干し柿つくり

2016年11月05日 | Weblog


北と言う漢字は 「 ほく 」 と読みます。その前にある漢字により少し発音が変わります。昨日行ってきたところは県北地区で 「 けんぽく 」 と言います。「 けんぽ(po)く 」 と入力すると、辞書では県北と出てきます。(画面では 濁点(゛)なのか半濁点(゜)なのか判明しないので、po と bo とアルファベットで一部表記しています

 しかし、「 とうざいなんぽ(po)く 」 と入力すると 東西南北 と言う漢字は出て着ません。「 とうざいなんぼ(bo)く 」 と入力すると 東西南北 と出てきます。 統一性がありません。そういうことを管理している文句科学省に文句を言いたいです。

 

干し柿を吊るしました。

 

途中から結び方を変えました。とても能率があがりました。ハシゴの上で縛るのはちょっと気を使います。重さがあるので、ストンと落としそうな感じになります。最初から紐を輪にして置いたほうが楽で、時間も短縮されます。

昨年は二個結わえておいて、それを振り分け分荷物のように竿に引っ掛けました。

   

隣からもらった柿です。自分でも干し柿の木を植えたのですが、温暖化現象のせいでしょうか、寒くなる前に熟してしまって、今頃にはもうほとんど落ちてしまいありません。
干し柿用の品種ではなく、焼酎などをヘタのところに付けて渋抜きをする渋柿の、この10年くらいは早く熟してしまい、食べないうちに落ちてしまっています。



  
 
きのう撮ってきた風景です。

  

流れている川は久慈川。モミジが紅葉してきました。

  

展示会場(旧家和楽青少年の家)に貼ってあったもの

朝は10時頃までは曇っていて、一時は霧雨かなと思われるものが落ちてきたのですが、すぐに止んでしまい、少しずつ晴れてきました。
その後はとても良い日になりました。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« KENPOKU | トップ | 時は移り・・・ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (フッジサーン)
2016-11-06 17:57:28
干し柿、懐かしい景色です(^^)これ、干して何日くらいが食べ頃なんでしょう?見かけるとそんな事を考えながら眺めています(笑)
フッジサーンさん (spa)
2016-11-06 18:20:37
懐かしい風景でしょう。
どれくらいか、日数を数えたことはないのですが、だいたい外側の色具合によって、そろそろ食べごろかなと試食してみて出来具合が分かるということですね。
年により天候も多少違うことも影響があるkも知れません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む