山行記録・写真

楽しいことや苦しいことの思い出をブログにしてみました。

大塚山歩会 忘年山行 二日目  妙義山   27.12.56(日)

2015-12-31 07:06:32 | オリンピック

大塚山歩会 忘年山行 二日目  妙義山   27.12.56(日)


 <   第4石門   >


 

上州、富岡市と下仁田町にまたがる山。

槍の様にとがったギザギザの山。

今回で3回目、苦しい思い出が詰まった山。

2回目の時、妙義神社から中道を終え、帰りの舗装道、歩けど歩けど、舗装道が続き、嫌になった記憶が鮮明に蘇ります。

ようやくタクシーが来てくれて、ホットしたこと。

 

今回は、マイクロで妙義神社下まで行き、中間道登山口からスタート。

その際、野猿が木々を渡りあるきキイキイと泣き叫んでいました。

妙義神社に立ち寄り参拝。

豪華絢爛の山門や社殿、前回も立ち寄ったが、素晴しい建築に驚く。

 

 

中間道を進む。

前回の記憶は、おおかた飛んでおり、こんなに苦しい道だったかなと・・・・・・?

やはり年をとり、体力が落ちたと痛感、しかたないと。

 

紅葉が映え、大変美しい林も散見された。

 

眼下の田園・街並みが眺望され、高い所を歩いているとの感じる。

 

絶壁の山並み。

 

 

長い、長い鉄はしごの階段、垂直に近い。

こんなとこが在ったかな?まるで記憶が無い。

1200過ぎ昼食を摂る。

 

大砲岩、蝋燭岩が見え終点が近づいてきた。

 


4石門で記念撮影。


ここから、急な下りとなり、第1石門の近くで、登山道を終え、舗装道に降りた。

 

マイクロが迎えに来ていたので乗車、一路西武秩父駅へ向かった。

これで、忘年山行が終わり、今年の締めとなった。

 

< 行程 >

  【 中間道 】 妙義神社発 0900 - 大休止昼食 1200~1225 - 石門群登山道入口着 1315  :  実歩程  3時間20分

      

< 山行ルート図 >

 

 

< アルバム >

  * 妙義山登山

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

忘年山行 初日 西および東御荷鉾山(みかぼやま)

2015-12-30 04:44:29 | 大塚山歩会山行

大塚山歩会 忘年山行 初日 西および東御荷鉾山(みかぼやま) 27.12.5(土)

 

西上州神流村(かんなむら)の山(群馬県、日航機が墜落した上野村が隣村です)。

神流川(かんながわ)傍の万場(まんば)の里から、くねくね急な坂道を、マイクロバスで登り、登山道の入口前の大きな駐車場に到着。

駐車場から、眼下を眺めれば、これまで登った道、西上州の山々や秩父の武甲山などが眺望できました。

ここには、山名にちなんだ大きな鉾が立てられ、かつ東屋もあった。

残念ながら写真を撮り忘れてしまった。

先ず、西御荷鉾山(にしみかぼやま)登りました。

好天にも恵まれ、道もよく乾いていて登りやすかった。

頂上は広く、360度の眺望が出来ました。

また、不動明王の仏像、その傍に鉾が奉納されていました。

冠雪の浅間や赤城、榛名、妙義の上毛三山などが、雲一つない青空に映えて、美しい姿を見せていました。

頂上で眼下の神流村(かんなむら)の里、秩父の武甲などを眺めながら昼食を摂りました。

ピストンで登った道を帰って来ました。

下りですので、眼下と遠い山を眺めながらの下山でした。

 

駐車場から、マイクロで投石峠(なげしとうげ)に移動し降車。

ここから、東御荷鉾山(ひがしみかぼやま)登り始めました。

ここの取っ付きは、虎ロープで垂直に登りました。

ここから尾根道に出ると、ほぼ水平の道となり、楽ちん楽ちんでした。

頂上付近はやや登りになり、まだ着かないか、着かないかになりました。

途中の道は木々で見通しがききませんでした。

しかし、東御荷鉾山の頂上は、西御荷鉾山と同じ様に、広く眺望がききました。

少しばかり休憩し、風が強くなり、肌寒くなり、飛ばし、飛ばし、同じ道をピストンしました。

往路、5~6歳の女の子を連れた若いお父さんに会いましたが、女の子に感心しました。

しかし、お父さんは無茶をするな、この子が大きくなれば多分山が嫌いなるのではと、ふと思った。

 

< 行程 >

・ 西御荷鉾山  登山口発 1130 - 山頂着 1200  30分   、 山頂発  1230 - 登山口着 1250 20分

 

・ 東御荷鉾山  登山口発 1305 - 山頂着 1350  45分 、 山頂発  1410 - 登山口着 1445 35分

 

< 山行ルート図 >

 

 < 先ず、西御荷鉾山へ、次に投石峠(なげしとうげ)へマイクロで移動、東御荷鉾山へ >

< 写真 >

 

 西御荷鉾山

 

 

 

 

 

② 東御荷鉾山

 

 

< 秩父地方遠望 中央が武甲山 >

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安倍さんに失望 慰安婦問題         

2015-12-29 11:07:20 | 安保法制、靖国、従軍慰安婦

安倍さんに失望 慰安婦問題          27.12.29

 

何故、急ぐのか知らないが・・・・・・・。

玉中虫の解決ありきか。

両国民を不幸にする。

河野談話などの解決・・・・・・。

靖国の英霊や、まだ生存される元軍人の心を逆なでする、「軍の関与」という言葉が声明の一部に使われている。

また、日本人を貶めるような声明文である。

私の心や多くの人は?中山さんの多分次の言葉に表されると思われます。

 

【 産経新聞の記事の一部

 

日本のこころを大切にする党の中山恭子代表は談話で「未来志向の日韓関係を目指して努力した」としつつ、「安倍外交の最大の汚点となると考えられ、

大いなる失望を表明する」と指摘。「種々の問題点を包含する内容」と疑問を呈し、「共同発表に強く抗議する」とした。 】

 

安倍さん、安保法案時、国民を守るために頑張ってくれました。

あの時のような頑張で、国民の名誉を、地球を俯瞰する外交で守って貰いたい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

27年 秩父札所巡り  41   34番 水潜寺(すいせんじ)結願寺

2015-12-29 05:52:07 | 27年 秩父札所巡り

27年 秩父札所巡り  41   34番 水潜寺(すいせんじ)結願寺

 

 

27.11.1(日)は、33番と34番の札所を巡り、34ヶ寺巡りを終えました。

昨年に引き続き、34ヶ寺を元気に回ることが出来幸せを感じました。

昨年は先祖の、今年は妻の、来年は娘の祈願と思っています。

 

33番 菊水寺(きくすいじ)  徒歩  34番 水潜寺(すいせんじ)へ巡礼古道の舗装道を進みす。

  

昨年と同じ道をたどりました。

昨年の記憶がよみがえってきますが、飛んだ場所も、途中道を間違えたかと思い、引き返し時間を無駄にした時もありました。

 

途中、吉田地区の祭り会場を一回りしました。

地区の特産品が売られていましたが、何も買いませんでした。

 

途中、毎年吉田地区で行われるロケット打ち上げのポスターを見かける。

 

途中、道の駅の「龍勢会館」により10分休憩、柿の1個売りを確認しましたが、10個ぐらいの袋入りなので買いませんでした。

 

途中、破風山(はっぷさん)により、

秩父市街地などを眼下に眺めました。

好天に恵まれ美しい光景でした。

荒川や赤平川も確認出来ました。

 

33番発 0851 - 破風山(はっぷさん)着 1130 ・・・・徒歩 2時間39分     < 破風山(はっぷさん)で昼食・休憩で1時間15分過ごす。帰りのバスの時間を調整するため長くいました。 >   破風山(はっぷさん)発 1245 - 34番着 1317・・・・徒歩 32分    ( 西武鉄道パンフ  ・・・・・   舗装道 )

 

先ずお賽銭、どらを11つならし、特に妻の長寿を本尊の 千手観世音菩薩 に祈りました。

 結願を終えました。

 

ここは、1318 - 1350 :  32分いました。

ここでは、皆野町営バスの時間調整のため、やや長くいました。

札所前バス停発1359で、秩父鉄道皆野駅前バス停で降車、西武観光バスに乗り換え西武秩父駅に着きました。

ここから電車で帰宅をしました。

 

札所巡りを総括すると次の様になります。

27.10.21: 1~12番の12ヶ寺、 10.24:13~25番の13ヶ寺、 10.25:26~30番の5ヶ寺、 10.31:31・32番の2ヶ寺、 11.1:33・34番の2ヶ寺、 34ヶ寺を5日間かけ巡ったことになります。

 

来年は、春、3月の台湾旅行を終えた4月を予定しています。

 

< 写真 > 

 

 本堂

 

② 絵額縁

 

③ 寺の紹介看板

 

④ 途中の吉田地区のロケット打ち上げポスター  27.10.11(日)実施済み

 

⑤ 破風山(はっぷさん)頂上看板

 

⑥ 破風山(はっぷさん)からの光景

          眼下は皆野町の田園風景

          田園風景の次の森、秩父ミューズパーク特にゴルフ場が目立ちました。

          その奥は、横に広がる細長い市街地は秩父市

          向背のほぼ中央の高い山が武甲山

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

また、同じ道か 慰安婦問題  泥沼  両外相の会見から   

2015-12-29 04:01:00 | 安保法制、靖国、従軍慰安婦

また、同じ道か 慰安婦問題  泥沼  両外相の会見から   27.12.29       

 

「軍の関与」と言う言葉が、岸田外相の会見に入ったように聞いた。

 

良く会見内容を確認しなければいけないが、多分本当の様に思う。

 

在日韓国人に毎日新聞が、街の声として聴いた報道では、次のような一文がある。

【  在日コリアン2世の裴東録(ぺ・トンノク)さん(72)=北九州市八幡西区=は「日本政府が公式に軍の関与を認めたこと、すべての慰安婦に謝罪をしたことは評価したい。紆余(うよ)曲折があったけれど、これからは日韓関係もいい方向に進むと思う」 】

 

これから、軍の関与ということを、認めたということになるのでは?

前後の会見内容を確認しなければいけないが。

 

朝日新聞の捏造記事から軍の関与は無かったとの日本の世論?から、このような言葉を使ったとすれば・・・・・いかがなものかと考える。

両国国民を欺く、交渉か?泥沼化必至?

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

27年 秩父札所巡り  40   33番 菊水寺(きくすいじ)

2015-12-28 03:40:08 | 27年 秩父札所巡り

27年 秩父札所巡り  40   33番 菊水寺(きくすいじ)

 

 

27.11.1(日)は、33番と34番の札所巡りを計画、34ヶ寺巡りの最終日としました。

 

西武秩父駅-バス-小鹿野町 松井田バス停  徒歩 33番 菊水寺(きくすいじ)へ巡礼古道の舗装道を進みす。

  

昨年と同じ道をたどりました。

昨年の記憶がよみがえってきますが、飛んだ場所もありました。

途中妙見宮に立ち寄り、この村に山車があったことが確認され、秩父はお祭りが盛んだったことが分かる。

今回は大徳院を見学、赤平川を渡る古道を辿ろうとしましたが、無く、迷ってしまい、舗装道に帰りました。

大徳院は明治、小学校になったと紹介の看板あり、この地域の文化の中心地と感じた。

赤平川にかかる名倉橋を渡りました。

名倉橋のいわれの石碑に、「昔は、赤平川に遮られ、里間の往来に難儀したがこの橋おかげで、大変べんりになったと。そして、農道整備の一環。」と、それにしてはでっかい橋だなあと感心する。

お寺近辺の芭蕉の句碑に寄ろうとしましたが、今回も立ち寄りませんでした。

 

西武秩父駅前バス停発 0700 - 小鹿野町 松井田バス停着 0728・・・・バス28分 、 松井田バス停発 0729 ー 33番着 0821・・・・徒歩 52分(正味30分ぐらい)( 神社や大徳院など立ち寄り多くの時間使い、この時間を含むので、正味の時間、徒歩30分くらいと考えます。)      ( 西武鉄道パンフ   ・・・・     舗装道  )

 

先ずお賽銭、どらを11つならし、特に妻の長寿を本尊の 聖観世音菩薩 に祈りました。

 

ここは、0822 - 0850 :  メロンパンを食べるなどの時間を含み28分いました。

本堂の横のベンチに座り、暖かい日だしのもとで、缶コーヒーを飲みながら、ゆっくりメロンパンを美味しくいただきました。

 

< 写真 > 

 

 本堂

 

② 本堂遠景

 

③ 絵額縁

 

④ 途中の妙見宮・・・・紹介看板には、山車が寄贈され、祭りを盛り上げたと。

 

⑤ 途中の大徳院・・・・明治には、一時、小学校となる。

 

⑥ 松井田バス停近くの赤平橋からの紅葉(上流に向かって)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は厄日か 三度目の驚愕  安倍首相のおわび

2015-12-27 18:23:19 | 安倍内閣・TPP

今日は厄日か 三度目の驚愕  安倍首相のおわび        27.12.27

 

何を、日本側は考えているのか・・・・・・。

本当に、安倍首相のおわびの手紙・・・・・日本のおやじがまた頭をさげるのか、沽券にかかわる。

これまでと同じような、三度目いや四度目となるから、絶叫したい。

また同じ道歩む日本。

また騙される、もう目を覚ます時機ではないか。

誰が、このような馬鹿ことを考えているのか。

日本側に、獅子身中の虫がいるのでは・・・・・?

情けなくなる。

強く、再考を求めたい。

このようなお金は、日本の考えをアピールする金に回すべきだ・・・・。

韓国に渡せば、どぶにまた捨てるようなものではないか!!!!!

 

 

 * 時事通信の記事 

  安倍首相おわび・新基金提起へ=日韓なお溝、28日に外相会談

  時事通信 - 2015年12月27日

岸田文雄外相は28日に韓国を訪問し、尹炳世外相と会談する。いわゆる従軍慰安婦問題の妥結で合意できるかが焦点。「最終決着」と位置付けることを条件に日本側は、元慰安婦への人道支援のための新基金創設や、安倍晋三首相の「おわび」の手紙を届ける案を提起する方針。問題の再燃を防ぐため、日本側は合意内容を文書化することも求めており、日韓は27日、外務省局長級協議をソウルで開き、詰めの調整を行った。

 27日の局長級協議には、日本から石兼公博アジア大洋州局長、韓国から李相徳東北アジア局長が出席。合意文書について、慰安婦問題が再び政治問題化することを避けたい日本政府は「包括的かつ最終的な解決」などの文言を盛り込みたい考え。基金についても韓国側の関与を明確にする狙いから、共同出資を求める案が出ている。

 基金の規模は、日本政府が元慰安婦に対して現在行っている医療・福祉支援事業(2015年度予算で1490万円)の10年間分程度を想定し、1億円超とすることを検討。ただ、韓国側はより手厚い支援を求め、交渉が続いている。

 元慰安婦に対する首相のおわびのメッセージの中身や、日本側が求めるソウルの日本大使館前の慰安婦少女像の撤去も調整課題だ。少女像をめぐっては、元慰安婦の支援団体「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会(挺対協)」が26日、日本側の撤去要請方針について「解決の意思がない」と非難する声明を出した。

 日本側は、1965年の日韓請求権協定で法的な問題は解決済みとしてきた立場を堅持する方針で、首相のおわびをめぐっても、首相の個人的な心情を込めた内容とすることを検討中。韓国には「法的責任」を認めるよう求める世論が強く、折り合えるかは予断を許さない。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おせち料理など       27.12.27(日)

2015-12-27 18:06:45 | グルメ

 おせち料理など       27.12.27(日)


今日AM、次の様なものを考えてみました。

だ、年末大掃除もしていなく、料理と両立しながら細部を詰めないといけない。

 

*  大雑把な一覧表

品名                   

材料                     

細部               

月日       

朝            

昼              

夕           

おせち料理

蒲鉾

 

 

 

 

 

 

竹輪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハム

 

 

 

 

 

 

にしん昆布巻き

 

 

 

 

 

 

数の子

 

 

 

 

 

 

栗きんとん

 

 

 

 

 

 

黒豆

 

 

 

 

 

 

うづら豆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

煮しめ

里芋

 

 

 

 

 

 

大根

 

 

 

 

 

 

れんこん

 

 

 

 

 

 

にんじん

12.31

 

 

そば

 

 

こんにゃく

 

 

 

 

 

 

ごぼう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぶり大根

ぶり

1.1

 

雑煮

すき焼き

 

 

大根

 

 

 

 

 

 

しょうが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.2

 

雑煮

 

 

 

 

 

 

 

 

鶏の唐揚げ

鶏もも肉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本酒

 

1.3

 

 

 

ワイン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雑煮

 

 

 

 

 

 

鶏肉

 

1.4

 

 

 

里芋

 

 

 

 

 

 

大根

 

 

 

 

 

 

にんじん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鶏肉

 

 

 

 

 

 

豚肉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すき焼き

牛肉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おでん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日、二つ目の驚愕! 安倍内閣の採点 自己の採点はどうですか  27.12.27

2015-12-27 12:47:15 | 安倍内閣・TPP

本日、二つ目の驚愕! 安倍内閣の採点 自己の採点はどうですか  27.12.27

 

毎日新聞と言論NPOの共同の採点とのこと。

採点の発想そのものは大歓迎です。

今後もおおいにやってください。

11項目、1項目が5点満点で、3年目は、年平均2.7となって上昇している。

「 1年目 平均 2.7 」「 2年目 平均 2.5 」「 3年目 平均 2.7 」。

日頃から、手厳しい毎日新聞が平均2.7とは甘くしているのではないですか・・・・・?

 

そうすると、日頃の報道姿勢からするとこの点数が厳しく、1.5倍ぐらいしても良い数字かな?

2.7×1.5=4.1、は跳ね上がり過ぎか?」、「2.7×1.4=3.8」、「2.7×1.3=3.5」、「2.7×1.2=3.2」以上の幅のなかに入るかな?

 

自社の報道姿勢を、他社と比較、11項目にわたり自己採点されることを提案、是非報道されることを熱望する。

 

 

*  毎日新聞の記事

      安倍政権3年:「外交・安保」に独自色 対露・北朝鮮停滞

毎日新聞

3 時間前

 

《 ©毎日新聞 安倍政権の実績評価の推移 ・・・・・・残念ながら、11項目の一覧表をコピーできませんでした。 》


毎日新聞と言論NPOによる安倍政権3年の60項目の実績評価は、5点=1項目▽4点=10項目▽3点=31項目▽2点=18項目(説明不足による減点前の数値)となり、政策の達成見通しを現時点で判断できない「3点」が過半数を占めた。総合評価が今回の2.7点から上向くかどうかは、政権の今後の取り組みにかかっている。【野原大輔】

「外交・安全保障」は平均3.6点と、分野別で唯一、3年連続の3点台を維持した。「いかなる事態でも国民の命と平和な暮らしを守り抜くため、平時から切れ目のない対応を可能にする安保法制を速やかに整備する」という2014年衆院選の自民党公約を、安倍政権は集団的自衛権の行使容認を含む安保関連法として実現。沖縄県・尖閣諸島周辺海域などの監視態勢も強化している。「安倍カラー」が最もよく表れた分野だ。

ただ、安保関連法を巡っては、法案審議の過程で、衆院憲法審査会に参考人として出席した憲法学者3人がそろって「憲法9条違反」と指摘したのをきっかけに世論の批判が高まった。政府・与党は通常国会の会期を95日間延長し、9月に同法を成立させたが、「これからも粘り強く丁寧に説明したい」(安倍晋三首相)という姿勢は薄れつつある。今回の実績評価でもこの点が問題視された。

「日米同盟の絆を強化し、中国、韓国、ロシアとの関係を改善する」は前回と同じ4点。首相は11月、就任後初めて韓国の朴槿恵(パククネ)大統領とソウルで正式に会談し、日韓関係に改善の機運が出てきた。半面、これまで個人的な信頼関係を築いてきたロシアのプーチン大統領の年内来日は見送られ、北方領土交渉が停滞したため、点数の上積みは難しいという見解で一致した。

12月に完全施行された特定秘密保護法に関しては、12年衆院選から3回の国政選挙で、自民党は一度も公約に明示しなかった。評価項目のうち「国家安全保障会議を設置し、国家の情報収集・分析能力の強化および情報保全・公開に関する法整備による体制強化を図る」が同法制定を想定したと読めるが、「4点(目標達成の方向)にするには説明不足」と結論付けた。

課題も少なくない。沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設問題を巡っては、同飛行場の一部を17年度中に前倒しで返還することに日米両政府が合意するなど、沖縄の負担軽減に取り組んでいる。一方で国と県は互いに提訴して法廷闘争に突入しており、「移設推進」は3点と判断した。

首相が最優先課題の一つに掲げる拉致問題の解決は、北朝鮮による拉致被害者らの再調査の報告が遅れ、進展が見通せていない。

「憲法改正」は、「国民の理解を得つつ改正原案を国会に提出し、改正のための国民投票を実施、改正を目指す」という自民党公約の達成が「困難な状況」とみて、前回同様に2点とした。ただ、来年夏の参院選の結果、参院で改憲勢力が3分の2を超えれば、状況は一変する。その場合、首相が改憲のタイミングを探る場面も出てきそうだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

驚愕・・・!また、まだ、金せびり・・断固拒否     27.12.27朝刊

2015-12-27 07:24:28 | 安保法制、靖国、従軍慰安婦

驚愕・・・!また、まだ、金せびり・・断固拒否     27.12.27朝刊

 

日本が沽券にされている。

今までも、金ばかり出しているので・・・・・・。

戦後、朝鮮に戦前の日本の資産を残し、かつ放棄しているのだ・・・。

返せ、返せ・・・・。

大人の日本、昭和40年の日韓請求権協定を守っているのだ。

いくら、賠償すればいいのか・・・・?

金を出すのは断固反対。

税金から賄うとはとんでもない。


下町ロケット、佃社長の様に絶叫したい・・・・佃社長、韓国に向かって叫んでください


特に、外務省については、これまで碌な交渉をしてこなっかた結果の責任もあるのではないか。

韓国も悪いが・・・・。

安倍さんでないと解決されないか。

北の拉致問題も道半ば・・・・・。

 

今日の産経新聞の一面および三面記事をみて、NHK朝ドラのあさの驚きの言葉「びっくりぽん。」だ。

『【大見出し】慰安婦 韓国20億円要求  日本拒否、2点(「像の撤去」と「請求権権協定再確認」)文書化迫る 』

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

27年 秩父札所巡り  39   32番 法性寺(ほうしょうじ)

2015-12-27 04:56:52 | 27年 秩父札所巡り

27年 秩父札所巡り  39   32番 法性寺(ほうしょうじ)

 

< 別名、般若寺と呼ばれ、般若の面が正面に飾られています。>

 

31番 観音院(かんのんいん)徒歩 小鹿野町 栗尾バス停-バス- 小鹿野町 役場前バス停   徒歩 32番 法性寺(ほうしょうじ) へ巡礼古道の舗装道・山道・舗装道を進みす。

 

昨年は、国道を長く歩き、大変きつい思いでがある。

今回は、懲りた昨年を反省し、バスの時間を確認、31番で時間調整をし、バスを利用した。

大日峠越えで向かいます。

その前に赤平川を渡りますが、川沿いの紅葉が見られました。

途中、しいたけ栽培の人と話、時間的には3年かかり、乾燥しいたけで付加価値を上げるとのこと。

柿とりの人たち、竹さおを使いながら・・・・・1個柿を取り、渡してくれ、感謝。

なお、熟して落ちていた柿1個も貰い、これは沢で洗い、早速賞味し、水分と空腹を満たした。

 

31番山門発 1022 ー 栗尾バス停着 1054・・・・徒歩 32分 、 栗尾バス停発 1100 -役場前バス停着 1112・・・・バス 12分 、 役場前バス停発 1113 - 32番着 1218・・・・徒歩1時間5分      ( 西武鉄道パンフ   3時間     舗装道・大日峠越えの山道・舗装道  )

 

先ずお賽銭、どらを11つならし、特に妻の長寿を本尊の 聖観世音菩薩 に祈りました。

 

ここは、1219 - 1315 :  昼食25分を含み56分いました。

 

今回はゆっくりしました。

納経所では、お坊さんのきれいな奥さん、やさしい声で応対され、観音堂を是非身に行ってくださいと勧められました。

林の中に、観音堂屋根の中央の宝塔?が金色にかがやいて、綺麗に見えました。

奥の院を、目指しましたが、少しで引き返しました。

本堂前に札所の変遷の掲示板があり、札所の番号も変遷しており、興味深く見てしまいました。

 

27.10.31(土)は、31番と32番でしたので、32番からは西武秩父駅へ戻らなければなりません。

32番からバス停までは、徒歩約1時間かかります。

日本武尊神社参拝、途中稲刈りの後始末のおばあさんと立ち話、ここで古代米を頂戴する。

現在も仏様の供物として供えてあります。

精米してたべるとのこと。

その後、道を確認、その際、帰宅途中のワゴン車があり、ご厚意でワゴン車に載せてもらい西武秩父駅まで送ってもらい、大感謝

 

この日は、秩父の方の暖かいおもてなしを受け感激しました。

 

< 写真 > 

 

 本堂

 

② 観音堂

 

③ 山門

 

④ 札所変遷掲示板

 

⑤ 赤平川の紅葉

⑥ 大日峠

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

従軍慰安婦、韓国新聞報道

2015-12-26 20:41:59 | 安保法制、靖国、従軍慰安婦

従軍慰安婦、韓国新聞報道

 

何故、年の瀬に外相会談?????

韓国紙は、国家責任を問えと・・・・・・。

河野談話・・・・・。

朝日新聞の捏造記事から、端を発したにも関わらず、韓国はまだ国家責任を問いたいのだ。

バカ正直に対応するとまたバカを見るのは日本ではないか?

韓国自身の朝鮮戦争およびヴェトナム戦争での慰安婦問題を片づけてからにして欲しい!!!!!

決着は早くつける必要はない。

安保法案とは全く違い、ほっとけば良い。

しかし、日本側の主張で韓国が合意するならば良く検討して、対応すれば良い。

韓国に期待をもたすような言動は慎むべきだ。

 

YouTubeで青山氏、「内閣に売国奴が隠れていると・・・・情報を流すなどはあたりまえ・・・・獅子身中の虫ありと。」公言する。

 

 時事通信の記事

期待の中に警戒感=慰安婦問題めぐる外相会談―韓国紙

時事通信

11 時間前

 

【ソウル時事】26日付の韓国各紙はいわゆる従軍慰安婦問題決着に向けた28日の日韓外相会談を社説で取り上げた。中央日報は「前向きな結果」に期待しながらも「譲れない線がある」と強調し、「慰安婦の強制連行の事実認定などは最小限、守らなければならない」と主張。「会談が安倍(晋三首相)の歴史修正主義を後押しする形になってはならない」と警戒感をにじませた。

朝鮮日報も「安倍内閣は、慰安婦動員の強制性を認めた『河野談話』を巧妙に否定までした政権」と警戒。「会談で従来の立場を繰り返せば、韓国国民の感情を刺激するだけ」とけん制した。

東亜日報は「日本側に慰安婦問題を解決したいという誠意があるなら、『国家的責任』を明確にすることが必須条件」と指摘した。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

27年 秩父札所巡り  38   31番 観音院(かんのんいん)

2015-12-26 16:52:17 | 27年 秩父札所巡り

27年 秩父札所巡り  38   31番 観音院(かんのんいん)


 

西武秩父駅-バス-小鹿野町 栗尾バス停  徒歩 31番 観音院(かんのんいん)巡礼古道の舗装道を進みす。

 

31番は、西武秩父駅から一番遠いい札所だ。

西武秩父駅からバスで約50分、栗尾バス停で降車、歩く必要がある。

ここには、札所案内の大きな石柱が立っている。

ここからは、ゆるやかな登りとなっている。

山門に辿り着けば、長い長い階段が待っています。

今回は、赤い杖を借り、ゆっくり、ゆっくり、歌の碑を眺めながら登って行きました。

 

 

栗尾バス停発 0839 - 31番山門着 0904・・・・徒歩 25分  ( 西武鉄道パンフ  ・・・・・   舗装道 )

 

先ずお賽銭、どらを11つならし、特に妻の長寿を本尊の 聖観世音菩薩 に祈りました。

 

ここは、0905 - 1021 :  1時間16分間いました。

 

山門から本堂まで、長い階段を登らなければいけなく、また、バスの時間まで結構時間があったので、長くいました。

弘法大師のゆかりの建物や石仏があります。

 

< 写真 > 

 

 本堂

 

② 本堂とその背後の滝

 

③ 山門

 

④ 岩肌に彫刻された石仏・・・・弘法太子が爪で彫られたものだとの言い伝えがあります。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

連続テレビ小説「あさが来た」 - 67  第13週 「東京物語」

2015-12-26 15:39:35 | NHK連続テレビ小説「あさが来た」

連続テレビ小説「あさが来た」 - 67  第13週 「東京物語」

 

+++++前日の終わり

「東引成館」では、五代が、「大久保がこれから必要、友を守り切れなかった、外で眺めていた」などと泣き叫ぶ。

これに、あさ、五代には罪がないと慰める。

五代、あさに抱き着き、号泣し、ここでつづく。

 

+++++今日の始まり

 五代、あさから離れる。・・・・・・・「失敬」と。

 

土曜日  27.12.26  13週  78

 

あさ、こんなことされたら、「びっくりぽん」と投げ飛ばす。

 

あさ、五代に大久保さんの代わりに、「わてがいます」と伝える。

「五代さんの心の友になれたら」とつぶやく。

 

二人で、ウィスキーを乾杯する。

五代、「永遠のわが友大久保! こころの友に!」発声する。

あさ、苦く咳が出る。

酒が美味しくないと、何故殿方は美味しいというのか不思議だ。

五代、「あささんは不思議な人、吃驚させられ、自然に笑顔が出る」。

あさ、五代さんどんな人が考えつつ、酔っ払い、椅子で寝てしまう。

五代、あさをながめつつ、「君は出会うべき人=五代に出会っている」とつぶやく。

 

大阪、夫新次郎と番頭喜助、カフェで(三味線の師匠の店)でビールを飲みながら、縁談話をする。

お互いに「じりじりしている・・・夫新次郎は、あさに。番頭喜助は女中ふゆに。」で話は終わる。

 

東京、あさ、「東引成館」で一晩過ごし朝を迎えた。

女中うめから、昨晩のことで、叱られる。

二人、急ぎ新橋駅へ向かう。

あさ、「おおきに東京はん。おおきに大久保さん。」と。

あさ、ようやく帰阪。

 

五代、外国の新聞が大久保をたたえていることを知り、喜ぶ。

大久保を想い出し、「大久保が外国に負けない日本を造ると叫ぶ」姿を。

ここで、ペンギンがでてくる・・・これは、あさを想い出しているのであろう。

 

明治11年は、日本も、大阪も、加野屋も大きなな変化が現れようとしていると・・・。

もちろん、あさと夫新次郎も変わろうとしてると・・・・・。

 

来週の予告シーンで、つづく

 

来週、最終の週は、どのような展開になるか楽しみだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

連続テレビ小説「あさが来た」 - 66  第13週 「東京物語」

2015-12-25 11:02:44 | NHK連続テレビ小説「あさが来た」

連続テレビ小説「あさが来た」 - 66  第13週 「東京物語」

 

+++++前日の終わり

大久保暗殺される(明治11年)。

あさが帰阪する日、大久保暗殺の号外を拾い読むところで、つづく。

 

+++++今日の始まり

 明治11年大久保暗殺される。

 

金曜日  27.12.25  13週  77

 

夫新次郎の三味線の弦が切れる。

姑、夫新次郎に、亡き父親のため三味線を弾いてやってくれと頼む。

 

あさ、大久保暗殺にびっくり・・・・・。

 

五代、大久保の暗殺を信じたくなく、もだき悲しむ。

 

あさ、女中うめと帰阪の新橋駅から旅立とうしていたが、五代が気にかかる言って、

急いで「東引成館」へ向かう。

「東引成館」で五代の無事を確認し、安心する。

五代は、しきりに大久保を亡くしたことで悔しがる。

 

姑、夫新次郎の三味線をうっとりと聞き惚れる。

 

姑が女中ふゆを呼ぶ。

実家から、良い結婚相手が居るので結婚しないかと言ってきているので、結婚を勧める。

夫新次郎、番頭喜助に、「喜助の想いをふゆに告げてはと勧める」が、兄のようで良いと言いつつ、逃げるように席をたつ。

夫新次郎は、両人を結び付けるための行動を起こそうとしている。

 

「東引成館」では、五代が、「大久保がこれから必要、友を守り切れなかった、外で眺めていた」などと泣き叫ぶ。

これに、あさ、五代には罪がないと慰める。

五代、あさに抱き着き、号泣し、ここでつづく。

 

明日は、どのような展開になるか楽しみだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加