くろさん亭、おかわり

猫と薔薇とお気楽な日々

まっすぐ・曲がって・甘いものなんだ?

2013-05-04 22:48:41 | 樹巡り
いい天気の休日。

今日は”みどりの日”、ということで。

先日、行った小国の”みどり”のはなしでも。




                     

小国の坂本善三美術館の横にある”鉾納宮”。

そこには、なんともまっすぐな二本の杉。



       


夫婦杉。

樹齢は700年だとか。


思ったよりも、高く、まっすぐな姿に見ほれるくらい。

もう、美形なんです。


でも。

ちょっと問題が。

いえ、杉に問題があるわけではなく。

参拝をしようと(←神社ですから、やはり参拝しなくては)したら。


どう見ても(上の写真に注目!)、夫婦杉の間にしめ縄が・・・。

これは、入っていいのか、悪いのか?


       


とりあえず、しめ縄の前からご挨拶をさせていただきました。



       

ここまで来たら、もう一本見ておきたかった杉、それが”阿弥陀杉”。


地図で探すより、肉眼で見つけたほうが早かった(笑)


       


国指定天然記念物でございます。

案内板にあるように、以前は途中から十数本の大枝に分かれた威風堂々とした姿だったとか。

阿弥陀杉の名前の由来も、その形が、まるで巨大な阿弥陀様の手のようだったからだとか。

(一説に、阿弥陀堂があったためともいわれていますが)


現在は、平成11(1999)年9月24日の台風18号によって三分の二が失われた姿となっているのです。

折れた枝の一部。

       
       

その他の枝は、小国町役場でオブジェとしてよみがっているそう。

それにしても、この杉の生命力!


       



支えがあるとはいうものの。


       



       


樹勢はすばらしいもの。

きっと、これからも生き続けてくれることでしょう。

すばらしい樹々を見たら、そのあとは・・・。


       


おやつの時間♪

ゆうステーションでみつけた”小国杉羊羹”

なんと、くるみ入り!

       

羊羹にくるみ、なんて珍しい、とためしに買ってみました。

しっかりした甘い羊羹に、アクセントのくるみ。

疲れた時には最高♪

新茶との相性もなかなか。


・・・って、結局甘いもののはなしになってしまいました(汗)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加