初心者のクラシック

有名な曲からおすすめの曲まで、できるだけ初心者にも分かり易く紹介します。

ホフマンの舟歌  (オッフェンバック作曲)

2006年07月03日 | ちょっとした曲
たまには、クラシック音楽を聴いてみてはいかがですか?

今日はオッフェンバック:ホフマンの舟歌です。

この曲は、とてもやさしい曲ですね。船に揺られていると言うよりは、歌劇「ホフマン物語」の中の第4幕に演奏される曲なんですね。普通はオペラの中で1曲だけ有名になるなら序曲が有名になる事が多いんですが、この歌劇に関しては、この舟歌の方がかなり有名ですね。ハッキリ言うと歌劇はおろか序曲さえも聴いた事ありません。(そんなんでいいんか?!)

それはさておき、この曲だけが有名になってしまうのもうなずけますね。だって聴きやすいですし、やわらかくてしっとりとしていますし、まさに癒しの一曲ですね。そこでちょっと調べてみると、どうりで・・・「夢見る恋の歌」なんですね。甘いメロディに恋の歌なんて、そりゃあ魅力的に聴こえるはずですよね。


 ヴァイオリンのひっそりとした序奏から始まります。しかし、これから何か楽しい
 事が起きそうな・・・そんな予感がするようなワクワクしてくる感じもしますね。
 そんなゆったりとした序奏が終わると、またゆったりとしたワルツのようにゆっくり
 と揺れる曲が始まります。ヴァイオリンをはじめとした弦楽器のメロディはとても
 魅力的ですね。短い曲なんですけど、うっとりとさせられて夢見心地の気分を十分
 に楽しませてくれる作品です。最後にハープが「ポロロ〜ロン♪」と鳴り響くともう
 気分は最高ですね。

この曲なら、初心者にも胸を張ってオススメできますね。甘いメロディとやさしい雰囲気をじっくり楽しんでください。演奏時間も3分半程度ですから簡単にきけますし、むしろ短いくらいかもしれないですね。聴き終わっても曲の余韻に十分に浸ることができますね。


≪オススメCD≫
序曲集になってますけど、舟歌もちゃんとはいってますよ。
オッフェンバック:序曲集
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団, オッフェンバック, カラヤン(ヘルベルト・フォン)
ユニバーサルクラシック

このアイテムの詳細を見る


【コレってどんな曲】
喜:☆☆☆★★
怒:★★★★★
哀:☆★★★★
楽:☆☆☆☆★   →甘☆☆☆☆☆

≪おすすめシチュエーション≫
甘いメロディを聴くときは、やっぱり恋する誰かを思い浮かべるものでしょうか?


音楽ブログランキング
〈こんなのにも登録してみました。〉
⇔参加してます
「くつろぐ」ブログランキング⇔こちらもよろしく
ジャンル:
音楽
キーワード
オッフェンバック ベルリン・フィルハーモニー クラシック音楽 ホフマン物語
コメント (0) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 24の前奏曲(プレリュード) | トップ | 無伴奏ヴァイオリンのためのパル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL