稔るには稔ったのですが

2017年05月14日 | Weblog


草を相手の仕事が少しずつ増えてきました。ずいぶんしっかり雨が降らなかったのですが、いったん降ったら、その後はどんどん振ります。何か極端な気がします。

 

ドウダンツツジの植え込みの中に種が落ちたのでしょうか。アケビの蔓がでてきました。これは他にも植えてあるところがあるのですが、その上にまたどこかに植え替えるべきか、それとも根っこごと掘り出してしまうべきか。それとも、このままにして、毎年選定すべきかとうか迷っています。

ふつうですと、こういうところに生やしておいてはおかしいと言うのが法則なのでしょうけどね。私はあまり流儀にはこだわらないたちですので・・・・・。

 

その近くの松。これがやっかい。針のような葉に刺されながら芽を摘まなければなりません。いつやるかですね~。松はやっかいです。し松(始末)が大変です。おそ松でした。

 

うまく写りませんでしたが、今年は植えて何年経ったか数えていませんが、珍しくサクランボの実がたくさん生りました。

今までは、ほんの少しだけで野鳥の餌になってしまっていました。サクランボじゃなくって 稔らんボ でしたね。

 

近くで見るとこんな風に、けっこう熟しがかっているようです。肥料はほんの少しですがやっておきましたが、たぶん今年も駄目だろうと思っていたくらいですから、まだ少なめだと思います。

と言うことは、甘味が少ないかも?? 

とにかく、ひっかかる枝に苦労しながら防鳥ネットを張ってみました。実のなるものは、鳥を寄せ付けないようにするのがやっかいです。

細い柱を四隅に立て、完全にネットで囲ってしまった人が居ました。時々、そこを通ることがあるのですが、あまり何年も経たずにネットがなくなり、サクランボの木も無くなっていました。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨と白菜と夕焼け | トップ | 湿っぽい日が多ければ雑草の... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
黒松 (ぎゅうちゃんのエコ家庭菜園)
2017-05-15 12:04:55
黒松は元気がいいので、新芽をたくさんだして、手入れが大変です。風通しが割るくなり、10センチを越える毛虫がはりついているときもありぞっとしますね。
ぎゅうちゃんさん (spa)
2017-05-15 17:24:49
松はどうも苦手です。葉がとがっていてちくちくするし。
黒松は葉が多く硬いです。
毛虫には困ります。松の無い庭というのは、たぶん駄目なんでしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む