雪香の星月夜日記

山口雪香の歌がたり、ささやき、ひとりごと

渓谷の流れに若葉映ゆる路をひとりと知りて走るさやけさ

2017-04-23 20:51:43 | Weblog


天気が良かったので、母と昇仙峡へ行った。


まだゴールデンウィーク前なので人出少なく、若葉ひろがる風景が爽やかだった。


車中、母とご先祖様のあれこれを話した。

初めて聞いた母方の遠祖が酒井松平ならば、私には千姫やお市の方の遺伝子も入り込んでいるというわけ。織田家、浅井家、徳川家。

今まで歴史小説上の、現実とは遠い主人公たちが、自分のご先祖様なんて不思議だ。

そういえば、お市の方は夢に出てきたことがある。

私がそう言うと、母はただ笑っていた。


新緑がまぶしい青空だった。


















そして、また絵を描き始めた。洗礼者ヨハネ。




アンドレア・デル・サルト。

作品に、どこかミケランジェロに似た風情のある、彼の血液型ははたぶん0型だろう。ミケランジェロより優しい感じだが。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八ヶ岳なほ雪残る蒼穹に大地... | トップ | 葉桜を風行くあはひ爽やかな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。