酔生夢死浪人日記

 日々、思いついたさまざまなことを気ままに綴っていく

「愛の夢とか」~孤独と喪失の糸で紡がれた物語

2017-01-04 22:53:15 | 読書
 強烈な初夢だった。薄暗い倉庫内に佇む俺の前に、ベッドが搬入されてくる。寝ているのは何と、冷凍保存された自分自身ではないか。暗証番号をインプットすると解凍される仕組みらしいが、思い出せない。焦っているうちに目が覚めた。

 寝正月を地でいく年明けだった。チャンネルを替えながらテレビを眺めていたが、元日夜に放映されたNHKスペシャル「トランプのアメリカ~世界はどうなる」は興味深い内容だった。白人中間層を重視すると主張して当選しながら、〝ウォール街の錬金術師〟を次々に閣僚に据えるなど、「トランプの動向は予測不能」と専門家は口を揃える。

 トランプ勝利の欧州への波及に、〝知の巨人〟ジャック・アタリが警鐘を鳴らしていた。アタリは著書「21世紀の歴史」でAIGとシティー・グループを絶賛し、労働者に優しいフランスの伝統を一刀両断するなど、グローバリズムの旗振り役だ。ポピュリズムと排外主義を批判するのは当然だが、グローバリズムを克服する<ローカリゼーション>、<分散型資本主義>、<脱成長とミニマリズム>を一顧だにしていない。

 麻雀に興じたり、猫のミーコと遊んだり、瞬く間に時は過ぎ、帰りの新幹線でようやく「愛の夢とか」(川上未映子著、講談社文庫)を読了した。川上の作品を紹介するのは「ヘヴン」、「すべて真夜中の恋人たちへ」に次いで3作目だ。「ヘヴン」が追求した絶対的な純粋さ、「すべて――」に描かれた希望と背中合わせの淡い絶望……。両作の色調が「愛の夢とか」にちりばめられていた。

 7作の短編が収録されているが、読み進むにつれて濃度は増し、♯7「十三月怪談」は愛の意味を突き付ける。1作を除き3・11後に発表されたこともあり、孤独、別離、喪失感が主音になっている。とりわけ感銘を覚えた3作について記したい。

 まずは♯4「日曜日はどこへ」から。惹かれたのは設定だ。「ヘヴン」の主人公である僕とコジマは7年後(1999年)の再会を約束していた。「日曜日はどこへ」は、作家の死を伝えるニュースから始まる。主人公の女性はかつての恋人との約束を思い出した。ともにファンだった二人は、その作家が死んだら思い出の場所で会うことを誓う。14年前の約束を彼は覚えているだろうか。

 「ヘヴン」で斜視の手術をした僕は、<はじめて世界が像を結び、世界には向こう側があった>と慨嘆する。コジマを失った僕は、世界を獲得したのだ。「日曜日はどこへ」は<誰も知らない世界なんて、どうやったって辿りつけるわけがなく、そんな場所はこの世界のどこにもありはしないのだ>というモノローグで結ばれる。10代と30代では見える景色が変わってくるのだ。

 ♯6「お花畑自身」はアイデンティティーを巡る寓話といえる。主人公の女性は豪邸を丹精込めて整えていた。子供がいない彼女は趣味もないから、自分の感性を全て家に注ぐ。とりわけ花畑が彼女の自慢だった。夫が経営する会社が破産し、家を売らなければならなくなる。買い手として姿を現した女性は、彼女にとって悪魔だった。

 淡々と綴られる彼女の家への思いは、川端康成の登場人物の如く狂気の色を帯びてくる。純度が高まるほど、愛は狂気に近づいていく。<それからあなた、あなたにも言いそびれておりましたが、わたしは悪魔ではありません>……。買い手と鉢合わせした彼女の言葉で閉じられた先、何が起きたかは読者の想像に委ねられている。

 ♯7「十三月怪談」は死と生を繋いでいる。時子は難病で死に、夫の潤一がひとり残されたマンションに、時子の魂も居残っている。もちろん、言葉を交わすことも触れ合うことも出来ない。死後も潤一を深く愛する時子、そして悲嘆にくれる潤一……。だが、少しずつ潤一の生活に変化の兆しが表れる。

 生死を超えた愛が、ズシリ心に響いた。だが、地震で時空にバイアスが掛かったせいなのか、それともパラレルワールドに迷い込んだのか、時子の見た光景と、後半で語られる潤一の生涯に食い違いを覚える。近いうちに知人に貸して、読み解いてもらうつもりだ。

 川上は女性としての繊細さと生理を最も感じる作家で、がさつで女心を読めない俺にはハードルが高いというのが実感である。とはいえ、読み初めには相応しい作品だった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <人と人を繋ぐ>、そして<... | トップ | 早くも今年のベストワン?~... »

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。