くろさん亭、おかわり

猫と薔薇とお気楽な日々

解体

2016-10-18 20:55:37 | 日記
それは、私が小学生の頃。

本の虫だった私の欲しがるままに本を買っていたら大変なことになる

と、気づいた母が始めた習慣。

それは、二週間に一回の図書館通い。

          

はじまりは、ここ「熊本市中央公民館」内の図書室。

土曜日の午後。親子で自転車を走らせ、通っていました。

あくまでも図書室ですので、そんなに多くの蔵書はなかったものの

本の独特の匂いと、静かな時間。

学校の図書室とは違って大人になったようなわくわく感もありましたっけ。

ほんの一時間程度ですが、その時間の楽しかったこと。

この個性的な建物を見るたびに、心によみがえる懐かしい時間。

          

そんな公民館も、熊本地震で大きな被害を被りました。

私とほぼ同年代のこの建物には、あまりに過酷な体験だったのでしょう。

2階の柱に亀裂が入り、雨漏りするなど損壊が大きく、立ち入り禁止の状態。

そして。

解体が決まったそうです。

今でも二週間に一遍の図書館通いは続いています。

でも、もうこの公民館の図書室に通うことはありません。

黄色いテープのむこうから、やってきた風には、あの懐かしい本の匂いがしたような気がしました。
『犬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マロンなのかごまなのか? | トップ | 自然の力 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。