酔生夢死浪人日記

 日々、思いついたさまざまなことを気ままに綴っていく

「ありがとう、トニ・エルドマン」はキュアーファンへの贈り物?

2017-07-08 07:45:10 | 戯れ言
 記録的な集中豪雨が福岡、大分両県に深甚な被害をもたらした。亡くなった方の冥福を祈る同時に、被災地の一日も早い復興を待ちたい。自然の猛威の前になす術がないが、嘉田由紀子氏(前滋賀県知事)は3年前、仕事先の夕刊紙のインタビューで、<水害は人災(社会現象)の側面もある>と指摘する。

 欧米では「ハザードマップ」を基に水害保険を設定し、不動産取引を行っているが、日本では地価下落に繋がることを懸念する地主層の意を受け、自民党は導入に消極的だった。嘉田氏は人命軽視の防災政策を取る歴代政権を批判していた。

 終活の一環としてCDを整理している。聴かなくなったアルバムはブックオフにまとめて売るつもりだ。「A」から始めて、ようやく「C」に辿り着いたが。キュアーの「ディスインテグレーション」(89年)に、ロバート・スミスの才能を再認識する。

 新宿武蔵野館で「ありがとう、トニ・エルドマン」(16年、マーレン・アデ監督)を見た。ヴィンフリート(ペーター・ジモニシェック)とイネス(サンドラ・ヒュラー)の父娘の物語で、ジャック・ニコルソンが引退を撤回し、ハリウッドでのリメーク版でヴィンフリートを演じるという。

 世界中で喝采を浴びたが、日本人向きではないかもしれない。長尺(160分超)でもあり、途中で退席する人もいた。俺が作品に入り込めたのには理由がある。ヴィンフリートが別キャラのトニ・エルドマンに変身する際の白塗りのメークと黒っぽい服装が、ロバート・スミスを彷彿させたこと。さらにサンドラ・ヒュラーが好みのタイプだったからだ。

 実のヴィンフリートは、リタイアした音楽教師といったところか。イネスはコンサルタンティング会社の幹部候補で、ブカレストに赴任し、石油関連の業務を担当している。高級ホテルで暮らすイネスの元に突如、ヴィンフリートが現れた。

 忙しい娘に邪険にされる父親……。これが予告編を見て予想した展開だったが、本編ではイネスの気遣いを感じた。父を交渉相手に紹介するし、お歴々が集うパーティーにも連れていく。イネスはヴィンフリートの変人ぶりだけでなく、知性をも知り尽くしていたのだろう。「おまえが心配になった」というヴィンフリートの直感は当たっていた。葛藤を抱えたイネスの憂さ晴らしは、滑稽なセックス、クラブ通い、そして薬物だった。

 去ったはずのヴィンフリートが再びイネスの前に登場する。虚のトニ・エルドマンとして……。口から出任せでサービス精神旺盛のトニに、イネスは辟易するが、知人――とりわけ女性たち――はユーモアと謎めいた雰囲気に魅了される。

 森友、加計問題で明らかになったのはエリートたちの不自由さだが、イネスも例外ではない。プレゼンテーションでもっともらしい理屈を並べても、仕事の中身はコストカット、人員整理に過ぎない。父、いやトニと訪ねた油田で、グローバル企業の冷酷な論理を目の当たりにする。鋭く、かつ柔らかく場を繕うトニの姿に、イネスは自身の無力さを悟る。

 ささやかな集いに父娘は闖入し、イネスはトニの伴奏でホイットニー・ヒューストンのヒット曲「グレイテスト・ラブ・オール」を熱唱した。主催するパーティーは想定外の展開でオールヌード限定になり、イネスは率先してスレンダーなボディーを晒す。

 そこにクケリ(幸せを呼ぶとされるブルガリアの精霊)の着ぐるみを纏った男が登場する。正体はもちろんトニで、父娘のわだかまりも消えていく。トニは媒体として、変化、進化、深化をもたらす希有な存在で、イネスにも自身を解き放つチャンスを与えたのだ。

 ラストシーンは祖母の葬儀で。遺品の帽子を被ったイネスのストップモーションで映画は終わる。エンディングテーマは上記した「ディスインテグレーション」のオープニング曲「プレインソング」だった。歌詞に出てくる<世界の端で生きているからこそ笑うことが出来る私>、意訳すれば<境界から俯瞰の目で眺めているから世界を理解出来る私>となるが、まさにトニに他ならない。本作は監督からのキュアーファンへの贈り物のように感じた。

 これから函館に向かう。旅の供は佐藤泰志の遺作「海砂市叙景」だ。小説を辿り、映画を思い出しながら、函館の街を散策したい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« AIは理性の海に~「人工知... | トップ | 「海炭市叙景」を携え函館を散策 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。