不妊の為妊活中

就職氷河期世代だった為就活、黙ってれば結婚できる時代でもなくなり婚活、なんとか結婚できたと思ったら妊活が待っていた…

○○活動

2016-10-13 15:04:08 | 日記
就職活動から始まり世の中にはいろんな活動がある。というかメディアがよく取り上げてるように思う。ちょっと前までは結婚する為の活動が騒がれてたし、最近は妊活も騒がれている。
そして私は今挙げたすべてのものを経験している。
ちなみに今妊活中だ。というか不妊治療してる。
なので妊活がメインになるとは思うけど気が向いたら婚活のことや就活のことなども綴ってみたい。でも就活なんてかなり遠い昔なのであんまり書くことないかなー。あの時は就職氷河期でみんな苦労してたからなー。
よっぽど婚活の方が語ることたくさんかも。そして妊活の方がもっとハードだよ。
就活や婚活は選ばなければそれなりに決まるものだけど妊活、妊娠だけは選ぶ選ばないの問題でないからねぇ。
子作りしてたら簡単にできると思ってる人多いしまぁほとんどが子作りしたらできるので簡単に思っても仕方ないのだけど。

やればできるってわけじゃねぇんだよ。

私は晩婚で34歳で結婚、数ヶ月ほど避妊してあとは普通に子作りしてたが全くかすりもしない。
排卵検査薬買って自己流タイミングで頑張ったりしてたけどこのままじゃラチがあかないなぁと思ってクリニックの門を叩いた。その時36歳で37歳までここで世話になる。
一通り検査したがホルモンバランスやや悪いものの薬で補える程度でたいした問題ではないとのこと。
旦那も問題なし。
原因不明不妊だ。4割はここに当てはまるそうだ。
多分高齢による卵子の老化などなどだろうなぁ。
ここのクリニックではタイミング法から入って人工授精6回、そして体外受精(採卵1回、移植3回)したよ。
トータル100万円近く使いました。
しかも採卵(排卵誘発剤で卵を育てて採取する)痛かったよ。膣から針さして卵巣に針刺して吸い取るんだから。
部分麻酔効いてる時は大丈夫だったけど私は年齢の割に卵がよくとれて17個だったかな?時間かかってそのうち麻酔が切れてきて卵巣に針刺されるたびに痛さで涙が出た。
ただ旦那の精子の状態も良く普通に受精してくれたのでそれは良かった。受精卵もたくさんできて移植(子宮に戻す)できる卵が6つできた。
高齢の為卵を2個ずつ移植していったが(本当は原則1個、多胎を防ぐ為)どれもダメで陽性反応を見ることはなかった。
あの時は落ち込んだねぇ…
生まれてこなければ良かったと思ったよ。
人と比較しても仕方ないけど私の周りの友達は普通に自然妊娠して2人目3人目に恵まれている。なんなら避妊してる子もいる。
なのに私はお金たくさんかけて時間もかけて体力的にも辛いしメンタルもボロボロで…。
なんなんだよ。スムーズに子ども授かれた友達の何倍も努力してるし頑張ってる。
なんで?なんで?なんで?なんで?

生まれてきて本気で死について考えたよ。
生まれてこなきゃ良かったなぁって真剣に思ったよ。
あの時の無念は自然に子ども授かった人間には絶対にわからないだろうねぇ。
わからなくて良い人生を過ごせたことに感謝するべきだよ。ほんと。
あの時のことを思い出すと未だに涙が出てくるんだから。

まぁ子どもはほんとに授かりものなんだろうね。
不妊治療したことない人やこれからする人に言いたい。
不妊治療したからって簡単に子どもできませんからね?
子どものいない夫婦に
「早く子ども作ったら?」とか「不妊治療したら?」なーんて、相談されてもないのに軽々しく言うんじゃないよ!いいね?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 今転院して3つめの病院に通っ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。