子どもたちに未来を

日本の明るい未来を創るには、ものづくりの心と教育が大切です。そんな願いを込めて・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

高校生インターン

2012年08月08日 | 教育
今日は地元高校生のインターンの受け入れで、レンガアートをやってます。

どんな作品が出来上がるか楽しみにしています。\(^o^)/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子ども会キャンプ

2012年08月06日 | 教育
2泊3日11市町合同の東尾張地区子どもリーダー研修会が終わりました。

猛暑の中、テーマも防災とあって全て野外生活のサバイバルな3日間を子どもたちと過ごし、日焼けの熱と疲労でぐったりしています。

子どもたちの生命力に感心させられました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子ども会

2012年07月24日 | 教育
昨日は子ども会の歓送迎会で盛り上がりました。\(^o^)/

先日5000人を迎えて大成功したフェスの話、8月開催の子どもオリンピック、次年度50周年イベント、非日常体験の大切さ・・・など。

子ども会は知名度はあっても、実際にどんな組織で何をしてるのか、意外と知らない方が多いと思いますので、是非、こちらをご覧ください。

www.clays.co.jp/sekoren


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

働く「場」づくり

2012年07月23日 | 教育
少子化、いじめ、医療、年金、政治など、様々な社会課題を話し合うと殆どが家庭、地域、学校の教育課題に行きつき、教育成果として学び、遊び、働く事を考えると、働く場だけは個人でどうすることもできない課題として残ります。企業は生き残りをかけてリストラと雇用調整をすすめていますが、社会全体で見れば非常に危険な状況でこれ以上、個人消費が落ち込めば日本全体が負のスパイラルから抜け出せなくなります。労働と消費の人口減少でGDPをあげるには一人あたりの賃金と消費をあげるしかなく、単純に働く「場」をつくることが地域においても最大の課題となります。特に就業率の低い女性が働ける職場環境の充実や、新規産業の創出に今後とも力を注いでいきたいと考えていますので、労働意欲のある方は、今後とも、よろしくお願い致します。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どうなる日本?

2012年07月20日 | 教育
子どもたちや一般市民を犠牲にして、なぜ?そこまでしないといけないのかわかりません。(-_-;)

1)原発再稼働について
大地震、津波が発生したら、日本は近隣諸国を巻き添えにし、莫大な命が犠牲になることを承知で原発を稼働させていますが、今や日本の原発は世界最大の殺人兵器じゃないでしょうか?

2)増税について
過去、消費税導入と増税時は、増税して減収となりましたが、今回も一緒と思います。一部の大手企業への対策で、生活を厳しくし、更に子どもたちの未来に重たいツケをまわしていいんでしょうか?

3)PTTについて
日本の農業のみならず、医療・保険などが自由貿易のもとに規制され、ただでさえ働く場所がないのに、更に就職難で、大量の失業者を出してもいいんでしょうか?

子どもたちのために、みんなで考えましょう!!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

教育について思うこと。

2012年07月19日 | 教育
子どもの未来のために教育を推進する三つの大事な視点。

①全ての子どもが対象になっているか?
教育は全ての子どもに教育を受ける権利があり、学校、成績問わず、全ての子どもを対象に考えています。

②教育の目的が、持続可能な社会をつくるための総合的な人間教育となっているか?
教育は偏差値に囚われず、常に命の大切さや人への思いやりが最優先されなければなりません。

③教育を社会全体で捉えているか?
教育は社会全体の課題であるため専門家や特定団体でなく社会全体の意見を受けてすすめていかないといけません。

なかなか難しいですが、いつも、こんなことを振り返りながら活動しています。

※写真は先日行われた大村知事とのディスカッション風景。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大村知事と語る会、無事、終了しました。

2012年07月16日 | 教育
大村知事との対談、無事に終わりました。自己紹介が時間オーバーで反省ですが、想いの70%ぐらいは伝えることができたと思います。後は、政策にどれだけ活かされていくか?簡単には変わりませんが、しっかりと見守っていきたいと思います。また、参加された方とのつながりや、傍聴者で懐かしい方との出会いもあり、準備までドタバタでしたが、楽しい一日を過ごすことができました。写真は大村知事に夢たまごをプレゼントしてのツーショットですが、夢たまごも皆さんに気に入っていただけました。\(^o^)/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大村知事と対談。)^o^(

2012年07月15日 | 教育
いよいよ明日は大村知事との対談です。特に女性視点での子育てと教育について、自分の今までの想いや実績を踏まえ、政策に活かして頂けるように提案させていただきたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

公民館便り

2012年07月13日 | 教育
今年度から公民館会報部長を務めさせていただいていることから、年に3回ほど全戸配布の

公民館便りを担当することになり、今回は、第一稿目。

委員からいただいた写真から記事を創造し(-_-;)、コピーや全体デザインを考えて、

オンデマンド印刷会社に入稿。いつもの前日徹夜作業でなんとか切り抜けることができました。

これもソフトのお陰で、素人でもプロ並みの新聞をつくることができ助かってます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マナー講座

2012年07月12日 | 教育
マナー講座を終え、校長室に戻り、瀬戸キャリア教育についてディスカッション。
瀬戸キャリア教育は学校のみならず、企業、家庭においても大切な学びの場と
なっていることを実感しています。\(^o^)/

でも、職場体験先企業・講師の開拓・育成、親教育、プログラム開発は

まだまだで、今が一番大切な時期。(>_<)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遊び『場』

2012年07月08日 | 教育
子ども会フェスティバルは5000人の参加者で、大盛況でした。

普段、バーチャルなゲームから、リアルに体験できる遊びは子どもにとっては新鮮で、

こうした遊びから、こどもの夢や、創造力が育ちます。

こうした場を少なくしているのも大人の責任かも?(ーー;)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インターン高校生訪問

2012年07月05日 | 教育
インターンシップを希望する元気な女子高校2名が会社を訪問。子ども会フェス、レンガアート、福島の子ども企画にもチャレンジしていただく予定。教えるだけでなく、企業としてもキャリアが試されるので、ドキドキワクワクです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大村知事と語る会

2012年06月29日 | 教育
24年度の大村知事と語る会に参加させていただくことになりました。

こちらは、大村知事が自ら司会を務め、8名の市民で「男女共同参画社会実現に向けて

-女性が元気に活躍できる社会-」をテーマにディスカッションを行います。

今後の政策にも活かされていくので、すごく楽しみにしています。

自分の提案は、「女性が活躍できるCSR&子育て・教育」で、

会社の実績紹介と元気な愛知をより元気にするために、はりきってますので、

よろしくお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

社会を明るくする会

2012年06月18日 | 教育
文科省が推奨する全国の取り組みですが、瀬戸市でも協議会が開催されました。

市長、議長、教育長をはじめ、警察、福祉など、様々な分野から27名の代表が集まっています。


冒頭の挨拶から、どんな事故、事件であっても子どもの命が亡くなることは

一番不幸なことであり、あってはならないことと共感しました。

子ども会の役割としては、子どもの健全育成は当然ですが、やはり、

子どもの笑顔があふれるまちは犯罪も少なく、明るい社会であること、

それは、勿論、大人の責任であり、子ども会の大きな役割であると

お話しさせていただきました。

こうした皆さんと、今後とも真剣にまちづくりを議論していきたいです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原発再稼働

2012年06月17日 | 教育
ついに、原発稼働が決まってしまいました。

子どもたちにはどう、説明したらいいのかわかりません。

「大人たちは人の命より、一時のお金を優先して、君たちの未来はないよ。」

っと、言ってるのと同じですよね。





自然災害は、戦い抜いて、知恵をつけ、その感性が育まれて

今の時代がありますが、原発は国土全体に襲いかかり、逃げ場もなく

生きることすべてが奪われてしまいます。


それを三党合意で認めてしまったため、呆れてものが言えません。

次の選挙で原発反対の政党でも立ちあげて阻止するか?

再度、震災での放射能被害を待って、反対運動で阻止するか?

あとは海外に逃げるしかないですね。


100歩譲って、原発を止めるから消費税をあげさせてほしいとなら、

国民の理解も得られたはずで、結局は、お金がほしいので原発を

稼働したいだけですよね。


世の中、お金じゃないことを社会に伝えたく、今の市民活動がありますが、

真逆な社会で、これ以上、残念なことはありません。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加