水無月

2017年06月19日 | Weblog


雨は一日中降られると退屈しますがお昼過ぎ頃やんだのでホッとしました。まだまだ欲しいですが、あとは時々降ってくれないかなと思っています。あまりにも降らなかったので困りました。

 

コノハズクと言う鳥だそうです。私には、この種の鳥は、知識が乏しいですので全部フクロウとしか思えません。
アオバズクという名前は聞いたことはあります。あとはどんな種類があるのか分かりません。

サイトはいろいろありますが
  http://www.ax.sakura.ne.jp/~hy4477/link/zukan/01-tori/thum-tori/thum-fukurou.htm

 

陸田ですが、せっかく水を入れたのに乾いてしまったようです。後日、たまたま田んぼに人がいたので聞いてみたら、一部に地中で粘土が抜けているところがあり、そこを塞いでいたのだが、壊れて水漏れしてしまい、そこから地下に水漏れがしていたとか。何で塞いでいたのか。ビニールでも広げて埋めておいたのでしょうか。

 

咲いている花の数は数えるほどですが、秋桜が咲き始めました。秋桜は文字にも秋の字が入っていますが、もう咲いているとは早いものですね。

 

今はバラですね。散ってしまったものもありますけど。

 

柿は大好きなので、楽しみです。今年も沢山生ってくれるとイイナと思っています。実はついていますが、なるべく落ちないでいて欲しいです。

 

 

蝶が舞い、蜂が蜜を吸いにくる今頃は花の種類も多くて一番の時期です。

西欧では六月が一年で一番良い季節なのだそうです。日本では六月というと雨の季節ですけどね。
雨が多いのに、水無月とはいかに???  記憶に間違いが無ければ、「水の月」だそうで、「な」は「の」と言う意味だそうです。それを「無」と感じを当てたので???と思ってしまいますね。

ただ、水無月は旧暦で言う言い方なので、実際は水無月は7月くらいになり、水が梅雨ほど降らないから「無」ということになったのかも。本当のことは分かりません。



神無月もそれと同じ用法なのかもしれません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨が降らなくてもアジサイの花 | トップ | 古い本に再会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む