うさぴょん

思いのままにマイペースに進む

ポジテイブに行きたいよね。

気になることを発信!!

報道ミステリー ラーメン

2016-10-16 08:23:08 | 日記

「指入りラーメン」報道のミステリー 店側は「混入は爪だけ」と主張

   ラーメンチェーン大手「幸楽苑」(本社・福島県郡山市)の静岡市内の店舗で提供されたラーメンに、爪の付いた女性の親指の一部が混入していた、というニュースが流れネット上では「おえ~もうラーメン食えないよ」などと悲鳴が上がった。

   従業員がチャーシューをスライサーで切っている時に切断してしまい、チャーシューの保存容器にその指が紛れ込んでしまった、という事のようだが、幸楽苑はそれを全否定している。スライサーでの怪我は「従業員の爪」で、その爪がラーメンに混入したのは事実だが、指は切っていないというのだ。調べれば調べるほど不思議な事件になっている。

  • 何が起きたのか・・・(画像はイメージ)
    何が起きたのか・・・(画像はイメージ)

長さが7~8ミリ、幅が約1センチある「立方体」

   J-CASTニュースが2016年10月13日に幸楽苑ホールディングスに取材をしたところ、事件のあらましはこうだった。9月8日、パートの女性従業員がチャーシューの仕込みのためスライサーで切っていた時、右手の親指に怪我を負った。血が出て大騒ぎになりスライスした直近のチャーシューを処分し病院に行った。10日に子供を2人連れた母親が来店し「お子様セット」を頼んだところ、そのラーメンに異物が混入していた。チャーシューの保存用パックに怪我をした際に出た異物があり、それを知らずに提供してしまった。母親は激怒したため、店はその家族の自宅を訪れ謝罪する。これで円満解決したと思っていたが、13日に静岡市保健所が「苦情があった」とし調査に来る。店側は混入した事実を認め始末書を出した。営業休止などの処分は無かった。異物混入はあってはならない事のため引き締めを強化していた10月12日に朝日、読売、毎日のウェブ版などで、

「人の指先混入 静岡・幸楽苑が始末書」

もう食べられな~い

  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボブ・ディラン | トップ | 生前退位 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL