うさぴょん

思いのままにマイペースに進む

ポジテイブに行きたいよね。

気になることを発信!!

ベビーパウダー?

2016-10-12 08:42:03 | 日記

ベビーパウダーの効果は?

ベビーパウダーは、非常に細かい粒子による毛細管現象で肌の余分な水分を吸い取ります。

乾燥してくると澱粉から水分を補給されるため、適度に保湿でき、タルクによって滑らかな肌になります。

また、皮膚同士の摩擦を少なくすることであせもを予防します。

デメリット:ベビーパウダーに潜む危険

前の項でベビーパウダーの効能について説明しましたが、では、危険であると言われる理由は一体どんなことなのでしょうか。

汗腺を塞いでしまう!?

コーンスターチ

ベビーパウダーは、細かい粒子によって肌の水分を吸い上げてくれますが、その粒子によって赤ちゃんの汗腺を塞いでしまう危険を持っています。


お風呂上がりに使用されることが多いベビーパウダー。

しかし、その際に濡れた肌に塗ってしまったり、さらっとさせたいあまりに厚く塗ってしまうと、毛細管現象が働くことができず、結果、汗腺の上でダマになって塞いでしまい、逆にあせもなどの原因となってしまうのです。

汗をたくさんかいた時などは、濡れタオルで拭いたり、シャワーを浴びるなどにして、決してベビーパウダーを使用してはいけません。

ぜんそくの原因となることも

喘息 子供

前述のように、ベビーパウダーの粉は粒子が細かいため、空中に飛んで赤ちゃんにかかってしまう可能性があります。

それが目に入って炎症を起こしたり吸い込んでしまうとぜんそくを引き起こす原因となることもあります。

空中に飛散することを防ぐために、使用する際には、おむつに少しだけふりかける、または自分の手に粉を振ってから塗ってあげてください。

正しく使おう!

パウダー

ベビーパウダーを使用することによって、体に悪影響を引き起こす危険性は、上記の通り少なからず存在します。

しかし、そういったことに気を付けて正しい使い方をすれば、すべすべの気持ちいいお肌になったり、あせもを防いでくれたり、メリットもあるわけです。

重要なことは正しい使い方と危険を知っておくことです。

もちろん、スキンケアには他にも数多くの方法がありますので、それぞれの効能を調べて、赤ちゃんにあったスキンケアを行ってあげてください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 活発化 | トップ | 親指? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL