くろさん亭、おかわり

猫と薔薇とお気楽な日々

そうだ、京都へ行こう~伏見界隈 その③

2016-05-31 21:38:39 | お出かけ
やはり、京都に行ったならば、一度は見てみたいのが・・。

          

伏見稲荷大社。

衣食住ノ太祖ニシテ萬民豊楽ノ神霊ナリ」と崇められ、

五穀豊穣、商売繁昌、家内安全、諸願成就の神として、信仰されているお稲荷さん♪

          

いや、しかし、まあうわさに違わぬ人気スポット。

人が多いこと、多いこと。

ムスメの忠告で、4時過ぎに出かけたものの・・・それでも、すごい人出。

・・かなり人酔いをしたものです。

                    

でも。

千本鳥居を進んでいくと、あれだけいた人々が、すぅ~っといなくなったりして。

人が少なくなると、非常に澄んだ空気に満たされていることに気づきました。

空気感が変わるといいましょうか。

とにかく澄んでいるのです。

と、横の道にいたのが

          

お狐様ならぬ、”猿”様。

…一瞬、目を疑いましたけどね。

狐の次は

          

猫!!

          

そして、看板猫!

(お店に誘導するような動きをするんですよ!本当に)

          

伏見稲荷には猫も多いのか・・・。

真相はわかりませんが。

壮麗な千本鳥居も感動的な光景でしたが、結局はねこ歩きになったような伏見稲荷。

ゆっくり見学したいのならば、朝早めか夕方がいいかも。

・・・そして、お稲荷さんの山、結構キツイです。

本気で全部を巡ろうとするならば、足元はスニーカーがおすすめ!

ちなみに、この日の歩数計は、この時点で楽に一万歩を越えていましたとさ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そうだ、京都へ行こう~伏見界隈 その②

2016-05-30 21:41:17 | お出かけ
うちのムスメも夫も伏見に行きたかった理由はひとえにこちら。

          

寺田屋。

坂本龍馬襲撃事件の現場でもあります。

・・・とはいうものの。

実は、こちらの建物、再建されたものなんですね。

鳥羽伏見の戦いの際に焼失し、再現された、らしいのです。

まあ、同じ敷地内に再建されたから、ほぼ同じ建物といっていいのかもしれませんが。

          

部屋に陳列さえれた、龍馬ゆかりの品々。

          

ちょっと幕末の志士気取りで、窓から外を眺めてみる・・・刺客はいない、もよう(笑)

非常に平穏な日常の風景です。

          

柱に残る、弾痕。

          

同じく、刀傷。

・・・これ本物なのでしょうけど、しるしがないとわからないかも・・。


          

お龍さんが入浴したといわれるお風呂。

(ここで、なぜか由美かおるを思い出す昭和人・・)

深夜の2時に、幕府伏見奉行の捕り方30人ほどに囲まれたことに、気付くなんてすごい!

おまけに

                    

                    (昔白刃の裏梯子)

この階段を駆け上って、龍馬さんたちに急を知らせたなんて・・・。

今回は運よく、見学者対象に寺田屋の説明をしてくれるボランティアスタッフの方のはなしを聞くことができました。

やっぱり、よく知っている方の話を聞くのは、非常に参考になります。

          

徳川時代には淀川水運の重要な港町(伏見港)・宿場町(伏見宿)としても栄えた町。

元は京都とは独立した都市だったよう。

説明スタッフの方の弁によると

「川はこんなものじゃなく、とても大きなもの」

だったそうです。

眠るような水面を、涼しげな風が吹いており

今は観光船がゆっくりと行き来しているだけだけど。

それにしても。

京都の観光地がこちらのように、ゆっくりと観光できる場所ばかりではないことを次なる目的地で学ぶのでした。

さて、お次は・・!?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そうだ、京都へ行こう~伏見界隈 ①

2016-05-29 20:43:44 | お出かけ
TVのドラマは、ほぼ、録画で見ています。

今、ちょっと気に入っているのが『99.9 -刑事専門弁護士-』というドラマ。

内容もですけど、毎回仕込まれている小ネタがツボでして。

そして、この間の放送のワンシーンにはじんわりと心に響くところがありました。

居酒屋のカウンターに設置された”熊本地震募金箱”

おまけに、そのカウンターには熊本名産がいっぱい!

別の回には、流暢な熊本弁まで出てきたし・・。

ひょっとして、スタッフの中に熊本ゆかりの方がいるのかしらん、なんて、思ったりして。

さて。

もうそろそろ、先日の京都旅行について書いていきましょう。


          

今回は、久しぶりのプチ休暇を利用しての京都旅行。

(半分は、進学中のムスメの視察?なんですけど)

なるべく、効率的にいろんなところを見てみたい・・・ということで

お昼過ぎに到着後、向かった先は伏見。

きれいな水の出るところですので、お酒も名物♪

          

・・お酒あまり飲めないけど(汗)

でも、ここに来たからにはカッパさんに会っていかなくっちゃ。

          

こ~んなカッパさんや

                  

ちょっと怖いこんなカッパさんもいるけど。

懐かしいのは

          

ちょっと色っぽいこのカッパさん。

昭和世代なら、カッパの歌(←カッパッパ、ルンパッパ♪)、口ずさんでしまうかも。

もちろん、私も口ずさんでしまいました。

う~ん、昭和のCMソングは偉大です。

ン十年たっても、忘れられない(笑)

ちなみに、カッパさんたち「キザクラカッパカントリー」内にある「河童資料館」で出会えます。

母・ムスメがカッパに時間をとられているので、もう気が気ではない夫どの。

          

次なる目的地は、また明日♪
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

土曜日はパン祭り♪その81~地震に負けないで!”パン工房ふうさん”

2016-05-28 21:11:38 | パン
スポーツジムのお風呂場でアメリカから来た女性とちょっとおしゃべり。

(もちろん、日本語と英語のミックスで・・)

「地震はとてもコワかったけど、母国の大統領選のほうが怖い」

とは、彼女の言。

・・・なるほど。

そして、うれしい言葉ももらいました。

「日本のひとは非常に冷静。そして優しかった」

避難したときに、外国人だからとのけ者にしなかった、と語ってくれました。

自分がなにをしたわけではないけれど、なんだかちょっと誇らしい気持ちに♪

さて、土曜日です。

恒例、パン祭りです。

今回のパンは甲佐にある”パン工房 ふうさん”。  

           

・・・でもお店に行ったわけではなく、

びぷれす広場で甲佐町観光物産展でお会いしたのです。

地震で甲佐町も大きな被害を受けています。

毎年、甲佐町の観光物産展は行われていますが今回の物産展はちょっと色合いが違います。

一日も早い町の復旧・復興を図るため町役場、商工会、観光協会、JAかみましきが

連携して開催されたもので、被災したお店も多数参加されていました。

”ふうさん”も被災されていました。

お元気そうな様子でしたが、ひどい被害をお受けになっているとのこと。

           

それでも、こちらのパンのファンの方がたくさんいらしていました。

(ライ麦パンは早くに売り切れていました)

やっと、最後のあんぱんをGET♪

・・・餡がおいしいのです、甘さが絶妙で。

今度は、いつ出会えるか、わかりませんが。

きっと、またお会いできる日を楽しみにしています、ふうさん!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

頭上注意!!

2016-05-27 21:58:21 | 日記
今日も今日とて、暑い日。

見上げると、青い空。

・・と。

ブルーシート。


                    

そして。

横の壁には

「落下物あり、頭上注意!!」

の文字。

もしかして、いまなにか落ちて来たら、お気に入りの日傘も破れるかなぁ・・。

(その前にけがをすることを心配しようよ・・)

なんて思っていたら。
       
目の前の地面で”ベチョ”っという音が!?

・・・ああ、カラス。

頭上注意には、こういう危険もあったのです。

           

だから、上を向いて歩こう。

歩いてみると、こんなお狐様に会えることもあったりして♪

このお狐様のお話は・・そのうちに。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加