Angler's Room...

...今、レコードばかり聴いてます🎶
決してレコ・マニアではありません。(^^ゞ

米国盤LP...461 Ocean Boulevard 75年リイシュー...

2017年10月14日 09時42分32秒 | レコード
















エリック・クラプトンの461 Ocean Boulevard、US盤は1974年に発売され、当初はUKオリジナル盤と同じ曲なのですが(...これは日本盤と同じ)、翌年'75年にリリースされたリイシュー盤で2曲目が差替えられ Better Make It Through Todayになったよう。
チョッと無謀とも云うべきリイシュー...オリジナルはどうなるんだ?って疑問を感じてします行為。






以上事実を思うと、US盤'74年盤(org)は貴重なのかな...加えこの'75年リイシューも貴重なのかな!?

74年当時...中学生の頃から、リアルタイムに購入した日本盤ばかり聴いてきて、またコンパクトディスクになっても当り前!当然!の如くまさか Give Me Strength では無い差替え盤が存在する事、正直昨年まで知りませんでした。

昨年、そんな情報を得た事もあり、該当盤を探してた所に運良く同時に2枚入手出来た。
一枚はほぼワンコインで入手、もう一枚もコイン三枚弱...また同じモノを買って!怒!!ってカミさんが言いましたが、実はラベルが異なる為に私的には「別物」なんです!!(^^ゞ






針を落し確認を...あれっ!?チョッと違和感がある。
そりゃ2曲目が差替わってるから......では無く、Motherless Children のイントロ...左右の位相が異なる!!左からあのイントロが始まる。

あれっ?と思い US初盤である DJ Promo盤とUK盤で確認...同じだな...この違和感はなんだ?
レコードラックの日本盤初盤(4枚)と先日買った2004年のEU盤、CDラックにあるCD数枚を確認しましたが、日本盤初盤(4枚)は位相が逆である。
日本盤では右チャンネルからイントロ始まるが、US.org(DJ Promo)UK.org、US再発盤、近年EU盤、他全ての手持ちCDでは左から始まる。
当然国内盤初盤からが定番で聴いてた事もあり、違和感を感じて当然なんだ。

むしろ、今まで真剣に聴いてなかったのか?と自問自答状態...。恥(^^ゞ

で、冷静に思うと'74年日本にてリリースの際に間違ってたのか...って事になる。
コアなファンは皆知ってる事なのだろう...自身ECファンと自負してたが、知らんかった。爆

...って事は日本盤は貴重ですな!!




...イヤイヤ、'74年US org 盤は、、、僅か一年かぁ~貴重ですね!!


曲順詳細は下記。

A面
-1 Motherless Children
-2 Give Me Strength( org ) -2 Better Make It Through Today(us reissue)
-3 Willie and the Hand Jive
-4 Get Ready
-5 I Shot the Sheriff
B面
-1 I Can't Hold Out
-2 Please Be With Me
-3 Let It Grow
-4 Steady Rollin' Man
-5 Mainline Florida





※日本盤のプロモ盤(白盤)は位相は如何なのかな...気になるな!!(^^♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米国盤LP...THERE'S ONE IN EVERY CROWD

2017年10月09日 16時21分29秒 | レコード


今年の8月、名古屋駅前のバナナレコードにてレコードを買って来た。

輸入盤レコードUS盤...この『安息の地を求めて』は日本盤の帯無し有りそれぞれに、英国盤も持ってる。
ましてpolydor label のUS盤もレコードラックに入っている。





今更また(もう一枚...)US盤を買うべきか?...と迷ったが、レーベル面が気になり買った。

75年US盤...別にレコード収集マニアでは無く特に拘りは無いが買ってしまった。
ボロボロのジャケで...何故か魅かれるものがあった。








これは西海岸ロサンゼルスの工場プレスの盤のよう。
レーベルの下部に印字されてるマトリックスナンバー
「ST-SO-753336-MO」の最後の「MO」の部分は米国内のプレス工場の表記の略号で、
「MO」は米国西海岸ロサンゼルスにあるMonarch Recordsプレス工場の事を表してます。






誰かさん曰く...針を落とすと、西海岸の薫りの音がする様です⁉😁



参考:
英国盤(UK盤)の写真。





参考:
日本国内盤の写真も載せておきます。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英国盤LP...ERIC CLAPTON

2017年10月09日 14時28分26秒 | レコード


ERIC CLAPTON / Polydor UK Org.
マトリックスは A//1/B//2






今迄、コンパクトディスクでイヤと云う程聴いたソロ...。


今更ながらレコードで聴いてる...🎶
国内盤レコードと比較すると固くて重い印象が残る音質...固く...とは高音域もカチッとした印象。







こう書くと、全て国内盤が音質悪く捉えられてしまうが、私的には基本国内盤なので悪いわけない。
中学生の頃、輸入盤はレコード盤面もジャケも質が悪く、欲しいと言う気持ちは無かった。...全てに雑な出来栄え印象。

中学生という年頃から小遣いにも限りがあり、そんな範囲内で多くを聴こうとし国内盤よりかなり安く買えた輸入盤に手を出す事もあった。
 ...しかし、ML誌同様 唯一の情報元であるライナーノートが無いのも買う上での選択から外す理由でもあった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英国盤LP...461 Ocean Boulevard

2017年10月09日 12時47分33秒 | レコード

 今度は英国盤の461...






英国盤LP ERIC CLAPTON/461 OCEAN BOULEVARD マトリックス:A//3 B//1

先日聴いたUS盤 DJ Copy盤と比較すると...やっぱり乾いた音質のDJ Copy盤の方が好みかな!!

このUK盤も盤質が良い事から悪くはないけど...(^^ゞ








...これはホンと盤質が良い!!プチパチはほぼ無し!!
スタイラスがトレースする「サァー」って音の後にマザーレス・チルドレンが始まる🎶心臓が昂る!!





で、国内盤はUS盤UK盤と比べると僅かに篭った印象だな...。






最初に買ったのは当然国内盤なので、その時の思いに勝る事は無いけど、単に音質で好む盤は?
と問われれば、、、US盤だな~🎶
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Promo DJ Copy...461 Ocean Boulevard

2017年10月09日 12時33分00秒 | レコード

Eric Clapton / 461 Ocean Boulevard(RSO, SO 4801 DJcopy ST-SO-743147 SP)

マトリクスは (side 1) ST-SO 743147B (side 2) ST-SO 743148B














US盤の「乾いた空気」を感じた...本当に音質が違った...

今迄聴いてた盤は少し霧が掛かってる印象...が、このプロモ盤は霧が晴れてる!!
こんなに違うモノなのかぁ~と感じる...凄ごい。

いろいろと聴いてみるものだな...



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Promo DJ Copy...In Concert

2017年10月08日 01時06分06秒 | レコード


希少盤を入手したので記録しておく。



Derek and The Dominos / In Concert (RSO, SO 2-8800)







本作のプロモは激レアです。白ラベルは存在しない。
マト末尾が AA/AA/AA/CC の最初期盤で、カンパニー・スリーヴもちゃんと2枚付属してる。



【ジャケット】
天割れなし、底抜けなし。
スパイン抜けなし。スパインの下端にカット有り。
周囲(天・スパイン・底)にハゲが中等度。
コーナーの軽度の潰れあり。折れなし。
リングウエア・スレがまあまあ目立つ。
プロモのシールあり。
まあまあ良い状態である。
VG(+)です。





【レコード盤面】
4面ともヒゲなし!
side 1, 2, 4 は、スレ・キズが少しありますが、目立ちません。
キズは薄く、指で触れるような深いキズは無し。
side 3-1で5mmほどの指で触れるキズがありますが、2.0gでも針飛びせず、またざっと聞いた感じでは特に明らかなノイズはなし。
side 1,2,4はVG(+)~VG(++)です。side 3はVG(+)です。








【マトリクス】
(side 1) ST-SO-722679AA AT/GP △17531 (5)
(side 2) ST-SO-722680AA AT/GP △17531-X (4)
(side 3) ST-SO-722681-AA AT/GP △17532 (1)
(side 4) ST-SO-722682-CC RE AT/GP △17532-X (1)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年6月18日...峠川

2017年06月18日 15時09分27秒 | 石徹白
昨日、娘と息子から父の日のプレゼントを貰った。嬉

渇水状態で活性低い事は承知してるが、やっぱ行ってしまった。^_^;



思った通り超が付くくらいの渇水状態...岩魚はいるが喰わない。

と思ってたら食って来た!チビだけど山女魚...3尾程掛けて納竿し帰って来た。
...これは養殖魚かぁ~...先週同様???な状態ですな。




本流の鮎師皆さんも水不足に依る超低活性に嘆いてみえた。

山に水含んで無いので餌を求め獣が里まで降りて来てるよう...気を付けなければ!!🐻
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年6月11日...峠川

2017年06月11日 16時43分41秒 | 石徹白
父の三回忌法要も済ませ、やっと落ち着いた。
チョッと峠川に繰り出すとしよう🎶

比較ユックリなスタート!
峠に着いたのは7時半...でもアングラーは居ない!?

峠川を眺めると...アングラー居ないのも頷ける...渇水状態!!これでは食ってこないだろう。

入渓すると...思った通り川底ヌルヌル、水質も悪いな...期待できんだろうな...。



と、小さな落込みで食ったぁ~!!!???

...本来居るはずのない「虹鱒!」...放流魚?




ショックでした... .



もうすっかり初夏の景色にウットリ...でも虹鱒にはゲッソリ...。
誰か入れたのかなぁ~。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年5月14日...峠川

2017年05月14日 16時50分53秒 | 石徹白
 良い天気、気候の一日...

チョッと起床が遅かったが準備し峠川へ向かう。

8時頃から入渓し、ここぞ!と思しきポイントを攻めると...
小さいが綺麗な岩魚がポンポン出て来る。






嬉しい釣行だった...。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウエーディング・シューズ...

2017年05月07日 17時23分58秒 | 石徹白
 先日の釣行でウエーディング・シューズのソールに不具合(剥離)があった。

結構長く履いてるので経年披露もあるのでしょう。

渓流でのリスクも考慮し新調した。

久しぶりにナチュラリストへ行き、コーヒー頂きながら選択した。

やっぱ定番 Simms のブーツだなぁ~。(^・^)

はやく渓流に立ちたい!!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加