さかさまの虹 -憂鬱な日々の記録-

管理人が日々思うことを延々と綴ります

信じるもの

2017-02-13 18:16:55 | 思ったこと
タレントの清水富美加さんの引退&出家。

色々な意味で?????となりました。


しかし、よくよく考えると、納得できる部分もあるような気がします。

人は心の拠り所にするものが必要です。
無神論者ですら、そうだと思います。

彼女の場合、一番心が弱っている時期に、心の拠り所としている宗教に救済を求めた。

それだけの話なのかもしれません。

年齢的にも、タイミングとしても珍しいたけ・・・なのかも。


ことに、自分に置き換えた場合、出家したい、と思ったことはあります。

ただ、それは逃げという意味で。

厭世的な気持ちになり、こんなことなら出家して、世間と離れたい、などと安易に考えたりもしました。

出家を逃げにしている時点で、あまりにも甘い考えな訳ですが・・・(笑)


出家の話から派生して、私の実家の話を少ししてみようかと。

我が家はかなり熱心な仏教徒だと思います。
法事は勿論、お彼岸、お盆は欠かさずお墓参りに行きますし、母については祖母の月命日にもお墓参りにいく徹底ぶり。

そんな父母から、お墓参りやお彼岸などの重要性を説かれながらも、自分は凄く他人事なんですよね。

最低限の行事には参加するものの、それ以上をしようという気になれないのです。

墓守にいずれなる、という自覚が一切ないと言ってもおかしくないくらいです。

それはそういう教育の反動なのか、元々の性格なのかはさておき。


私の代でお墓参りという文化が潰えるかもなぁ、という感じです。

少なくとも、娘に、仏教徒としての自覚を・・・みたいな話をする気もありませんし、お墓参りも極力最小限になると思います。

ある意味、現代的な考え方に染まっているのかもしれません。

もし、自分が死んでも、その後法事を何度もやってもらうのも、残された人に負担だと思うので、跡形もなく焼いてしまってほしい。。そんな想いです。


自分が異端なのか、世間的には普通なのか、わかりません。

いずれにせよ、20、30年後には日本古来の仏教や神道についても、今とだいぶ変わっていると思うので、そのときに色々と考えたいものです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 65キロ | トップ | やる気よ、やる気 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

思ったこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。