雪香の星月夜日記

山口雪香の歌がたり、ささやき、ひとりごと

五月野にけふを尽くしてかがやかに若葉ひろがる昼食をせむ

2017-04-19 21:10:22 | Weblog


やがて来る5月に。


1年のうちで初夏が一番好きだから。


昨日、母は何気ない会話の中でいきなりオドロキ発言をくれた。


なんと、私の江戸時代のご先祖様は信州上田城主だったと。そんなこと初めて聞いた。

考えてみたら、ご先祖様のことは祖母が亡くなったとき、戒名を付けるために、その格式がどうのこうのと話す程度でしかなかった。

もともと関心が薄い上に、クリスチャンになってからは、系図や仏教的な世界からますます遠ざかってしまったから。


ネットで調べたら、真田氏の後に上田城主となったのは、徳川連枝の藤井松平家と。

それでは400年前の英雄、天下人徳川家康公の遺伝子が、自分の中に何本かは含まれているのかな、とくすぐったい気分だ。

私は海が大好きだが、同時に何故か信州の風物に惹かれる感覚があったのも、幕末に上田から甲州に移り住んだ曾祖母の父親から譲られた郷愁かもしれない。

我が家の面白いルーツだから書いておく。






画像は昔の舞台写真。

サロメ。


静かな日に感謝。












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨音はひとりで聴かぬ耳の中... | トップ | ゆったりと手足伸ばして寛げ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。