うさぴょん

思いのままにマイペースに進む

ポジテイブに行きたいよね。

気になることを発信!!

スーパーフード

2017-03-20 09:03:10 | グルメ

チーズは身近な「スーパーフード」だった! ダイエットや美容効果に優れた<完全食>

チーズは身近な「スーパーフード」だった! ダイエットや美容効果に優れた<完全食>の画像1

伸び~る!フランスの伝統料理「アリゴ」

 今や食卓に欠かせない食材となった「チーズ」。じつは<完全食>といえるほど、ヒトの体に必要な栄養素の多くがバランスよく含まれている。

 この<スーパーフード>は、良質なタンパク質と脂肪を豊富に含み、カルシウムをはじめとするミネラル、ビタミンC以外のビタミンなど――ダイエットや美容効果にも優れた食品だ。

 しかし一方で、チーズは「高カロリー、高コレステロール」「太るのでは? コレステロール値を上げるのでは……」と不安に思う人は少なくない。

 ところが近年、コレステロールに関しては、これまでの常識が一変することが続いている。

 米国では2015年、アメリカ人のための食生活ガイドラインで「コレステロールの摂取を制限する必要はない」と明示。日本でも、厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」(2015年版)では、「コレステロールと食事は無関係」として摂取基準が撤廃された。
*関連記事「アブラはたくさん食べるべき!? ついにコレステロールの常識が覆った!」

 そもそも脂肪には、細胞膜の形成や、脳や神経の機能維持、ホルモンの材料になるなどの役割がある。不足すると血管が弱くなったり、肌の乾燥や髪のパサつきの原因にもなる。

プロが勧める<チーズ生活>

 そこで、魅力あふれるチーズを愉しみ方を紹介したい。

 モデル、女優、声優と多彩なジャンルで活躍する片岡優香さんは、芸能人では最年少で「チーズプロフェッショナル」(チーズプロフェッショナル協会認定)の資格を取得し、国内でチーズの魅力を伝える活動を行っている。

 美食家の両親に育てられ、幼少の頃から本場のチーズに親しんできた片岡さん。自身のブログのタイトルも「チーズ臭い女と呼ばないで」――。2011年にはチーズ愛が詰まったシングル曲『モテモテチーズ』(iTunesにて配信中)をリリースした。

 その<絶対舌>を生かし、「ザ・プリンスパークタワー東京」(東京都港区芝公園)では、ヨーロッパ伝統料理などチーズを使用したメニューを楽しむ「フロマージュフェア」(2017年2月1日~3月15日)も監修した。

チーズは牛乳の種類や製造などで違いが生まれる<奥深い食材>

 フロマージュフェアは、「ワインと楽しむ」をテーマに、ヨーロッパの伝統料理のほか、全10種類以上のチーズをアラカルトやデザート、カクテルなどに取り入れ、ザ・プリンスパークタワー東京のシェフやパティシエらがアレンジ。

 マッシュポテトにグリュイエールチーズを練りこみ、肉料理の付け合わせとして親しまれるフランスのオーベルニュ地方の伝統料理「アリゴ」。伸びるチーズは見た目にも楽しく食もすすむ。

 「ウェルシュラビット」は、英国ウェールズ地方の伝統料理。狩猟で獲物が捕れなかったときに、チーズを肉に見立てた<ウェールズのうさぎ>が始まりだ。香ばしく焼きあげたパンと、牛乳やバターなどで味付けしたチェダーチーズの濃厚な味わいが特徴で、英国のパブでも人気の一品。

 ほかにも、伊産モッツァレッラチーズに生クリームが入った濃厚なフレッシュチーズ「ブッラータ」のサラダ仕立て、冬のチーズの代表「モン・ドール」が主役のチーズプレート……。

 チーズは、原料となる牛乳の種類や製造などで、見た目や味わい、風味が異なる。片岡さんがセレクトした多様なチーズと、シェフソムリエが厳選した芳醇なワインとのマリアージュはマニアを唸らせた。

カルシウムの高吸収が骨粗鬆症のリスクを下げる

 「チーズの原料は主にウシ、ヒツジ、ヤギですが、さまざまな種類の乳が用いられます。ヒツジは濃厚な味わいが特徴で、ヤギは特有のにおいがありますが人気です。乳が取れる時期によって味も違い、製造時期でもおいしさに違いが生まれます」

 「たとえば、秋から冬の間のみ生産される『ヴァシュラン デュ オー ドゥー』(通称モン・ドール)は、フランスでは<8月15日~3月15日>と製造期間が定められています。側面はエピセア(モミの木の一種)で巻いて熟成させ、エピセアの木箱で出荷するので木の香ばしさが広がります」

 チーズは、良質なタンパク質を含み、カルシウムの吸収率も高く、女性ホルモンの減少とともに骨の密度が低くなり、女性に多い骨粗鬆症の予防にも効果的だ。骨粗鬆症は、骨折、身体機能の低下、生活の質の低下を招き、死亡のリスクを高める。

 「チーズは牛乳の栄養を凝縮した食品。カルシウムは量も多くて消化吸収がいい。『骨粗鬆症』が心配な女性には、ぜひ愛食してもらいたい」「牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする<乳糖不耐症>の人でも、チーズなら大丈夫。熟成されて作られるチーズには、乳糖がほとんど残りません」(片岡さん)

 日本のチーズ消費量は戦後から2000年頃まで急増を続け、その後は増減を繰り返しながら微増傾向だ。バラエティにあふれた味とレシピ、栄養価も高いこの<奥深い食材>にハマってみてはいかがだろうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おいしいチョコレート!! | トップ | 永谷園 ビアードパパ味の狙い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL