★私のクラシック音楽館(MCM)★ クラシック音楽研究者  蔵 志津久            

クラシック音楽のCD/DVDによる名曲・名盤の紹介および最新コンサート情報/新刊書のブログ

◇クラシック音楽◇コンサート情報

2017-02-09 08:04:15 | コンサート情報

 

<コンサート情報>

 

~千住真理子 & スーク室内オーケストラの共演~

グリーグ:組曲「ホルベアの時代から」 op.40
カッチーニ:アヴェ・マリア
モーツァルト:ヴァイオリンと管弦楽のためのアダージョ K261/3声のアレルヤ K553
バッハ:2つのヴァイオリンのための協奏曲 BWV1043
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集「四季」

ヴァイオリン:千住真理子

管弦楽:スーク室内オーケストラ(コンサート・マスター/ヴァイオリン=マルティン・コス)

会場:東京オペラシティ コンサートホール

日時:2017年2月15日(水) 午後7時

 ヴァイオリンの千住真理子は、1977年第46回「日本音楽コンクール」に最年少15歳で優勝。1979年第26回「パガニーニ国際コンクール」に最年少で入賞。1985年慶応義塾大学文学部哲学科卒業後、指揮者故ジュゼッペ・シノーポリに認められ、1987年フィルハーモニア管弦楽団定期演奏会でロンドンデビュー、88年サンタチェチリア音楽院管弦楽団定期演奏会でローマデビューを果たす。1999年ニューヨーク・カーネギーホールにおいてソロ・リサイタルを開き成功を収める。2015年にデビュー40周年を迎え、日本画家である博氏、作曲家の明氏とともに、芸術家三兄妹の今後の活躍は大いに期待されている。

 スーク室内オーケストラは、チェコの作曲家ヨセフ・スークにちなんで、その生誕100周年となる1974年に設立された。2000年までは、作曲家の孫にあたる同姓同名のヴァイオリニスト、ヨセフ・スークが芸術監督を務めていた。現在の芸術監督は、コンサートマスターのマルティン・コス。

『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◇クラシック音楽CD◇ドイツの... | トップ | ◇クラシック音楽◇新譜CD情報 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コンサート情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。