酔生夢死浪人日記

 日々、思いついたさまざまなことを気ままに綴っていく

「ブリュ-ゲル展」に触発され、「暗い絵」を再読する

2017-06-17 10:09:39 | カルチャー
 共謀罪法案が成立した。通信傍受法(1999年公布)、秘密保護法(2013年)の流れに沿った必然の帰結ともみえるが、安倍首相が6月15日にこだわった理由を邪推している。57年前のこの日、安保批准阻止を訴えて30万人以上が国会を包囲し、全学連ら7000人が突入する中、樺美智子さんが亡くなった。「おじいちゃん、僕もやったよ」と、首相は岸信介の遺影に得意げに報告したのではないか。

 野際陽子さんが亡くなった。享年81である。彼女との出会いは小学生の頃。「キイハンター」津川女史はセクシーで頼りがいのあるお姉さんだった。その後も「トリック」など数々のドラマで、バイプレーヤーとして存在感を見せる。知性、ユーモア、包容力に溢れ、齢を重ねるごとに輝きを増した希有な女優の死を心から悼みたい。

 「ブリューゲル~『バベルの塔』展」(東京都美術館)を訪れた。<16世紀ネーデルランドの至宝~ボスを超えて>の副題にあるように、ブリューゲルはボスに学び、人間の欲望、煩悩、狂気をキャンバスに込めた。ちなみに公認されているボスの真作は極めて少なく、信奉者、模倣者を含めた〝ボスグループ〟が形成されていたという。

 ボイマンス美術館(オランダ)が所蔵する約90点が展示され、内訳はブリューゲルの「バベルの塔」と版画、ボスグループの版画と油彩画、他の芸術家の彫刻といったところだ。旧約聖書をモチーフに人間の驕りに警鐘を鳴らした「バベルの塔」は、想像に反して60㌢×75㌢の大きさだが、そこに1400人以上が描き込まれている。無限のスケールを誇る細密画で、ブラックホールのようなパワーを放射していた。

 作品について論じるのはここまで……。美術展に足を運ぶのは年に多くて5回ほどで、審美眼と無縁な俺の評など的外れに決まっている。細部までしっかりチェックし、蘊蓄を傾け合っている他の鑑賞者との落差は否めず、疎外感を覚えて会場を後にする。帰宅するや本棚から、「暗い絵」(野間宏、1946年発表)を取り出した。同作はブリューゲルの「反逆天使の墜落」をモチーフにしている。

 〝平成の治安維持法〟共謀罪が成立した2017年、俺が「暗い絵」を読んだ1970年代後半。そして「暗い絵」の舞台設定である治安維持法下の1930年代後半……。40年×2のタイムスリップを体感しながらページを繰った。主人公の深見進介は野間の分身で、ブリューゲルの画集を灰にした大阪空襲を目の当たりに、学生時代を回想する。

 深見は左翼運動の拠点だった京大で、永杉をリーダーとする急進的派に属しており、小泉を中心とする穏健派(共済会委員たち)と対立していた。<一点突破全面展開>対<組織温存>は政治の世界(ヤクザの抗争でも)で頻繁に現れる構図で、前者は破滅、後者は腐敗という道筋を辿る。上記の60年安保に当てはめれば、ブント全学連は美しく散り、共産党は前衛の誇りをかなぐり捨てて生き残った。

 野間を戦後文学の旗手に押し上げた「暗い絵」だが、俺が大学に入った頃、若者に読まれなくなっていた。本作に描かれた〝青春の光景〟がそぐわなくなっていたからだが、最下限世代の俺は、読み返してノスタルジックな気分に浸った。先輩の部屋に三々五々集まり、政治や社会、文学、映画、音楽、そしてオブラートに包みつつ恋愛について夜通し語り合った思い出が甦ってくる。

 分野は何であれ、アートは接する時の精神状態で印象が大きく異なる。失恋直後に「惑星ソラリス」を見たら自殺したくなるが、順風満帆の日々なら眠くなるだろう。ブリューゲルは巨大な蜃気楼で、画集の中には豊饒な生命力とユーモアを感じる作品も多い。だが、深見らを惹きつけたのは「反逆天使の墜落」だった。圧制下の日本と当時のネーデルランドを重ね、〝出口のない暗さ〟に共感したのだ。

 多くの野間作品では欲望=悪で、葛藤の根源になっている。深見も過激な思想だけでなく、自身の欲望が恋人に疎まれたと苦悩していた。純粋な愛と欲望との乖離はある時期まで、日本文学の主要なテーマでもあった。奔放な性をユーモアにくるんだ描いたブリューゲルの作品に深見は感応せず、絶望的状況に追い詰められた自分を、「反逆天使の墜落」に投影したのだろう。

 別稿「共謀罪に至る道程~歳月をかけて蝕まれてきた自由」(5月19日)で、<共謀罪は1980年半ば、既に実質的に機能していた>と記した。明文化されたことにより、「暗い絵」に描かれたような弾圧が繰り返されるのだろうか。深見の同志、永杉、羽山、木山が獄死するなど、当時は身を賭して闘う者が少なからずいた。〝権力に阿る〟が主音になった現在の日本だが、権力の質を変えることは十分可能なのだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 英国総選挙、民主主義、将棋... | トップ | 「ローマ法王になる日まで」... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。