で自虐好き。
何かと細かく、その上、結構、わがままだったりする。
したがって、人から好かれにくいのではないかと思うし、自分でも嫌っている。
もちろん、“誰からも嫌われてしまう”なんてことはないと思うけど、関わっても楽しくないなんてことは多いにあると思う。
だからと言って、極端に寂しい思いをしたり孤独感に苛まれたりすることはない。
もともと、人づき合いが苦手で、一人きりの空間や時間を好むほうだから、いつまで経っても変われないのだろう。

それでいて、気が弱いから孤高にはなれない。
人の目をかなり気にしてしまう。
しかも、年の功によって、少しずつでも それが解消しているのではなく、それどころか、歳とともに増している。
自分の仕事について外で多くを語ることはなくなり・・・語りたくもなくなっている。
今とは逆に20代の頃は自分の仕事を自慢していたくらい。
気持ち悪がられようが、奇異の目で見られようが、そんなの気にならなかった。
(極端に見下されたり敬遠されたりすると、落ち込むようなことはあったけど。)
それどころか、「フツーの人間にはできない仕事をやってるんだ!」とばかり、内心で得意になっていた。
それが、今は、この始末。

“非社会的”とはいえ反社会的なことをしているわけでもないし、誰かに迷惑をかけているわけでもないのだけど、いい印象は持たれないのがこの職業。
カラス同様、生きるために必死でやっているだけなのに、
「ヤクザな感じの人が来るのかと思った」
「ぼったくられたり、強引に契約させられたりするかもと不安だった」
等と、依頼者や関係者に言われることも少なくない。
また、言葉だけではなく、実際に人からそのような扱いを受けることもあるし、明らかに気持ち悪がられることもあるし、それで、悔しい思いをしたり 惨めな思いをしたりすることもある。

だったら、人に心象や人の評価なんか気にしなければいい。
気にしなければ楽なもの。
しかし、なかなかそういかない。
どうしても人の目は気になり、ときに虚勢を張り、ときに格好をつける。
なりきれないのに八方美人になろうとする。
必要以上に好かれようとするから、大きなストレスがかかる。
必要以上に善い人に見られようとするから、大きなストレスがかかる。
だから、疲れるし、自分に嫌気がさしてくる。

私も、ただの愚人。
欠点や弱点、直したいところや変えたいところはたくさんある。
嫌いな点はたくさんあるけど、それでも、基本的に、私は自分が好き(大切)。
だって、私は自分、私の命を持っているのは自分、私の人生を生きているのは自分なんだから。
ただ、人の目や世間体を気にし過ぎて、人に好かれようとし過ぎて、いつの間にか、好きになれない自分になっていることがある。
自分の中で、世渡り上手の嫌いな自分が大きな顔をしていることがある。

そうは言っても、この世知辛い世の中を うまく渡っていくためには、自分を殺した社会性と自分を殺す術が必要なことも事実。
だからこそ、たまにでも、短い一時でも、自分と正直に向き合ってみることが必要なのかもしれない。
駄欲を捨て、見栄を捨て、怠惰を捨て、想いを“どう生きていきたいか”の一点に絞って、誰もいないところで 一対一で自分と向き合うことが大切なのかもしれない。

だからと言って、それで自分の境遇や周りの環境が激変することはない。
自分が大きく成長したり変化したりすることもない。
ただ、一時的に、自分とってマシな自分が現れるだけかもしれない。
自分の中にいる嫌われ者が、ちょっとだけ自分の中に居づらくなるだけかもしれない。
しかし、自分を“自分を大切にする”という本道に戻すきっかけにはなる。
同時に、“自分を大切にするって、自分を楽しませることばかりでも、自分を甘やかすことばかりでもない” という教示と、“自分を鍛えること、叱ること、励ますこと、養うことも然り”という教訓を受け取るための知恵を育んでくれる。
そして、そのわずかなことの繰り返しと積み重ねが、好ましい自分をつくっていく。

それが、その先にある、
“自分を大切にできなければ、人生を大切に生きることはできない”
という真理に自分を導いてくれ、人生を好ましいものにしてくれるのではないかと 私は思うのである。


公開コメント版

動物死骸についてのお問い合わせは
特殊清掃プロセンター
0120-74-4949
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Enjoy life | トップ | 逃げ道 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

動物死骸特殊清掃」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。