映画VSボーリング

http://colorblog.jp/blog/clarence0108/ ←映画のことはこちらで書いてます

『エネミーライン』 (01年/TV)  ☆☆★★★

2005年05月30日 14時05分34秒 | 映画ア行
やっぱり戦争モノって苦手です。。
実はかなりこの映画について長く書いた記事が最後「投稿」ってボタン押したら
全部消えてしまったので…軽くキレながら書き直してます。
だいぶはしょります(笑)
ワナでも上映したので2回目の鑑賞。

<監督>
ジョン・ムーア。この映画がデビュー作。
2本目はこないだ公開した「フライト・オブ・フェニックス」
デビュー作にしてはかなりかっこよく撮られたアクションシーンがある。

<出演>
オーウェン・ウィルソン
いつもいつも誰かスゴイ俳優が主演映画の2番手として出演してた彼の
おそらく初主演作。
ジャッキーチェンとの「シャンハイヌーン」「シャンハイナイト」
ベン・ステイラーとの「ズーランダー」
エディ・マーフィーとの「アイスパイ」
でもその中でも一番はデビュー作から出演し、製作や脚本も
担当しているウェス・アンダーソン監督とのコンビ。
「ライフアクアティック」も公開中でかなり楽しみ。
水曜日に見に行く予定です。ファーストデイやから。
他の出演者はジーン・ハックマン。ジーン・ハックマンとオーウェン・ウィルソンと言えば
これまたウェス・アンダーソン監督の出世作「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」
でも共演している。
敵の狙撃者役のウラジミール・マシコフって人がなかなかいい味やった。
最後はあまりにもあっけなかったけど(笑)

<ストーリー>
アラビア海に米海軍原子力空母カールヴィンソン。軍人たちの使命は
民族紛争が終結したボスニアの監視だった。クリス大尉(オーウェン)は
いつものように偵察飛行の任務についていた。その時偶然にもセルビア
人民軍が民間人を惨殺している現場を撮影した為ミサイルで攻撃され
墜落してしまう。しかも敵の領土のど真ん中に!
クリスは無事味方に救出されるのか?逃げ切れるのか?

まあそんな感じ。戦争モノって歴史的背景を全く知らないだけにいつも
あやふやに解釈してるのであまり書けません(笑)


<感想>
苦手な戦争モノでも結構見れる方だと思う。
個人的には映画はエンターテイメントやと思ってるので見た後
スカッとしたりおもろかったなあと笑えるようなものが一番好き。
初監督の割には結構かっこいいシーンも多かった。
誘導ミサイルに追われるシーン、ダムみたいなとこを滑り落ちるシーン
死体に埋もれるシーン、トラップの爆弾を爆発させながら走るシーン
なかなか気合いの入ったシーンが多い。スローもいっぱい使って。
特にミサイルで墜落させられるシーンはなかなかいい出来でした。
ただどうしてもハリウッドが描く戦争映画ってアメリカが強く
いいものってなってるからストーリーと実際はどうなんでしょ?って感じ
何も背景知らないからいらんことは書きませんが。

さっき記事が消える前何書いたか忘れてもうた(笑)


戦争モノと言えばタランティーノの出演者が決まってきたようだ。
マイケル・マドセンは前から決まっていたんだけどティム・ロス、
アダム・サンドラー、エディ・マーフィが参加するらしい。
第二次世界大戦を題材にしたアクション映画としかわかんないけど。
ってかこのメンバーで戦争映画できるの?半分コメディアンやけど(笑)
ってかタランティーノに戦争描けるの?
あまり期待できないが、ずっと前に噂になった日本での撮影の可能性は
ちょっとは残ってるんやろか??もしそうならエキストラ出たい!!
コメント (8)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミート・ザ・ワールド・ビー... | トップ | スラムダンク と るろうに剣心 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます (まこ)
2005-05-30 17:43:51
同じ戦争ものでも『プライベートライアン』は好きでした。
訪問ありがとうございます。 (himawari88jp)
2005-05-30 19:37:26
トラバありがとうございました。

これからたまによらせていただきます。



また来てくださいね。



それでは
この映画よかった! (ショウカ)
2005-05-30 21:33:01
こんばんは~この映画は、なかなかおもしろかった!!ヒーローものだけど、やっぱり、いいと思った(´∇`)正直、ヒーローものは主人公無敵みたいでおもしろくないのが多い・・・ウィンドトーカーズとか(´ω`)これは、仕掛けがかなりこってて、そこがよかった
TBありがとうございました! (M)
2005-05-30 22:48:39
初めまして。TBありがとうございます。

私も投稿のボタンを押してぜーーーんぶ消えたこと

が何度もあります。笑

切れそうになりますよね!!

そして二度目は書く内容変わっちゃうし。



タランティーノ、戦争ものやるんですね!

ちょっと想像つかないんですが…!

TBさせてもらいますね~。
コメントどうもです (tomy)
2005-05-31 00:42:40
コメントありがとうございます。

>ショウカさん

「ウィンドトーカーズ」は確かにちょっと…って

感じでした。この映画は逃げるってだけの話なので

わかりやすくていいですよね。お互い戦争を知らない

世代ですが、ショウカさんは僕の半分の年齢なん

ですね。。びっくりです(笑)



>Mさん

ありますよね!明らかに混みあってような時間帯

やない昼間とかやのになかなか次の画面に行かず

消えてたとか(笑)



タランティーノの戦争モノ…できればやって

欲しくないかもです。

ではではまた遊びに来て下さいね~
すみません (tea)
2005-07-04 22:36:56
以前からお伺いしておりました。

今回、遅くなりましたが、TBさせていただこうとしたところ、間違えて違う記事をTBさせてしまいました。

お手数をおかけして申し訳ありませんが、違うほうを削除頂けると幸いです。

これからもよろしくお願いします。
了解です (tomy)
2005-07-05 00:48:47
了解しました。削除させていただきます。

これからもよろしくお願い致します。
はじめまして (albrecht)
2005-07-16 00:18:53
オーウェン・ウィルソンについて

>いつもいつも誰かスゴイ俳優が主演映画の2番手として

>出演してた彼のおそらく初主演作。

今回も、なんかジーン・ハックマンとの抱き合わせ、みたいなところはありますけどね(笑)。

好きな俳優なので、ピンでもがんばってほしいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
エネミー・ライン (ニート気味な東大生としおぶろぐ)
ぼーっと、ロードショウで見ていた。 オーウェン・ウィルソン 「アルマゲドン」で何か格好いい奴だなと思って気になった。 あの映画では瞬殺だったけど、「シャンハイ・ヌーン」とかいう映画であ~あと思って、 この映画でやったね。と思ったわけです。変な鼻の
エネミーライン (CLII -映画のような恋をして-)
タイトル: エネミー・ライン 特別編 放送日 2005年5月28日(土) 21:00~22:54 プレミアムステージ 2001年製作 アメリカ 106分 総合評価 1500円 感動 ★★☆☆☆ 笑う ★★☆☆☆ 泣く ★★☆☆☆ 脚本 ★★☆☆☆ 音楽 ★★★★☆ 出
エネミーライン (なんで映画っておもしろいんですか?)
戦争を知らない空軍の馬鹿隊員が偵察中に仲間を巻き込んで墜落。やっぱり字幕じゃないとニュアンスもかわるのね。フットボールが海に落ちた時 日本語で「マジかよーー!!」って叫んでたけどほんとは 字幕では「ウィルソーーン!!」だったんだよね。たしか。たしかほら、
エネミー・ライン (サイケデリック レボリューション)
正直、アメリカの正義には辟易です。 『アメリカは、アメリカ国民を見捨てない!!』 といいながら、大抵政治家は表だけで、裏では見捨てる。でも、軍人は見捨てない!! っていうけっこうワンパターンなストーリー。なんか、イマイチ。 それにしても、ジーン・ハ
エネミー・ライン ( OL映画進化論)
実際にボスニア紛争を取材した経歴をもつジョン・ムーアの監督デビュー作エネミー・ライン〈特別編〉旧ユーゴスラビアの紛争がひとまず落ち着き、バルカン半島の平和維持軍務のためアドリア海に赴いていた米海軍大尉バーネット(オーウェン・ウィルソン)は、ボスニア上空で
『エネミー・ライン』 (Albrecht\'s Alternativity@ココログ)
普遍的なテーマだけど(ありきたりともいう)、やや映像に凝ってみました~、というと
エネミー・ライン (映画鑑賞★日記・・・)
『BEHINDENEMYLINES』公開:2002/03/09製作国:アメリカ監督:ジョン・ムーア出演:オーウェン・ウィルソン、ジーン・ハックマン、ガブリエル・マクト、チャールズ・マリック・ホイットフィールド、ヨアキム・デ・アルメイダ、デヴィッド・キースすぐそこまで迎えに来てお...
「エネミー・ライン」 (ひらりん的映画ブログ)
最近、軟らか気味の映画ばっかり見てたので、 ぎゅっと締まった戦闘アクションでも・・・と思って選んでみました。 ・・というより、主演がオーウェン・ウィルソンだし・・・。 コメディものが多い彼にしては、骨のありそうな作品かなっ。