雪香の星月夜日記

山口雪香の歌がたり、ささやき、ひとりごと

葉桜を風行くあはひ爽やかなかなしみとして捥ぐ青空よ

2017-04-24 20:23:15 | Weblog


アンドレア・デル・サルト。


今日はこんな感じ。

さて、やはり血液型A型の私が描くと、人物の表情がスタティックになる。原画の顔は、ぐい、と前に出てくる感じがする。たとえだけれど。





感謝。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

渓谷の流れに若葉映ゆる路をひとりと知りて走るさやけさ

2017-04-23 20:51:43 | Weblog


天気が良かったので、母と昇仙峡へ行った。


まだゴールデンウィーク前なので人出少なく、若葉ひろがる風景が爽やかだった。


車中、母とご先祖様のあれこれを話した。

初めて聞いた母方の遠祖が酒井松平ならば、私には千姫やお市の方の遺伝子も入り込んでいるというわけ。織田家、浅井家、徳川家。

今まで歴史小説上の、現実とは遠い主人公たちが、自分のご先祖様なんて不思議だ。

そういえば、お市の方は夢に出てきたことがある。

私がそう言うと、母はただ笑っていた。


新緑がまぶしい青空だった。


















そして、また絵を描き始めた。洗礼者ヨハネ。




アンドレア・デル・サルト。

作品に、どこかミケランジェロに似た風情のある、彼の血液型ははたぶん0型だろう。ミケランジェロより優しい感じだが。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八ヶ岳なほ雪残る蒼穹に大地の深さ神さびたりと

2017-04-22 20:50:42 | Weblog


午前中、久しぶりに清里までドライブした。



標高1500メートル、気候はいきなり早春。



雪山の冷たさが南国から戻ったばかりの目に鮮やかだった。






穏やかな日だった。感謝。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春を経て桜幽けくうつろひぬ蕊なほ朱なり紅なり見よ見よと

2017-04-21 20:53:27 | Weblog


晩春の桜に


良い日だった。感謝。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆったりと手足伸ばして寛げる小さな家具を片付け終えて

2017-04-20 21:00:21 | Weblog


やっと落ち着いた。それをそのまま。


引っ越し荷物の整理が済んだ。


質素で狭いけれど、それなりに自分の居心地の良い部屋になった。


時間は前にしか進まない。だからいつも、とにかく前を見よう。

今、自分に後ろめたい悔いなどないのだから。





感謝。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五月野にけふを尽くしてかがやかに若葉ひろがる昼食をせむ

2017-04-19 21:10:22 | Weblog


やがて来る5月に。


1年のうちで初夏が一番好きだから。


昨日、母は何気ない会話の中でいきなりオドロキ発言をくれた。


なんと、私の江戸時代のご先祖様は信州上田城主だったと。そんなこと初めて聞いた。

考えてみたら、ご先祖様のことは祖母が亡くなったとき、戒名を付けるために、その格式がどうのこうのと話す程度でしかなかった。

もともと関心が薄い上に、クリスチャンになってからは、系図や仏教的な世界からますます遠ざかってしまったから。


ネットで調べたら、真田氏の後に上田城主となったのは、徳川連枝の藤井松平家と。

それでは400年前の英雄、天下人徳川家康公の遺伝子が、自分の中に何本かは含まれているのかな、とくすぐったい気分だ。

私は海が大好きだが、同時に何故か信州の風物に惹かれる感覚があったのも、幕末に上田から甲州に移り住んだ曾祖母の父親から譲られた郷愁かもしれない。

我が家の面白いルーツだから書いておく。






画像は昔の舞台写真。

サロメ。


静かな日に感謝。












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨音はひとりで聴かぬ耳の中に撓めたるものは星鈴のごと

2017-04-17 20:41:22 | Weblog


雨音に




荷物はだいぶ片付いた。




さて、車を買わなくては。







感謝。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花野ひとりひとり歩みつ懐かしき映像などもあらば良しと思ふ

2017-04-16 17:56:57 | Weblog


春に














今日のすべてに感謝。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜もし今話すなら黄昏の光のごとく労はりて言ふ

2017-04-15 19:35:44 | Weblog


甲府到着。


甲斐路をたどる山並みに咲きつながる桜が満開。

暖かい甲府盆地のソメイヨシノは、やや盛りを過ぎてちらほら葉桜。


いろいろな予想外の経験をしたが、それもこれからの選択、開拓に生かそう。





感謝。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海はいつも明日へ波寄す今だけの寂しさ忘れて朝は目覚めむ

2017-04-14 20:47:51 | Weblog


時間は前へと進む。

一期一会の時の流れをうつくしく眺めよう。



館山ではたくさんの素敵な出来事に恵まれた。


きれいなものをたくさん見た。













神と人々に感謝。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルファポリス