クラヴィコード徒然草ーLife with Clavichord

クラヴィコードとチェンバロ製作にまつわるあれこれを綴ります

ALTEC Model 19 ネットワーク(共振回路の調整)

2017-04-04 18:11:44 | 日記

アプリを使った測定で1000Hzにピークがあることがわかったが 聴いていても高音にピークがあるような気はしていたのでネットワークを調整してみた
802-8G側に入った共振回路はディップフィルターとして2500Hzあたりを下げる設定になっていたが1.3mHのインダクタはそのままでコンデンサだけを18μFに変更した(容量の算出はこちらのサイトのお世話になっています)

その結果がこちら


1000Hzのピークはキレイに消えて試聴でもピークは感じなくなった(^^)
その代わり2000Hzから4000Hzのあいだが少し持ち上がったが聴感上問題はなさそう
今までなら手探りでやっていたネットワークの調整が無料のアプリを使ったお手軽測定で的確に修正出来るのだからいい時代になったものだ(^^)

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ALTEC Model 19 ネットワーク... | TOP | ALTEC Model 19 スーパーツィ... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。